【レビュー】GoPro HERO5の使い方・設定方法 おすすめのアクション・ウェアラブルカメラ


【レビュー】GoPro HERO5の使い方・設定方法 おすすめのアクション・ウェアラブルカメラ
こんにちは! hamochikuです。

今回は、大人気の最新アクション・ウェアラブルカメラ『GoPro HERO5』について解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】


この記事の目次

アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ
【レビュー】GoPro HERO5レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】GoPro HERO4レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSの使い方・設定方法
【レビュー】おすすめの格安アクションカメラDB POWER SJ4000で撮影してみた GoPro同規格
アクションカメラDB POWER SJ4000の使い方・設定方法


スポンサーリンク1


アクションカメラ・ウェアラブルカメラとは?

アクションカメラとは、衣服や乗り物などに装着・固定して動画を撮影できるビデオカメラをいいます。
GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


スポーツや、バイク、車好きの方におすすめのカメラで、色々格好良い動画を撮影することができます。



私はGoPro HERO5の初撮影は、自転車にくっ付けて行いました(笑)
GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



スポンサーリンク2


GoPro HERO5とは?

GoPro HERO5は2016年に、アメリカのGoPro社から発売されたアクションカメラです。

種類は、以下の3種類。
HERO5 Blackブラック
HERO5セッションSession
HEROセッションSeaasion
製品名 HERO5 Blackブラック HERO5セッションSession HEROセッションSeaasion
イメージ
購入
値段 ¥47,000 ¥36,000 ¥27,710
発売日 2016年 2016年 2016年
動画 4K30/1440p80/ 1080p120 4K30/1440p60/ 1080p90 1440p30/ 1080p60
写真 12MP / 30 FPS連写タイムラプス(コマ撮り) 10MP / 30 FPS連写タイムラプス(コマ撮り) 8MP / 10 fps連写タイムラプス(コマ撮り)
防水 防水10m 防水10m 防水10m
WiFi/Buletooth
風音低減
音声コントロール
ビデオ安定化
タッチディスプレイ
クラウドアップロード
位置情報取得
RAW+WDR写真


GoPro HERO5ブラックBlackとは?

GoPro HERO5ブラックは、4Kや、1080p120フレームなどで撮影できるアクションカメラです。



フルHDで120フレーム(1秒間に通常30フレームのところ、120フレームで撮影できる)あればスローモーション撮影に使うことができます。


また、防水ケース(ハウジング)なしで10メートルまで防水、タッチパネルディスプレイ搭載など、HERO4と比べてよりタフで使いやすい仕様になっています。



GoPro HERO5 セッションSessionとは?

GoPro HERO5 セッションは、4K、1080p90フレーム撮影ができるアクションカメラです。



セッションも防水ケースなしで10メートルまでOK。ただし、タッチパネルディスプレイ、位置情報取得などはなし。



GoPro HERO セッションSessionとは?

GoPro HERO セッションは、1440p30フレーム、1080p60フレームで撮影ができるGoPro最新シリーズのエントリー機です。



エントリー機ながら、10メートルまでケースなしで防水、風音低減機能などがついています。

タッチパネルディスプレイ、音声コントロール、位置情報取得などはなし。



各種アクセサリー・オプションについて GoPro HERO5とは?

GoPro用のアクセサリーは、頭に取り付けるためだったり、車に取り付けるものだったり様々なものが販売されています。公式アクセサリーもありますが、社外製のリーズナブルなものを私はおすすめしています。何せ、ものすごい数がついてきて2,000円くらいで買えてしまうからです。



レンタルサービスについて GoPro HERO5とは?

GoProは人気のアクションカメラですが、値段が3~5万円程度するため、なかなか購入するのに勇気がいります。実際、私も安い中華製アクションカメラしか持っていませんでした(笑)。

しかし、レンタルすれば、たった3,980円で済むことに気づき、今回は知人のレンタル屋さんからお借りしてみました!

ビデオカメラレンタル屋さん公式ページ
【公式】ビデオカメラレンタル屋さん



スポンサーリンク3


GoPro HERO5の使い方・設定方法 アクションカメラ・ウェアラブルカメラ

では、さっそくGoProの基本的な設定や使い方を解説します。

バッテリーの挿入方法 アクションカメラ・ウェアラブルカメラ

まずはバッテリーを挿入しましょう。

GoProの底面のボタンを押しながら、フタを開きます。けっこうかたいので壊さないように注意してください。
バッテリーの挿入方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


中にバッテリーを挿入しましょう。
バッテリーの挿入方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



MicroSDカードの挿入方法 アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

バッテリーの横にMicroSDカード用のスロットがあります。向きに気を付けてMicroSDカードを挿入しましょう。
MicroSDカードの挿入方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ




起動させる方法 アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

GoPro側面の『mode』ボタンを押しましょう。
起動方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


起動すると、背面ディスプレイに『動画撮影モード』が表示されます。
起動方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



終了させる方法 アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

起動時に、GoPro側面の『mode』ボタンを長押しましょう。ピピっと音がなり消えます。
起動方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



動画・写真・連射撮影モードについて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

GoProを起動すると最初は『動画モード』です。
起動方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


GoPro側面の『mode』ボタンを一度押すと、『写真モード』になります。
写真モード GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


『mode』ボタンをもう一度押すと、『連射モード』になります。
連射モード GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


『mode』ボタンをもう一度押すと、『タイムラプスモード』になります。
タイムラプスモード GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ




設定を変更する方法ついて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

GoProタッチパネルディスプレイの上から下へ指でなぞってください。
設定を変更する方法ついて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5


すると画面上から、『接続』『ユーザー設定』が表示されるので、『ユーザー設定』を押してください。
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


ユーザー設定画面が表示されます。
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


タッチパネルディスプレイを指で下から上に動かすと、色々な設定が表示されます。
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
ユーザー設定 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



撮影設定を変更する方法ついて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

まずは『解像度』を変更してみましょう。

タッチパネルディスプレイの左下に表示されている『4K』『1080』などの数字を押しましょう。
撮影設定の変更 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



画面上に各解像度『4K』『2.7K』『2.7K 4:3』『1440』、下に『1080』『960』『720』『480』が表示されます。この中から、好きな数字を押しましょう。4Kの必要なければ『1080』のフルHDがおすすめです。それ以外はあまり使う機会はないと思います。
解像度の変更 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



次に『フレームレート』を変更します。

動画撮影画面の下、『FPS』を押しましょう。
フレームレートの変更 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


画面の上『240』『120』『100』『90』、下に『80』『60』『48』『30』『24』のフレームレートが表示されました。好きな数字を押しましょう。基本は『30』でOKです。スローモーション撮影の時は、解像度が4Kだと最大『30』、フルHD1080だと最大『120』です。
フレームレートの変更 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



撮影開始方法ついて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

各種撮影モードで、GoPro上部の『録画ボタン』を押しましょう。
録画を開始する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


背面ディスプレイ上部に録画開始の赤いアイコンが表示され、録画が始まりました。
録画を開始する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


録画を停止させるには、もう一度、『録画ボタン』を押しましょう。
録画を開始する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



撮影した動画などを再生する方法ついて アクションカメラ・ウェアラブルカメラGoPro HERO5

背面ディスプレイを左から右へ指でなぞりましょう。
動画を再生する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


撮影した動画が表示されるので、好きな動画を指で押してください。
動画を再生する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ


動画中央の再生マークを押してください。再生が始まります。
動画を再生する方法 GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ



スポンサーリンク4


GoPro HERO5で撮影してみた アクションカメラ・ウェアラブルカメラ

せっかくレンタルしたので、GoPro HERO5で撮影してみました。

GoProで撮影してみた 自転車編

安い中華アクションカメラについてきた、自転車用ホルダーにGoPro HERO5をつけてみました。
GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラ
GoPro HERO5 アクション・ウェアラブルカメラを自転車に着けてみた


城下町の坂道を自転車で下ってみました。



石畳の古い町なので、振動はありますが、問題なく撮影することができました。付属の防水ケースを使えば、海の中、スキー・スノボ、サーフィン、バイク、車など色々な場面で活躍しそうですね!

また、スポーツだけでなく、日常のイベントや風景も普通に撮影できるので、ビデオカメラではなく、アクションカメラ1台持ちというのもありですね。


それではまた次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク5


アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ
【レビュー】GoPro HERO5レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】GoPro HERO4レビュー・使い方・設定方法
【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格
格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSの使い方・設定方法
【レビュー】おすすめの格安アクションカメラDB POWER SJ4000で撮影してみた GoPro同規格
アクションカメラDB POWER SJ4000の使い方・設定方法

製品名 HERO5 Blackブラック HERO5セッションSession HEROセッションSeaasion
イメージ
購入
値段 ¥47,000 ¥36,000 ¥27,710
発売日 2016年 2016年 2016年
動画 4K30/1440p80/ 1080p120 4K30/1440p60/ 1080p90 1440p30/ 1080p60
写真 12MP / 30 FPS連写タイムラプス(コマ撮り) 10MP / 30 FPS連写タイムラプス(コマ撮り) 8MP / 10 fps連写タイムラプス(コマ撮り)
防水 防水10m 防水10m 防水10m
WiFi/Buletooth
風音低減
音声コントロール
ビデオ安定化
タッチディスプレイ
クラウドアップロード
位置情報取得
RAW+WDR写真

カテゴリー: 機材, ビデオカメラ タグ: , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)