iPhoneでスライドショーを作る方法 iMovie(2.0)


132

こんにちは! hamochikuです。

今回は、新しくなった
iMovie(2.0)を使った
スライドショーの作り方を解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】

iMovieの基本的な操作法が分からない場合は、
この記事をご覧ください。



iMovie(2.0)の使い方の記事一覧

基本的な操作方法
スライドショーの作り方



スポンサーリンク1


写真を挿入しよう

まず、新規プロジェクトを作ってください。
分からない場合は、コチラを参照。

132-001



次に左側にある
フィルムと音符アイコンを
タップしましょう。

132-002



画面下の「写真」→「カメラロール」をタップ。

132-003



カメラロール内の
好きな写真を選択しましょう。

132-004



すると自動的に
タイムラインに写真が挿入されます。

132-005



同じ方法で、
写真を計3枚入れました。

132-006



スポンサーリンク2


テーマを使って簡単に演出を加えよう

「テーマ」を使ってエフェクトやBGMなど
簡単に演出を加えましょう。

画面右下の歯車アイコンを
タップしてください。

132-007



プロジェクト設定画面が
立ち上がります。

132-008



この中から好きなテーマを選択し、
下の「テーマ曲」
「フェードイン・アウト」をオンにします。

最後に右上の完了をタップしてください。。

132-009



これで指定したテーマや、
テーマ曲、フェードイン・アウトが
適用されました。

132-010



スポンサーリンク3


再生してみよう

ここで一度、再生してみましょう。

画面真ん中の三角の再生ボタンを
タップしてください。

132-011

iMovieは写真を挿入すると
自動的にアニメーションがつくので、
この時点でそれなりのスライドショーができます。



スポンサーリンク4


写真のアニメーションを変更してみよう

自動でそこそこの動きをしますが、
意図していない動きがある場合は
手動で修正してみましょう。

まず写真の左はじを
タップしてください。

すると、プレビュー画面に
「ピンチで開始位置を設定」と
表示されます。


132-012

今プレビューに映っている写真が、
写真アニメーションの開始時の姿です。



写真を2本指で
ピンチイン・アウトしてください。

写真が大きくなったり、
小さくなったりします。

132-013

また、指でなぞって、
位置を動かすこともできます。



次に写真の右端をタップしてください。
「ピントで終了位置を設定」と表示されます。

132-014



今度は終了時の大きさ、位置を
好みの通りにしてください。

これで、アニメーションの調整は完了です。



スポンサーリンク5


タイトルを入れてみよう

まず目的の写真をタップしてください。
下に「タイトル」と出るのでそれをタップ。

132-015



今回は、一番頭の写真なので、
「オープニング」をタップ。

132-016



プレビュー画面の
「タイトルを入力」をタップしてください。

132-017



好きな文字を入力しましょう。

132-018



他の2つの写真にも
タイトルを挿入しましょう。

132-019



ファイルを書き出してみよう

画面左上の「<」マークをタップしましょう。

132-020



次に「↑」マークをタップ。

132-021



動画の保存形式などが表示されるので、
今回は左下の「ビデオを保存」をタップ。

132-022



動画のサイズは
「HD-1080p」を選択。

132-023



書き出しが開始されます。

132-024



しばらく待つと、
書き出しが完了します。

132-025



後はカメラロールの中を
確認してください。






これで、iMoiveを使った
スライドショーの作り方は終わりです。

お疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう。



iMovie(2.0)の使い方の記事一覧

基本的な操作方法
スライドショーの作り方

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)