動画ソフト・アプリ

PowerDirector16の使い方(4) テキストテロップの挿入方法 動画編集ソフト パワーディレクター入門

掲載・更新日

PowerDirector16の使い方(4) テキストテロップの挿入方法 動画編集ソフト パワーディレクター入門
こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。

今回は、動画編集ソフトPowerDirector16のテキストテロップの挿入方法について解説します。



PowerDirector16の使い方記事一覧

(1)ソフトウェア・機能の紹介
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
動画編集ソフトランキング

PowerDirector19レビュー
PowerDirector18レビュー
PowerDirector17レビュー
PowerDirector16レビュー
PowerDirector15レビュー
PowerDirector14レビュー
PowerDirector12レビュー

PowerDirectorアンドロイドレビュー


テキストテロップの挿入方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

ではさっそくテキストテロップを挿入してみましょう!

テキストテロップを新しく挿入する方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

まず画面左のTマーク『タイトルルーム』ボタンをクリックしてください。
タイトルルームボタン PowerDirector16の使い方


右側にタイトルルームと、いくつかのデザインテンプレートが表示されました。
タイトルルーム PowerDirector16の使い方


今回は『デフォルト』というタイトルをマウスでクリックしたまま、タイムラインの『T』ラインに挿入しましょう。
タイトルのタイムラインへの挿入方法 PowerDirector16の使い方


挿入したタイトルの位置や長さを調整しましょう。
タイトルのタイムラインへの挿入方法 PowerDirector16の使い方



テキストテロップの文字を編集する方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

次にタイトルの編集をしてみましょう。

タイムラインに挿入したタイトルバーをダブルクリックしてください。
タイトルの編集方法 PowerDirector16の使い方


『タイトルデザイナー』が立ち上がります。ここで文字や、色など様々な設定が行えます。
タイトルデザイナー PowerDirector16の使い方


画面右上のプレビュー画面上のテキストを選択して、好きな文字を打ち込んでみましょう。
タイトルデザイナー PowerDirector16の使い方


打ち込んだ文字が反映されました!
文字の変更方法 PowerDirector16の使い方



テキストテロップの位置を変更する方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

しかし、テキストテロップが真ん中にあり画がよく見えません。そこで、テキストを中央下に移動させてみましょう。
文字の変更方法 PowerDirector16の使い方


テキストテロップをマウスでつかんだまま、下中央に移動させてください。
タイトル・テロップの位置を変更する方法 PowerDirector16の使い方


テキストテロップの位置を変えることができました。
タイトル・テロップの位置を変更する方法 PowerDirector16の使い方


次に、移動させたテキストテロップを完全に中央になるように調整してみましょう。

テキストテロップをマウスで一度選択→右下の四角い『オブジェクトの整列』ボタン→『水平方向中央』をクリック。
タイトル・テロップの水平方向中央設定の方法 PowerDirector16の使い方


これでテキストテロップが完全に中央に移動し、バランスがよくなりました。
タイトル・テロップの水平方向中央設定の方法 PowerDirector16の使い方

細かい作業ですが、テロップごとに位置が微妙にずれていると後々違和感がでて、いかにも素人っぽくなってしまいます!中央ぞろえはぜひ使うようにしてください。



テキストテロップのデザインを変更する方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

次にテキストが白だと背景と同化し見にくい場合があります。そこでデザインを変更してみましょう。

タイトルデザイナーの左側がデザイン変更用パネルです。
タイトル・テロップのデザインを変更する方法 PowerDirector16の使い方


まずは『境界線』にチェックを入れてみましょう。
タイトル・テロップに境界線をつける方法 PowerDirector16の使い方


テキストテロップの周囲に境界線が新たに表示されました。
タイトル・テロップに境界線をつける方法 PowerDirector16の使い方


次に境界線の色を変更してみましょう。

『単一色』の青など色がついた四角いボタンを押してください。色の設定パネルが立ち上がります。好きな色を選びOK。
タイトル・テロップの境界線の色を変更する方法 PowerDirector16の使い方


テキストテロップの境界線の色が変わりました。
タイトル・テロップの境界線の色を変更する方法 PowerDirector16の使い方


また境界線のサイズの数値を増やすと太くしたり、細くしたりもできます。
タイトル・テロップの境界線の太さを変更する方法 PowerDirector16の使い方

その他、フォントの種類、色、シャドウ(影)などもここで調整できます。しかし、あまり派手に色にしたり、すべてのテキストテロップのデザインが違うと動画に統一感がでません。なるべくデザインは見やすくシンプルに統一することをおすすめします。基本は白と黒を使ってみましょう。



デザインが決まったら、右下の『OK』をクリックし、デザイン変更を確定させましょう。
タイトル・テロップのデザイン変更を確定させる方法 PowerDirector16の使い方



テキストテロップのデザインをコピーする方法 動画編集ソフトPowerDirector16の使い方

テキストテロップのデザインは統一させることをおすすめします。しかし、細かくデザインを変更した場合、新規のテキストを同じように調整するのは大変です。

そこで、テキストテロップそのものをコピーして、手間を省いてしまいましょう。

まずタイムライン上のテキストテロップを右クリック→コピー。
タイトル・テロップをコピーする方法 PowerDirector16の使い方


ペーストしたい位置に赤い縦線を移動させ、右クリック→『貼り付け』→『貼り付けて挿入する』。
タイトル・テロップをコピーする方法 PowerDirector16の使い方


まったく同じテキストテロップがペーストされました!
タイトル・テロップをコピーする方法 PowerDirector16の使い方


あとは位置と長さ、テキストの文字などを変更しましょう。すると再度デザインする必要なく統一感のあるテキストテロップを簡単に作ることができました。
タイトル・テロップをコピーする方法 PowerDirector16の使い方



次はAとBの動画間をふわぁーっとつないだりできる『トランジション』について解説します。
また次の記事でお会いしましょう!

PowerDirector16の使い方記事一覧

(1)ソフトウェア・機能の紹介
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
動画編集ソフトランキング

PowerDirector19レビュー
PowerDirector18レビュー
PowerDirector17レビュー
PowerDirector16レビュー
PowerDirector15レビュー
PowerDirector14レビュー
PowerDirector12レビュー

PowerDirectorアンドロイドレビュー

  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方講師。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月30万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-,

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.