カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

iMovie’13(ver10)の使い方 Macで動画編集する方法(10) タイムラインを書き出す方法 マック・アイムービー入門

更新日:

iMovie’13(ver10)の使い方 Macで動画編集する方法(10) タイムラインを書き出す方法 マック・アイムービー入門

こんにちは!hamochikuです。


今回は、無料で公開されているApple社公式のMac用動画編集ソフトiMovie’13(ver10)の編集したタイムラインを1本の動画ファイルとして書き出す方法を解説します。


この記事は2017年11月にバージョンアップした最新のver10.1.8を使っています。それ以前のiMovie’11の使い方記事はこちら


■iPhone版のiMovie(ver2)の使い方はコチラ


スポンサーリンク


iMovie’13(ver10)の使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)編集の準備と、基本的なカット編集
(3)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(4)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
(6)テーマを変えてデザインを変更する方法
(7)フィルタで色味などを変更する方法
(8)小さな小窓(ワイプ)を作るピクチャインピクチャ
(9)明るさ、カラー調整、手振れなど一覧
(10)タイムラインの書き出し方法
(11)写真だけでアニメーションスライドショーを作る方法
iMovie公式ヘルプ
iPhone版のiMovie(ver2)の使い方


スポンサーリンク1


タイムラインを書き出す方法

いよいよ、タイムラインで編集した動画を書き出します!


画面右上の『共有』ボタンをクリック→『ファイル』。

共有ボタン  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


『ファイル』ウィンドウが開きます。以下の項目を編集しましょう。


・説明
・タグ
・フォーマット:ビデオとオーディオ、オーディオのみ
・解像度:540P、720P、1080P(通常はフルHD画質の1080Pを選択) ※4K素材を編集した場合は4Kも表示される。
・品質:低、中、高、最高(ProRes)、カスタム ※ProResは業務用なので通常は『高』を選択。
・圧縮:高速、品質優先

書き出しファイル設定画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


すべて入力、選択が済んだら、『次へ』。

書き出しファイル設定画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


保存するファイル名、保存場所を決め、『保存』。

ファイル名保存場所設定画面  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


画面右上に丸いアイコンが表示されます。書き出しが進むと、丸が白くなっていきます。

ファイル書き出し待ちアイコン  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)


書き出しが終わると、ポップアップメッセージが表示されます。

書き出し完了ポップアップメッセージ  動画編集ソフトiMovie’13(ver10)

指定場所にタイムラインの動画が書き出されました。さっそく再生して確認してみましょう!



これで、iMovie’13(ver10)のタイムラインを書き出す方法の解説は終わりです。10回に渡って解説してきたiMovie入門はここで終了です。おまけで、写真のみで作るアニメーションスライドショーの作り方を追加で解説します。


スポンサーリンク2


iMovie’13(ver10)の使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)編集の準備と、基本的なカット編集
(3)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(4)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
(6)テーマを変えてデザインを変更する方法
(7)フィルタで色味などを変更する方法
(8)小さな小窓(ワイプ)を作るピクチャインピクチャ
(9)明るさ、カラー調整、手振れなど一覧
(10)タイムラインの書き出し方法
(11)写真だけでアニメーションスライドショーを作る方法
iMovie公式ヘルプ
iPhone版のiMovie(ver2)の使い方

-動画ソフト・アプリ
-,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.