ビデオカメラの選び方 性能・スペックの見方


ビデオカメラの性能・スペックの見方

こんにちは! hamochikuです。

今回は、ビデオカメラの性能・スペックの見方について解説します。
上から順に重要な項目を並べています。

スポンサーリンク

【PickUp!】

ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの3点
(5)ビデオカメラ用SDカードの選び方
(6)おすすめのビデオカメラレンタルの相場・業者 5社まとめ
(7)ビデオカメラをレンタルしてみた
(8)ふるさと納税でもらえるビデオカメラまとめ
(9)動画撮影用一眼レフカメラ 比較ランキング


スポンサーリンク1


ズーム

遠くのものを大きく映す機能。技術的な理由で、画素数が高いものほどズーム機能が低く、低いほどズーム機能が強い。

光学ズームはズームしても画質は落ちない。電子ズームは無理やり拡大しているだけなので画質が落ちる。

運動会用だと光学20倍以上あれば良い。


スポンサーリンク2


重さ

ビデオカメラの重さ。バッテリー込みで250g以下がおすすめ。特に女性が使うなら軽い方が良い。

高機能なハイエンド機の方が重くなる傾向がある。


スポンサーリンク3


手振れ補正

手持ちで撮影した動画の揺れを打ち消してくれる機能。この機能がないと手持ちでフルズームした映像は揺れすぎて見ていて気持ち悪くなってしまう。

光学式補正と、電子補正があるが、光学式の方が優秀。光学式の方が値段が高い傾向がある。


スポンサーリンク4


レンズ 35mm換算

狭い場所でも広く撮影できるかどうかを判断する数値。数値が小さいほうが広く撮影できる。

40.5~1992mmや、29.8-298.0mmなどと表記される。この場合、29.8-298.0mmの方が狭い場所でも広く映るよう撮影できる。

29.8-298.0mmの、29.8と298.0という数字は、ズームをしてない状態だと29.8mm、フルズーム状態だと298.0mmという意味。

フルズーム時の数値はビデオカメラによってズーム倍率が違うので、参考にすべきは前者のズームしていない時の数値。


スポンサーリンク5


イメージセンサー(撮像素子画素数)

イメージセンサーの大きさが大きいほど画質がキレイになる。

1/5.8型や、1/2.3型などで表記されている。この場合、分母が小さい1/2.3型の方がキレイ。1/5以上あれば良い。

センサーが大きいものは値段も高く、重量も重い傾向がある。


F値

レンズの明るさ性能の数値。F値が低いと画面が明るく撮れる。室内は思ったよりも暗いので、室内撮影を考えるとF値は低い方が良い。

F2.0-3.8や、F1.8-4.5などと表記される。この場合、後者のF1.8-4.5の方が明るいレンズである。

F1.8-4.5の、1.8はズームをしない状態の数値。4.5はフルズーム時の数値。

レンズはズームすると暗くなる性質があるため、ズーム時のF値の方が高い数字になっている。

参考にすべきは前者のズームをしていない状態での数値の低さを比べると良い。


画素数

1画面を構成する点の数のこと。

ビデオカメラの画素数が大きくても再生するテレビやモニターが対応していないと意味がない。普及しているテレビのほとんどは207万画素のフルHDテレビなので、画素数は207万画素以上は必要ない。

再生するテレビやモニターが4K対応の場合は、829万画素まで再生できる。

ハイビジョン:105万画素
フルHD:207万画素
4K:829万画素

また、画素数が高いほど、値段も高い傾向にある。


内蔵メモリ

ビデオカメラ内に保存できるデータの容量のこと。16~64GBで表記されている。

SDカードを差し込めばいくらでも拡張できるので16GBでも問題ない。

数値が大きいほど値段が高くなる傾向がある。

・メモリの容量と撮影時間の目安
16GB:約2.5時間
32GB:約5時間
64GB:約10時間

【参考】ビデオカメラ用SDカードの選び方 3つのポイント


連続撮影時間

購入時についてくる標準バッテリーの撮影時間。

予備バッテリーを購入すればいくらでも拡張できる。ただし、予備バッテリーは意外と高いの注意が必要。海外制の激安互換性バッテリーを購入するのも良い。

【参考】ビデオカメラ用互換バッテリーについて


ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの3点
(5)ビデオカメラ用SDカードの選び方
(6)おすすめのビデオカメラレンタルの相場・業者 5社まとめ
(7)ビデオカメラをレンタルしてみた
(8)ふるさと納税でもらえるビデオカメラまとめ
(9)動画撮影用一眼レフカメラ 比較ランキング

カテゴリー: 機材 タグ: パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)