Adobe Premiere Elements15の使い方(0) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門


Adobe Premiere Elements15の使い方 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門(0)
こんにちは! hamochikuです。

今回は動画編集ソフトAdobe Premiere Elements15の新機能など紹介をします。

スポンサーリンク

【PickUp!】

Adobe Premiere Elements15の使い方記事一覧

(0)機能の紹介
(1)基本的なカット編集と書き出しの方法
(2)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの方法
(3)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(4)トランジションの挿入方法



スポンサーリンク1


Adobe Premiere Elements15とは? Adobe Premiere Elements15の使い方

Adobe Premiere Elements 15は2016年に発売された初心者~中級者向けの家庭用動画編集ソフトです。
インターフェイス Adobe Premiere Elements15の使い方

Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。そのAdobe社が一般向けに作ったソフトなので、機能はプロ用並みに充実しており、使いやすく素晴らしいソフトです。


初心者向けの『クイック編集』や、
クイック編集モード Adobe Premiere Elements15の使い方


中級者向けの『エキスパート編集』の2種類のモードがあり、初めて動画編集をする方でも安心して使うことができます。
エキスパート編集モード Adobe Premiere Elements15の使い方


Adobe Premiere Elements15では、基本的なカット編集、テキストテロップの挿入、BGM音楽、各種特殊効果エフェクトなど必要な機能がすべてそろっています。

2017年動画編集ソフトランキングでは、第2位を獲得! ソフトウェアとしての性能や使いやすさは1位と言ってもいいと思います。

しかし、「古いパソコンだと動作が遅い!」という意見が多く、パソコン環境によってはあまりおすすめできません。ここ2,3年で購入した新しいパソコンであれば問題ないかと思います。古いパソコンやリーズナブルな値段のパソコンをお使いの方は注意が必要です。



スポンサーリンク2


Adobe Premiere Elements15の値段について Adobe Premiere Elements15の使い方

Adobe Premiere Elements15の料金は13,800円です。他に写真加工ソフトである『Photoshop Elements15』とのセットだと19,800円。


有料の動画編集ソフトはだいたい10,000~20,000円以内なので妥当な料金設定だと思います。より高度な編集をしてみたい方、将来プロを目指してみたい方などにはおすすめのソフトです。もちろん初めて動画編集する方でもOKです!


次の記事では、Adobe Premiere Elements15の基本的なカット編集と、書き出し方の解説をしていきます。また次の記事でお会いしましょう!

スポンサーリンク3


Adobe Premiere Elements15の使い方記事一覧 

(0)機能の紹介
(1)基本的なカット編集と書き出しの方法
(2)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの方法
(3)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(4)トランジションの挿入方法

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)