Adobe Premiere Elements12の使い方_テキスト(テロップ)を入れる方法_プレミアエレメンツ入門(4)


プレミアエレメンツのテキスト(テロップ)の入れ方の解説記事の画像

こんにちは! hamochikuです。

今回は、Adobe社の動画編集ソフト
プレミアエレメンツのテキスト(テロップ)の入れ方を
解説していきます。


※最新版は13です。

スポンサーリンク

【PickUp!】

プレミアエレメンツ入門の記事

1.体験版をインストール
2.基本的な操作方法
3.BGMを入れる方法
4.テキスト(テロップ)を入れる方法
5.トランジションを入れる方法
6.エフェクトを入れる方法


スポンサーリンク1


テキスト(テロップ)を挿入しよう

まずタイムラインの上の
テキストを挿入したい位置を
クリックしてください。

158-premiere_elements_001



画面上のメニューの「新規テキスト」→
「初期設定のテキスト」をクリック。

158-premiere_elements_002



テキストが挿入されました。

158-premiere_elements_003



プレビュー画面の
「テキストを追加」をクリックして、
好きなテキストに変更しましょう。

158-premiere_elements_003b

158-premiere_elements_004



テキストをクリックしたまま、
画面の下に移動させます。

158-premiere_elements_008



次に画面右にある
テキスト調整を編集しましょう。

ここではフォントの種類、大きさ、
色、位置、横書き、縦書きなど
調整することができます。

158-premiere_elements_005



「スタイル」のタブをクリックすると、
すでにある色々な文字のフォーマットから
選択することができます。

158-premiere_elements_006



好きなスタイルを選択すると、
文字に反映されます。

158-premiere_elements_007

158-premiere_elements_009

※スタイルをクリックしても変化がない不具合がありました。
 その場合は、一度プロジェクトを保存して終了し、
 再起動してみてください。私はこれで機能が復活しました。



テキストのスタイルが決まったら、
タイムラインのテキストの長さを
調整しましょう。

158-premiere_elements_010

長すぎるテキストを
1本目の動画と同じ長さに調整しました。



同じ方法で、2,3本目も
テキストを入れることができますが、
毎回スタイルを設定するのは大変です。

そこで、1つ目のテキストを
スタイルごとコピーしてみましょう。

まず、画面左上の
「プロジェクトのアセット」を
クリックしてください。

158-premiere_elements_011

「タイトル」ファイルが追加されています。



タイトルファイルを
右クリックしてコピー。

158-premiere_elements_012



からっぽの
プロジェクトのアセットを
右クリックして、「ペースト」

158-premiere_elements_013



1つ目と同じテキストが
コピーできました。

158-premiere_elements_014



あとは、2つ目のテキストを
タイムラインに挿入し、
文字を変更しましょう。

158-premiere_elements_015



3本のテキストを入れ、
長さなど調整しました。

158-premiere_elements_016



YouTubeにアップしました!





これでテキストの入れ方はおしまいです。

次回は、トランジションの入れ方を
解説していきます。

それではお疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク2


プレミアエレメンツ入門の記事

1.体験版をインストール
2.基本的な操作方法
3.BGMを入れる方法
4.テキスト(テロップ)を入れる方法
5.トランジションを入れる方法
6.エフェクトを入れる方法


スポンサーリンク3


2016年動画編集ソフト・サービスランキング表

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 特徴 商品詳細
1位
5点
14,000円 欠点のない優秀な動画編集ソフト。全ソフトの中で1番バランスが良く、動作も軽い。PC画面の録画機能も追加されたため2016年は1位に。
2位
4点
15,000円 ほぼプロ用ソフト並みの機能を初心者でも直感的に操作できる。パソコンのスペックによっては動作が重いことも。
3位
4点
13,000円 動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PC画面の録画機能も有。唯一、トランジション設定に難有り。
4位
3点
7,000円 とにかく動作が軽い。パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。使い方の情報が少ないので、ガイドブック付の購入は必須。
5位
2点
無料 Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめ。
6位
2点
無料 元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトと同等の機能。使いづらいところがあるが、慣れてしまえば特に問題はない。
7位
2点
無料 色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。
8位
1点
7,000円 完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。
番外
3点
無料 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。
番外
2点
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。
番外
1点
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)