【ビデオカメラ用語解説】光学ズームとは?


ビデオカメラ用語解説、光学ズームとは?

こんにちは! hamochikuです。

ビデオカメラを購入するにあたって
知っておくと便利な用語の解説をします。

今回の用語は『光学ズーム』です。

スポンサーリンク

【PickUp!】


光学ズームはキレイなズーム


ここでもややこしい説明は省いて
カンタンにいうと、
光学ズームはキレイなズームです。

176-001

     ↓

176-002



一方、電子ズームは汚いズームです。
画像を無理やり拡大し大きく見せます。

176-001

     ↓

176-003

電子ズームはボケてこんな感じになります。



光学ズームを使うとキレイに
ズームカットを撮影することができます。

176-002

しかし、光学ズームには寄れる限界があります。

どうしても遠くのものを
大きく映す必要がある場合、
電子ズームは活躍します。

176-004

が、やはり無理やり拡大しているので、
当然画質は悪くなります。

だけど、必ずしもキレイな画が
良い画とは限りません。


多少汚くてもしっかり被写体が見えているほうが、
よい映像になる場合もたくさんあるのです。

といっても、ズームは初心者には
光学・電子を問わず扱いづらい技術です。

基本的にはズームを使わず、
自分で被写体に寄って撮影するようにしましょう!

では、引き続き用語解説を行っていきます。

また次の記事でお会いしましょう!

カテゴリー: 用語解説 タグ: パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)