【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWIMIUS Wifi 4K(30FPS)で撮影してみた GoPro同規格


【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格
こんにちは! hamochikuです。

今回は、7,000円で買える、おすすめの格安4Kウェアラブル・アクションカメラWIMIUS Wifi 4K(30FPS)の紹介をします。

ちなみに読み方が不明なので、私は「うぃみうす」と呼んでます(笑)

スポンサーリンク

【PickUp!】

アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ
【レビュー】GoPro HERO5レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】GoPro HERO4レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSの使い方・設定方法
【レビュー】おすすめの格安アクションカメラDB POWER SJ4000で撮影してみた GoPro同規格
アクションカメラDB POWER SJ4000の使い方・設定方法



スポンサーリンク1


WiMiUSは高性能・低価格のコスパ最強のアクションカメラ

結論からいうと、WIMIUS間違いなく買って損はしないです。

過去にレビューした、格安フルHDアクションカメラDB POWER SJ4000も安くて素晴らしい機種でした。
格安ウェアラブル・アクションカメラDB POWER SJ4000


しかし、このWIMIUSほぼ同じ値段で、なんと4K画質で動画が撮影できます
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSの使い方・設定方法


7,000円で、4Kで、スローモーション撮影もできて、防水ケースなど色んなアタッチメント+充電器、予備バッテリー2個付きとか、すごいとしか言いようがない…。
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSのアタッチメント
WiMiUSバッテリーセット


と、だいたいどこのブログでも紹介されています。確かにスペック上はその通りなのですが、本当に問題はないのでしょうか。早速買って検証してみました。




スポンサーリンク2


WiMiUSはスローモーション撮影が魅力

結論として、「確かに4K撮影はできるが、画質は期待しているほどキレイではない」というのが私の感想です。「データ上は4Kだけど、フルHDの画質をデジタルで大きく見せてるだけなんじゃない?」と私は疑っています(笑)

以下、室内で撮影したサンプル動画です。



しかし、「じゃあ、WIMIUSはダメなの?」と訊かれると、「いいえ、買いです」と私は答えます。WiMiUSは、かっこいいスローモーション撮影ができるからです。これは、フルHDのDB POWER SJ4000にはない大きな魅力と言えるでしょう。

スローモーション撮影は、サーフィンやスノーボードなどのスポーツを撮影する方には、絶対おすすめの機能で、めちゃくちゃかっこいい動画を作ることができます

WIMIUSのスローモーション撮影は、「1080P@60FPS」と「720P@90FPS」を選ぶことができます。1080Pの方が画質は良いですがスローは2倍まで、720Pはスローが3倍になります。以下のサンプルは、720Pで撮影したものです。 ※表示されている日付は設定で非表示にできます。



また、値段もDB POWER SJ4000の6,000円と比べても、1,000円プラスで最新の4Kカメラが購入できるのです。1,000円程度であれば、やはり最新機種をおすすめします。



スポンサーリンク3


4K動画の問題点

ちなみに、4K動画には注意することがあります。4K動画の編集には、専用のソフトが必要です。また、4Kを最大限楽しむためには、4K対応の再生機が必要です。

「4Kってなんとなくキレイじゃん?」だったら、フルHDでも全然オッケーです。むしろ、2016年現在、4Kは取扱に困ってしまう場合が多い、少し先のフォーマットといってもよいと個人的には思っています。

ただ、WiMiUSはフルHDでの撮影も可能なので、設定さえ変更すれば問題はまったくありません。そのうち4Kも標準化されると思いますのでなおさらですね。

もし、低予算でアクションカメラを探しているのであれば、WIMIUSをおすすめします。




それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク4


アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ
【レビュー】GoPro HERO5レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】GoPro HERO4レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSの使い方・設定方法
【レビュー】おすすめの格安アクションカメラDB POWER SJ4000で撮影してみた GoPro同規格
アクションカメラDB POWER SJ4000の使い方・設定方法




スポンサーリンク5


アクションカメラおすすめランキング

順位 機種名 料金 特徴 商品詳細
1位
6,600円 4K画質の動画撮影ができ、「1080P@60FPS」と「720P@90FPS」のスローモーション撮影でもできるのに6,000円台で買えてしまう。防水ケースやバッテリーが2個付属している一番のおすすめアクションカメラ。
2位
5,000円 フルHD画質の動画撮影ができる格安アクションカメラのパイオニア的存在。こちらも防水ケースやバッテリーが2個付属しており、お買い得。4K動画編集や再生環境がない場合はこちらがおすすめ。
3位
45,000円 アクションカメラの元祖GoPro。最新機種は4K動画撮影、ボイスコントロール、ケースなしでの防水機能が付くなど大幅な進化を遂げた。スローモーション撮影も、「1440@P80」「1080@P120」に対応。値段だけの価値があるアクションカメラ。
4位
38,000円 ソニーお得意の超高性能 空間手振れ補正機能付きアクションカメラ。激しい振動が気になるスポーツシーンでは重宝される。他のアクションカメラにはない大きなメリット。
5位
17,000円 わずか45gの小型超軽量アクションカメラ。フルHDで、防水・防塵・耐衝撃機能を搭載。また夜も撮影できる『赤外線撮影』がある唯一のアクションカメラ。値段もお手頃。
6位
18,000円 G-shockを思わせる頑強なデザインの防水アクションカメラ。頑丈さは申し分ないが、防水性にやや問題ありとの指摘があり注意が必要。

カテゴリー: 機材, ビデオカメラ タグ: , , , パーマリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)