iPhoneの動画・写真を、iPadに転送する方法_PhotoSync の使い方


111

こんにちは! hamochikuです。

今回は、iPhone内の動画や写真を
iPadなどに転送する方法を解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】


以前、このブログで
外部デバイスを接続して
動画を取り込む方法を紹介しました。

しかし、iOSのアップデートなどの影響のせいか、
その取り込み方法が出来なくなってしまいました。

何か良い方法がないかと探してみると、
とても良いアプリを発見することができました。

PhotoSyncというデータ転送アプリです。

111-001
download



このアプリは現在、300円です。

しかし、転送用の外部デバイスが
1,000円くらいすることを考えると
かなり安くなるのでおススメです。



iPhoneから、iPadに動画を転送してみよう

このアプリを使ってデータを転送するには、
以下の条件があります。

1、両方のデバイスで、PhotoSyncが起動している。
2、同じWifi環境下にいる、もしくは双方Bluetoothがオン。

では、さっそくiPhone、iPad両方で
PhotoSyncを起動してください。

ファイルの場所を選び、

111-002

目的のファイルをタップします。

111-003



次に右上のくるくるアイコンを
タップしてください。

111-004



「Send」の真ん中の「Selected」をタップしてください。

111-005



どこにデータを転送するか聞かれるので、
「iPhone-iPod-iPad」を選択します。

111-006



転送先のiPadの名前が表示されるので、
タップしてください。

111-010



この時、受信側である
iPadでもPhoneSyncを起動させておかないと
転送することができないので注意してください。

111-007a



転送が始まります。

111-007



受信側のiPadにも、
受信中の様子が表示されます。

111-008



転送が完了すると
iPadのカメラロール内に
iPhoneから転送した動画ファイルが保存されます。

111-009



これで、iPhoneから、iPadへの
ファイルの転送はおしまいです。

動画は容量が重く時間がかかったり、
途中で落ちてしまうことがありますが、
何度か試せば転送できます。

写真も送ることができるので、
ぜひこのアプリを使ってみてください。

111-001
download

では、お疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう!

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , , パーマリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)