ブログを2年続けたら、本を出版することになった


178

こんにちは! hamochikuです。

タイトルの通りですが、
今度、本を出版することになりました。

スポンサーリンク

【PickUp!】


どんな内容の本なのか?


内容は、Mac用動画編集ソフト
iMovieの使い方です。



178-001

逆引きマニュアル本として、
初心者向けに分かりやすく
詳しく解説をしています。


スポンサーリンク1


本を出版することになった経緯


2013年の12月頃、
出版社の方から「本を出さないか?」
とメールで連絡を受けました。

私の「カンタン動画入門」という
このサイトを見て、連絡をされたそうです。

本の内容は、iMovieの逆引きマニュアル、
ということが最初から決まっていました。

私は、ぜひ書いてみたい、と返事をしました。


スポンサーリンク2


カンタン動画入門とは?


カンタン動画入門は、初心者のための
動画制作の入門サイトです。

名前そのまんまですね。

確か2012年の春頃に、
WordPressの練習がてら立ち上げたのが始まりでした。

飽き性であることや、
途中googleのペナルティにあったり、
更新がなかなか続かない時もありましたが、
なんとか今も続けることができています。

2013年4月には、月間PVが10万あるかないか、
そのくらいだったと思います。

記事に感謝のコメントがついたり、
質問がくるようになったり、
ようやくアクセス数が伸び始めていた頃、
本の執筆の依頼が来たのです。


スポンサーリンク3


本なんて書いたことないんですけど…


しかしもちろん、本なんて書いたことありません。

不安になって編集者さんに聞きましたが、
プロの編集が入るため問題ない、
安心してほしい、といわれました。

実際その通りで、
かなり分かりやすく書き直してもらったり、
追加してもらったり助けていただきました。

素人でもなんとかなるもんですね…。


スポンサーリンク4


執筆期間について


結局、8ヶ月ほどかかりました。

当初、半年くらいで、と考えていたのですが、
本業もありますし、
個人的な様々な事情もありだいぶ待っていただきました。

怒られやしないかとびくびくしていましたが、
そんなこともなく丁寧に対応していただき、
本当に感謝です。


スポンサーリンク5


原稿料について


正直いって、かなり安いです。

というのも、このボリュームの記事を
このブログに載せれば広告量で
もっとよい結果を出せるからです。

もちろん印税はありますが、
専門書なので何万部も売れるものではないと
私は思っていますし、実際そうでしょう。


執筆を受けたわけ


しかし、原稿料交渉もせずに
執筆を受けたのにはわけがあります。

それは「本を出した」という事実の獲得です。

確かにネットの時代、
本の地位は下がってきているかもしれません。

けれど、誰でも表現ができるネットと、
誰でも表現できるわけではない紙媒体とで比べると、
いまだに「本を出す」という事実には大きな影響力があるのは
間違いありません。

これはひとつのブログを続ける
モチベーションにもつながりますし、
この2年半、遣り通した成果のようにも思えます。


本を書いてみて


この記事をご覧になっている方は、
恐らく「出版する」ということに
何らかの興味を持っている方だと思います。

このブログの内容とはあまり関係ありませんが、
ひとつのことをコツコツ続けることで、
誰にでも出版するチャンスはあります。

もちろん、ジャンルだとか、
タイミングだとか色々な要因はあると思います。

けれど、続けていれば
私のようなチャンスにめぐり合うこともできるはずです。

個人的に大変な時期に執筆を開始したのですが、
終わってみればなかなかどうして
エキサイティングな経験だったと思います。

色んなことがあるものですね…。

それでは次回からは
いつものように動画入門の記事を書いていきます。

お疲れ様でした。
また次の記事でお会いしましょう!

逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る! (I・O BOOKS)

カテゴリー: その他 タグ: パーマリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)