動画ソフト・アプリ

iMovie’13(ver10)の使い方 Macで動画編集する方法(9) 明るさ、カラー調整、手振れ補正など機能一覧 マック・アイムービー入門

投稿日:2018/04/03 更新日:

iMovie’13(ver10)の使い方 Macで動画編集する方法(9) 明るさ、カラー調整、手振れ補正など機能一覧 マック・アイムービー入門

こんにちは!hamochikuです。


今回は、無料で公開されているApple社公式のMac用動画編集ソフトiMovie’13(ver10)の明るさ、カラー調整、手振れ補正などの調整機能一覧を解説します。


内容は、素材の補正などなので中級者向けです。細かいことは気にしない!という方は、次のタイムラインの書き出し方をご覧ください。

この記事は2017年11月にバージョンアップした最新のver10.1.8を使っています。それ以前のiMovie’11の使い方記事はこちら


■iPhone版のiMovie(ver2)の使い方はコチラ


スポンサーリンク

【PickUp!】


iMovie’13(ver10)の使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)編集の準備と、基本的なカット編集
(3)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(4)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
(6)テーマを変えてデザインを変更する方法
(7)フィルタで色味などを変更する方法
(8)小さな小窓(ワイプ)を作るピクチャインピクチャ
(9)明るさ、カラー調整、手振れなど一覧
(10)タイムラインの書き出し方法
(11)写真だけでアニメーションスライドショーを作る方法
iMovie公式ヘルプ
iPhone版のiMovie(ver2)の使い方


スポンサーリンク1


iMovieの各種調整機能

iMovieの動画、写真、音声の各種調整機能をまとめて解説します。

調整機能は、動画などの素材をタイムライン挿入後、ダブルクリックするとプレビュー画面上に表示されるメニューのことです。
メニューアイコン 動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


各種、調整機能は以下の通りです。
・カラーバランス
・色補正
・クロップ
・手振れ補正
・ボリューム
・ノイズリダクションおよびイコライザ
・速度
・クリップフィルタとオーディオエフェクト


ここではざっくりの解説なので、より詳しく知りたい方は、iMovieの公式ヘルプをご覧ください。
iMovie公式ヘルプ


カラーバランス

素材のカラーバランスを調整する機能です。

・自動:自動でカラーバランスを調整する機能です。
・マッチカラー:別の素材の色に合うように、素材の色を調整する機能です。
・ホワイトバランス:素材の色を白かグレイの基準点に補正する機能です。素材が極端に赤かったり、青かったりする場合に使います。
・スキントーンバランス;素材の色を人の肌の色を基準に補正する機能です。
カラーバランス画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


色補正

素材の明るさなどを調整する機能です。

・シャドウを調整して暗い領域を明るく/暗く
・コントラストを調整して明るい領域と暗い領域の差を増減
・ブライトネスを調整してクリップを明るく/暗く
・コントラストを調整して明るい領域と暗い領域の差を増減
・ハイライトを調整して明るい領域を明るく/暗く
・サチュレーションを調整してクリップの鮮やかさを増減
・色温度を調整してカラーを暖かく/冷たく

色補正画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


クロップ

素材の画面上でのサイズ変更や、アニメーション設定、素材の回転などの機能です。

・フィット:初期設定の画面サイズにピッタリな設定です。
・サイズ調整してクロップ:動画や写真素材をズームアップし、必要ない部分を切り取ることができます。
・Ken Burns:動画や写真に動きをつける機能です。スライドショーの作り方で詳しく解説します。
・クリップを反時計回りに回転
・クリップを時計回りに回転

クロップ画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


手振れ補正

素材の手振れ補正や、ローリングシャッターという現象を補正する機能です。

・ビデオの手振れを補正:動画素材の手振れを補正します。
・ローリングシャッターを補正:高速に動くものを撮影すると起きる現象を補正します。
手振れ補正画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


ボリューム

音量を調整する機能です。

・音量:素材の音量を調整する機能です。
・他のクリップの音量を下げる:該当する音声をハッキリ聞こえる様に、他の音量を下げる機能です。
ボリューム画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


ノイズリダクションおよびイコライザ

素材のノイズを軽減させる機能です。

・背景ノイズを軽減:不必要な雑音を軽減する機能です。
・イコライザ:音声データの低音や高温部分などを指定し、強調や現象させる機能です。
ノイズリダクションおよびイコライザ画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


速度

素材の再生速度などを変更する機能です。

・速度:動画素材の再生速度を変えることができます。
・スムーズ:速度トランジションのスムージングを有効/無効にします。
・逆再生:動画を逆から再生します。
・ピッチを保持:速度を変えた場合、ピッチ(音の高さ)も変化します。ピッチを保持を有効にすると音が通常通りに聴こえます。
速度画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


クリップフィルタとオーディオエフェクト

素材ごとにフィルタをかける機能や、オーディオに特殊効果をかける機能です。

・クリップフィルタ:29種の反転、白黒、ビンテージなどをフィルタを素材ごとにかける機能です。
・オーディオエフェクト:19種のくぐもり声、ロボット、宇宙などのフィルタを音声ごとにかける機能です。
クリップフィルタとオーディオエフェクト画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


これで、iMovie’13(ver10)の明るさ、カラー調整、手振れなどの調整機能一覧の解説は終わりです。次はいよいよタイムラインの動画を1本のファイルとして書き出す方法を解説します。

スポンサーリンク2


iMovie’13(ver10)の使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)編集の準備と、基本的なカット編集
(3)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(4)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
(6)テーマを変えてデザインを変更する方法
(7)フィルタで色味などを変更する方法
(8)小さな小窓(ワイプ)を作るピクチャインピクチャ
(9)明るさ、カラー調整、手振れなど一覧
(10)タイムラインの書き出し方法
(11)写真だけでアニメーションスライドショーを作る方法
iMovie公式ヘルプ
iPhone版のiMovie(ver2)の使い方

-動画ソフト・アプリ
-,

執筆者:


コメント ※メーカー問い合わせでも不明な内容は回答できない場合があります。またスパムコメント並びに憶測に基づく誹謗中傷などのコメントには法的措置を取りますのでご注意ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




スポンサーリンク

管理人:hamochiku(はもちく)

メール:info■douga-tec.com
(■を@に変えてください)

都内某大手インターネットメディアで動画ニュースなどの制作→東証一部上場企業でウェブマーケティング→地方に移住し、動画などを使った情報発信を行政とコラボ、その他、動画の作り方教室を主催しています!
iMovieの本を出しました。

記事の執筆依頼・月極広告の問い合わせはこちらをご覧ください。

★ライター募集のお知らせ


hamochiku(はもちく)

お気軽に、フォロー、いいね、お願いします!
by

運営:株式会社ドウガテック