Adobe Premiere Elements15の使い方(4) トランジションの挿入方法 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門


Adobe Premiere Elements15の使い方(4) トランジションの挿入方法 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門
こんにちは! hamochikuです。

今回は動画編集ソフトAdobe Premiere Elements 15のエキスパートモードを使った、トランジションの挿入・編集方法について解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】

Adobe Premiere Elements15の使い方記事一覧

(0)機能の紹介
(1)基本的なカット編集と書き出しの方法
(2)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの方法
(3)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(4)トランジションの挿入方法



スポンサーリンク1


トランジションとは? Adobe Premiere Elements15の使い方

トランジションとは、AとBの動画間をふわぁーっとつないだりできる効果のことをいいます。
トランジション


スポンサーリンク2


トランジションの挿入方法 Adobe Premiere Elements15の使い方

まず、画面右端にある『クリップ間にトランジションを適用』ボタンをクリックしてください。
トランジションボタン Adobe Premiere Elements15の使い方


トランジションが表示されます。
トランジションの種類 Adobe Premiere Elements15の使い方


今回は、『クロスディゾルブ』をマウスでクリックしたまま、1本目と2本目の動画の間に持って行きましょう。
トランジションの挿入方法 Adobe Premiere Elements15の使い方


『クリップ間』を選択し、『完了』をクリック。
トランジションの開始位置 Adobe Premiere Elements15の使い方


動画と動画の間にトランジションが適用されました。
トランジションが適用された Adobe Premiere Elements15の使い方


プレビュー画面で確認すると、1本目と2本目の間が、ふわぁ~っと切り替わるようになりました。
トランジションが適用された Adobe Premiere Elements15の使い方



スポンサーリンク3


テキストテロップにはトランジションは適用するべきか? Adobe Premiere Elements15の使い方

トランジションは動画だけでなく、テキストテロップにも適用することができます。しかし、おすすめなのはトランジションを適用せずに、トランジションの手前でテキストカットする方法です。

以下の画像のように、トランジション開始前にテキストをカットすると、違和感がない動画になります。
テキストへのトランジション Adobe Premiere Elements15の使い方



スポンサーリンク4


トランジションを使う意味 Adobe Premiere Elements15の使い方

初めてトランジションを使うと、なかなか楽しいのですべての動画間に入れてしまいがちです。しかし、トランジションは基本的にあまり使うことがありません。通常はパっと切り替わるカットが基本です。

では、どこでトランジションを使えば良いのでしょうか。(1)場面の移り変わりや、(2)時間の経過などが代表的な例でしょう。

それ以外で多用するといかにも素人っぽさがでる動画になってしまいます。また使うトランジションも基本は『クロスディゾルブ』です。



以上で、Adobe Premiere Elements15の基本的な使い方解説は終わりです。他にも色々な機能があるので、ぜひ試してみてください。

それではまた次の記事でお会いしましょう!


スポンサーリンク5


Adobe Premiere Elements15の使い方記事一覧 

(0)機能の紹介
(1)基本的なカット編集と書き出しの方法
(2)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの方法
(3)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(4)トランジションの挿入方法

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)