VideoStudio PRO X7の使い方-基本操作と書き出し-ビデオスタジオ入門(2)


135

こんにちは! hamochikuです。

今回は動画編集ソフト
VideoStudio PRO X7の使い方、
基本操作と書き出しについて解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】

ビデオスタジオ入門の記事

1.体験版をインストール
2.基本操作と書き出し
3.BGMの入れ方
4.簡単なタイトル・テロップの入れ方
5.字幕エディターを使ったタイトル・テロップの入れ方
6.トランジションの入れ方
7.オープニングアニメーションの入れ方
8.フィルターの使い方
9.PC画面を録画する方法
10.動く顔にモザイクを入れる方法
11.【動画で解説】VideoStudio PRO X7の使い方
12.blurayをキレイに焼く設定方法
13.動画をズームイン・アウトする方法
14.VideoStudioが起動しない場合の解決方法
VideoStudio動画編集テクニック


スポンサーリンク1


編集してみよう

まず、ビデオスタジオを起動させてください。

135-001



次に、上部真ん中あたりの
「新規フォルダ」ボタンを押します。

135-002




すると、「サンプル」の下に、
新しいフォルダができました。

135-003



新しくできたフォルダの中に、
編集に使いたい動画素材を
放り込みましょう。

135-004



次に動画素材を
画面下のタイムラインに放り込みます。

135-018



タイムラインの動画をクリックすると
動画の周りが黄色くなります。

次に動画のはしをマウスでクリックしたまま
左右に引っ張ってみましょう。

短くしたり、長くしたりできます。

135-019

1カット3~5秒程度を目安に
カットするのがポイントです。



3つのファイルをタイムラインに
挿入しました。

135-008



次にプロジェクトを
一度保存しておきましょう。

動画編集はPCパワーを使うため、
こまめに保存するようにしてください。

135-009

135-010



スポンサーリンク2


動画を書き出してみよう

画面右上の「完了」をクリックしてください。

135-009b



この画面で書き出すファイルの
細かい設定が行えます。

今回は、このままの設定で
mp4ファイルにしてみましょう。

画面右下の
「開始」をクリックしてください。

135-011



書き出しが始まります。

135-016



しばらくすると
レンダリングが終了します。

135-017



完成した動画です。





これで、基本的な編集と
書き出し設定の解説はおしまいです。

次回はBGMの入れ方を解説します。

お疲れ様でした。
また次の記事でお会いしましょう!

Corel VideoStudio Pro X7 通常版


スポンサーリンク3


ビデオスタジオ入門の記事

1.体験版をインストール
2.基本操作と書き出し
3.BGMの入れ方
4.簡単なタイトル・テロップの入れ方
5.字幕エディターを使ったタイトル・テロップの入れ方
6.トランジションの入れ方
7.オープニングアニメーションの入れ方
8.フィルターの使い方
9.PC画面を録画する方法
10.動く顔にモザイクを入れる方法
11.【動画で解説】VideoStudio PRO X7の使い方
12.blurayをキレイに焼く設定方法
13.動画をズームイン・アウトする方法
14.VideoStudioが起動しない場合の解決方法
VideoStudio動画編集テクニック


2017年動画編集ソフト・サービスランキング表

順位 ソフト・サービス名 料金 特徴 商品詳細
1位
13,000円 欠点のない優秀な動画編集ソフト。全ソフトの中で1番バランスが良く、動作も軽い。PC画面の録画機能も追加されたため2017年は1位に。
2位
14,000円 ほぼプロ用ソフト並みの機能を初心者でも直感的に操作できる。パソコンのスペックによっては動作が重いことも。
3位
13,000円 動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PC画面の録画機能も有。唯一、トランジション設定に難有り。
4位
7,000円 とにかく動作が軽い。パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。使い方の情報が少ないので、ガイドブック付の購入は必須。
5位
8,000円 高度な機能を省略し、必要最低限の機能とおしゃれなテンプレートデザインが特徴。アップデートが1,000円プラスで永年無料なのも魅力的。
6位
無料 Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめ。
7位
無料 元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトと同等の機能。使いづらいところがあるが、慣れてしまえば特に問題はない。
8位
無料 色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。
9位
7,000円 完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。
プロ向け
62,000円 高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。。
番外
無料 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , パーマリンク

スポンサーリンク



VideoStudio PRO X7の使い方-基本操作と書き出し-ビデオスタジオ入門(2) への7件のフィードバック

  1. 井上 広美 のコメント:

    VideoStudio PRO X7 を購入し、インストールしました。

    新しいフォルダに写真を呼び込もうとすると 終了のメッセージがでてきてしまいます。

    もう一度 インストールしなおしましたが、使用できませんでした。
    なぜなのでしょう、困っています。

    もし、対処方法があるのでしたら、教えていただけると助かります。

    コメント欄にて、失礼しました。

    • hamo-chiku hamochiku のコメント:

      井上さん

      こんにちは。hamochikuです。

      VideoStudio ProX7のエラーについてですが、
      どのような終了メッセージが出ましたか?

      落ちる、ということは、
      PCのスペックが足りていないのかもしれません。

      以下、メーカーサイトに書いてあった
      必要なスペックです。

      CPU  :Intel® Core™ Duo 1.83 GHz、またはAMD Dual-Core 2.0GHz以上(Intel Core i5、i7またはAMD Phenom Ⅱ X4、X6を推奨)
      OS  :Microsoft® Windows® 8、Windows 7、Windows Vista®またはWindows XP(最新SPを適用)の32-bit版、64-bit版に対応
      メモリ:2GB以上のRAM(4GB以上のRAMおよび1GB以上のVRAMを推奨)
      解像度:1024×768ピクセル以上の画面解像度

      もし古いパソコンなのであれば、
      スペック不足の可能性があります。

      特にメモリが少ないと
      落ちる可能性が増えます。

      一度、デスクトップ画面のマイコンピューターを
      右クリック→プロパティで
      スペックを確認してみてください。

      hamochiku

  2. nori のコメント:

    すいませんメールで伝わるかわかりませんが
    作ったプロジェクトを最後DVDに焼く時に
    DVD書き込みをスタートさせてから
    あるところで途中経過の%が止まって
    それ以上作業が進まない。
    エラーは出ないので1日くらいほっておいても
    その状況から%が前に進まずせっかく作った
    プロジェクトが書き込めずに困っています。
    何が原因かわからないので教えてください
    よろしくお願いします。

    • hamo-chiku hamochiku のコメント:

      noriさん

      DVDを書き込めないということですが、
      すぐに思いつく可能性として、
      DVDドライブ側の問題があります。

      私も何度か似たことがありましたが、
      ドライブのレンズの汚れや誇りを除去すると
      問題が解決したことがあります。

      もし、他のソフトでDVDを焼くのに問題がなければ、
      VideoStudioの問題ですね。

      その場合は、ソフトウェアのアップデートを
      まずしてみてください。

      それでもダメな場合は、
      PCのビデオカードのドライバのアップデートも
      試してみてください。

      もしくは、焼くDVD自体を
      新しいものに変えてみるのも
      ひとつ手かもしれません。

      明確な回答ができずに申し訳ないですが、
      一度試してみてください!

      hamochiku

      • nori のコメント:

        早速返信ありがとうございます
        やはり私の書き方が悪く伝わってませんでしたすいません!

        他の方のコメントにあったのがまったく同じだったので引用させて頂きます

        動画の編集が終わり、ビデオに変換したくて完了からMPEG4を選択しましたが、どの変換方法でもレンダリングが一定の場所で止まってしまい、ファイル変換ができません。
        エラー表示等は一切出ず、フリーズしているような状態になってしまいます。

        これと全く同じ状態です(^_^;)

        ちなみにcorelに直接問い合わせをしたところ
        お問い合わせの件に関しまして、毎回、特定の時点で
        エラーが発生する場合、プロジェクト全体の再生時間に対して、
        該当の時点に 配置されたクリップに問題がある可能性が高くなります。

        例:全体が1時間のプロジェクトで、変換20%の時点でエラーが発生した場合、
          12分前後に配置されたクリップに問題がある可能性が高くなります。

          <計算式>
          [プロジェクト全体の再生時間] X [エラーが発生した%]

        上記にて該当する動画を特定していただきましたら、該当のクリップを
        事前に別のフォーマットに変換していただき、タイムラインの
        クリップと置き換えてご対応くださいませ

        っという回答を頂きました

        っが結局思い当たるクリップを削除して作り直しても
        やはり同じところで止まったままになってしまいます
        何か他に原因があるんでしょうか?

        ちなみにhamochikuさんの回答の
        レンダリング開始ボタン左の
        「スマートレンダリングを有効にする」の
        チェックをはずして開始してみてください
        はどこにあるボタンですか?それも試してみたいので
        よろしくお願いします

        • はくさん のコメント:

          私も同様のトラブルで悩まされています。
          何度繰り返し、また、違う位置で削除等をしても埒があきません。馬鹿らしくなって匙を投げてしまいました。

          • hamo-chiku hamochiku のコメント:

            はくさん

            はじめまして、hamochikuです。
            恐らくVideoStudio独特のエラーのようですね…。

            毎回同じ場所で停止するのであれば、
            その箇所の動画ファイルが、対応できない形式か、
            何らかのエラーを抱えている可能性があります。

            こういった場合は、いったん、別のソフトで変換を加えて、
            差し替えれば解決することが多いです。

            しかし、そのファイルを削除しても進まないということであれば、
            それ以降のファイルも同様に問題があるのかもしれません。

            まったく別のファイルをいくつか並べて、
            書き出しが成功すれば、
            1、ファイルの問題
            2、エフェクトなど編集内での問題
            の可能性があります。

            動画編集ソフトはPCのスペック、
            扱う動画ファイルの重さ、形式など
            色々からみあっているので、これという答えが出しにくく
            明確な回答ができずに申しわけないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)