機材 ビデオカメラ

ビデオカメラの選び方 最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?

掲載・更新日

ビデオカメラの選び方 最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。

今回は、2016年最新のビデオカメラと、2015年の型落ちビデオカメラの比較をしてみました。
比較したメーカーは、SONY、Panasonic、JVC、CANONの4社です。

果たして、どのような違いがあるのでしょうか?


ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの3点
(5)ビデオカメラ用SDカードの選び方
(6)おすすめのビデオカメラレンタルの相場・業者 5社まとめ
(7)ビデオカメラをレンタルしてみた
(8)ふるさと納税でもらえるビデオカメラまとめ
(9)動画撮影用一眼レフカメラ 比較ランキング


data-full-width-responsive="true">

最新機種でも、スペック・機能はほぼ同じ

ビデオカメラの選び方 最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
結論からいうと、2015年と2016年を比較してみスペック・機能はほぼ同じでした(笑)
これが見事なまでに同じで見分けがつきません。

唯一のハッキリした違いといえば、値段です。
なんと、新旧の間で約7000円~1.8万円の差がありました。

しかし、スペック・機能はほぼ同じなのです。
メーカー側も毎年新作を発表しなければいけないのは分かりますが、果たしてこれでいいのか(笑)

SONY、Panasonic、JVC、CANONの各機種で新旧比較表を作ってみましたので、ぜひ確認してみてください。


data-full-width-responsive="true">

SONYソニーのビデオカメラ2015年製と2016年製の比較

まず、2015年製のSONY HDR-CX480と、2016年製のSONY HDR-CX485を比較してみました。

結論からいうと、2015年製と2016年製の違いは、手振れ補正機能である『インテリジェントアクティブモード搭載』の有無だけでした。
より手振れを防ぐことができる機能ですが、これに1万円高く出す価値があるかどうかは疑問です。

それ以外の重要な機能は見事に一緒。
型落ちの2015年製を検討する価値ありです。
発売年 2015年製 2016年製
機種名
ズーム 光学30倍 光学30倍
重さ 250g 250g
手振れ補正 光学式(アクティブレンズ方式) 光学式(アクティブレンズ方式、インテリジェントアクティブモード搭載
レンズ35mm換算 26.8mm-804.0mm 26.8mm-804.0mm
イメージセンサー
(撮像素子画素数)
1/5.8型 1/5.8型
F値 F1.8-4.0 F1.8-4.0
画素数 229万画素 229万画素
内蔵メモリ 32GB 32GB
目安価格 40,000円 50,000円
詳細


Panasonic パナソニックのビデオカメラ2015年製と2016年製の比較

Panasonicは、2015年製のPanasonic HC-V360Mと、2016年製のPanasonic HC-V480Mを比較してみました。

その結果、内蔵メモリの容量が16GBから、32GBに多くなっていたことが判明しました!
それ以外の重要な項目はやはりまったく同じです(笑)

メモリの容量は、SDカードを差し込めば増設でき、16GBのSDカードの値段は1,000円しません
7,000円の価値はないので、2015年製で問題なさそうですね。



発売年 2015年製 2016年製
機種名
ズーム 光学50倍 光学50倍
重さ 256g 256g
手振れ補正 光学式、傾き補正 光学式、傾き補正
レンズ35mm換算 28.0mm-1740mm 28.0mm-1740mm
イメージセンサー
(撮像素子画素数)
1/5.8型 1/5.8型
F値 F1.8-F4.2 F1.8-F4.2
画素数 220万画素 220万画素
内蔵メモリ 16GB 32GB
目安価格 30,000円 37,000円
詳細


JVC ケンウッドのビデオカメラ2015年製と2016年製の比較

JVCは、2015年製のJVC GZ-RX500と、2016年製のJVC GZ-RX600-Dを比較してみました。

結果、2016年製は、2015年製と比べて、なんと3g重くなっていました!
以上です(笑)

カタログのスペックを見ると、2016年製にのみ防水、防塵などの機能が追加されていますが、2015年製にもその機能はついています。

価格差は1.6万円。

3g重くなって、さらに値段が高い・・・。
重要項目はまったく同じなので2015年製で問題なさそうですね。

発売年 2015年製 2016年製
機種名
ズーム 光学40倍 光学40倍
重さ 292g 295g
手振れ補正 電子式 電子式
レンズ35mm換算 40.5mm-1990mm 40.5mm-1990mm
イメージセンサー
(撮像素子画素数)
1/5.8型 1/5.8型
F値 F1.8-6.3 F1.8-6.3
画素数 229万画素 229万画素
内蔵メモリ 64GB 64GB
その他 防水/防塵、耐衝撃/耐低温 防水/防塵、耐衝撃/耐低温
目安価格 34,000円 50,000円
詳細


CANON キヤノンのビデオカメラ2015年製と2016年製の比較

最後にCANONですが、2015年製のCanon iVIS HFR62と、2016年製のCanon iVIS HF R72を比較してみました。

2016年製は、2015年製よりも20g重くなっていました。
以上です(笑)

他の重要項目、まったく同じです!
一体なぜ20g重くなってしまったのか皆目検討もつきません・・・。

というわけで、2015年製でも問題はなさそうですね。

発売年 2015年製 2016年製
機種名
ズーム 光学32倍 光学32倍
重さ 290g 310g
手振れ補正 光学式+電子補正 光学式+電子補正
レンズ35mm換算 38.5mm-1232mm 38.5mm-1232mm
イメージセンサー
(撮像素子画素数)
1/4.85型 1/4.85型
F値 F=1.8-4.5 F=1.8-4.5
画素数 207万画素 207万画素
内蔵メモリ 32GB 32GB
目安価格 37,000円 42,000円
詳細


ビデオカメラ2015年製と2016年製の比較まとめ

今回紹介したのはあくまで一部のカメラです。
私が知らないだけで、大進化を遂げたビデオカメラ、機能があるのかもしれません。

しかし、今回の調査からも分かるように、機種が新しくても機能がほとんど同じで、値段が高いだけの場合があります。

もし気になるビデオカメラがあれば、型落ちの同レベルの機種のカタログスペックを比較してみてください。機能は同じで値段に違いがあるのであれば、安いほうの購入をおすすめします。

ビデオカメラを購入すると、予備のバッテリーや、ビデオカメラケースなど、他にもお金がかかってしまいます。しかし、1万円安い機種を購入することができれば、その1万円で他の備品を購入することができるのです。

古い機種の情報は家電量販店では確認できないかと思いますので、ネットの公式ページを活用してみてください。

それではお疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう。


ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの3点
(5)ビデオカメラ用SDカードの選び方
(6)おすすめのビデオカメラレンタルの相場・業者 5社まとめ
(7)ビデオカメラをレンタルしてみた
(8)ふるさと納税でもらえるビデオカメラまとめ
(9)動画撮影用一眼レフカメラ 比較ランキング

  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-機材, ビデオカメラ
-, , , ,

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.