iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)


iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)

こんにちは!hamochikuです。

今回は、iMovieの使い方、
ナレーション録音(アフレコ機能)について解説していきます。



逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

スポンサーリンク

【PickUp!】


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し


スポンサーリンク1


効果音(サウンドエフェクト)を入れてみよう

iMovieには自分でナレーションを録音できる
「アフレコ機能」があります。

内蔵マイクや外部マイクを使って、
ムービーにナレーションを入れてみましょう。


ナレーションを録音してみよう

メニューの「ウィンドウ」→「アフレコを録音」をクリックしてください。

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)


プレビュー画面にマイクと設定ボタンが表示されます。

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)


設定ボタンをクリックして、
「入力源」や「音量」を設定してください。

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)


設定が終わったら、
次にナレーション音声を使いたいタイムラインの位置に、
白い縦線(再生ヘッド)を移動させましょう。

マイクボタンをクリックすると
3秒間のカウントダウンが始まります。

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)

カウントダウンが終わったら、
タイムラインで再生ヘッドが動き始めるので、
それに合わせてマイクに向かってナレーションを入れましょう。


赤くなったマイクボタンをクリックすると、録音が終了します。

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13)


ナレーションの音声が長すぎた場合は、
編集をしてムービーに合わせるか、
ムービーを音声に合わせて編集しましょう。


スポンサーリンク2


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し

↓私、hamochikuが書いたiMovieの入門書です!
おすすめなので、ぜひご覧になってください。
逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

iMovieの使い方 ナレーション録音(アフレコ機能) Macで動画編集する方法(13) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ゲーム実況の動画制作や編集に役立つおすすめサイト8選【初心者向け】 | クリエイティブかくめい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)