カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方(2) 基本的なカット編集、書き出し方法 フォト入門 windows用フリー無料

更新日:

動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方(2) 基本的なカット編集、書き出し方法 フォト入門 windows用フリー無料

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのhamochikuです。


今回は、Windows10に標準でインストールされている動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方、編集の準備と、基本的なカット編集、書き出し方法の解説をします。


スポンサーリンク


MicroSoftフォトの使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)基本的なカット編集と書き出し
(3)BGM音楽の挿入と音量調整
(4)テキストの挿入方法
(5)フィルターの入れ方
(6)テーマでデザインを一括変更
(7)動画の書き出し方法
(8)動画の自動編集方法
(9)写真を使ったスライドショーの作り方

スポンサーリンク1


MicroSoftフォトを立ち上げる方法

まずWindows10の左下にあるスタート窓ボタンをクリック→ソフトウェア一覧の『は』にある『フォト』をクリックしてください。

動画編集ソフトMicroSoftフォトの立ち上げ方


フォトが立ち上がりました。

動画編集ソフトMicroSoftフォトの立ち上げ方


フォトはWindows10であればすでにインストールされています。もし見つからない場合は公式サイトからダウンロード(フォト)してください。




スポンサーリンク2


動画・写真ファイルの読み込み方

フォトのファイルの読み込み方はかなり独特です。読み込んだのにファイルが表示されない場合は、一度ソフトを再起動してみてください。


まず画面右上の『インポート』をクリック。

インポートの手順 動画編集ソフトMicroSoftフォト


『フォルダ』からをクリック。

インポートの手順 動画編集ソフトMicroSoftフォト


動画や写真素材が入ったフォルダを選択し、『ピクチャをこのフォルダーに追加』をクリック。

インポートの手順 動画編集ソフトMicroSoftフォト

※この際、動画や写真がフォルダ上で見えない場合がありますが気にせず追加しましょう。



『フォルダ』タブをクリックすると、追加したフォルダが表示されています。もし表示がない場合はソフトを再起動させましょう。

インポートしたフォルダの場所 動画編集ソフトMicroSoftフォト



スポンサーリンク3


ビデオプロジェクトを作る方法

画面右上の『作成』→『音楽入りカスタムビデオ』をクリック。

ビデオプロジェクトを作る方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト


『新しいビデオの作成』画面が表示されます。画面には追加したファルダ内の動画や写真が表示されます。

新しいビデオの作成画面 動画編集ソフトMicroSoftフォト


その中から動画編集に使いたい素材を試しに3つほど選んでみましょう。ファイルの右上をクリックし、チェックします。

素材の選択 動画編集ソフトMicroSoftフォト


画面右上の『作成』をクリック。

ビデオプロジェクトの作成 動画編集ソフトMicroSoftフォト


ビデオプロジェクトの作成が自動で始まります。

ビデオプロジェクトの作成 動画編集ソフトMicroSoftフォト


ビデオプロジェクトの名前を記入し、OK。分かりやすいように日付を名前の頭に入れておきましょう。

ビデオプロジェクトの名前付け 動画編集ソフトMicroSoftフォト


新しいビデオプロジェクトが完成しました。

新しいビデオプロジェクト完成 動画編集ソフトMicroSoftフォト



スポンサーリンク4


縦動画を作る方法

ここまでの解説では、横向きの動画ファイルを使って説明しました。次に縦向きの動画を作る方法も解説します。横動画の方はこの項目は飛ばしても大丈夫です。


プロジェクトに縦動画を読み込むと、以下の画像の様に左右に黒い帯ができてしまいます。初期状態のフォトは横動画を作る形式になっているからです。

縦動画を作る方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト


そこでプロジェクトを横動画仕様から、縦動画仕様に変更してみましょう。


画面右上の『縦横比を変更する』ボタンをクリック。

縦横比変更ボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


『縦向きで作成する』をクリック。

縦横比変更ボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


するとプレビューウィンドウに表示される動画が縦動画になりました。左右の黒帯も消えました。

縦横比変更 動画編集ソフトMicroSoftフォト


しかし、今度はプロジェクトで使っていた横動画ファイルの上下に黒帯ができてしまいました。

横動画の上下黒帯 動画編集ソフトMicroSoftフォト


基本的にひとつのプロジェクト内の素材は、縦か横か統一して使うのがおすすめです。しかしどうしても一部、縦横違う素材を使いたい場合は『サイズ変更』をしましょう。


縦動画に合わず上下に黒帯ができてしまった動画ファイルを選択→『サイズ変更』をクリック。

サイズ変更ボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


『黒いバーの削除』をクリック。

黒いバーの削除 動画編集ソフトMicroSoftフォト


上下の黒帯が消え、縦動画になりました。

黒いバーの削除 動画編集ソフトMicroSoftフォト

ただし見ての通り、無理やり拡大して縦に対応しただけです。拡大したい位置を変更することはできないので、あくまで応急措置だと思ってください。




スポンサーリンク5


動画の長さを変更する方法 トリミングの仕方

フォトの新しいプロジェクトを開くと自動的に画面下のタイムラインにすべての素材が挿入されています。

新しいビデオプロジェクト完成 動画編集ソフトMicroSoftフォト


このままだと、動画の秒数が長すぎる場合があるので短く前後をカット、トリミングしてみましょう。


編集したいタイムライン内の動画ファイルをクリック→『トリミング』。

トリミングボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


トリミング画面が表示されます。画面下にあるボタンを左右に動かすと、開始位置と終了位置を変更することができます。右上にはトリミング後の動画の長さが秒数表示されます。

トリミング画面 動画編集ソフトMicroSoftフォト


まず左側の開始位置ボタンをクリックしたまま右にずらしましょう。

トリミング画面 動画編集ソフトMicroSoftフォト


次に終了位置も左に移動させ調整します。

トリミング画面 動画編集ソフトMicroSoftフォト

基本的に動画の長さは1カット3~5秒程度がおすすめです。テキストテロップを入れる場合は読む時間も必要なので若干長くしてもOKです。もちろん、長くても視聴者が楽しめるものであれば長くても問題ありません。



開始終了点の編集が済んだら、画面右下の『完了』をクリック。

トリミング編集完了ボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


タイムライン上のトリミングした動画ファイルの長さが編集した通り3秒になりました。

トリミング後のファイルの長さ 動画編集ソフトMicroSoftフォト

残り2つの動画も同じように3秒程度にトリミングしてみましょう。




タイムライン上の動画ファイルの位置を変更する方法

フォトはプロジェクトを作ると自動で、動画ファイルがタイムラインに挿入されます。そこで動画の順番を入れ替えてみましょう。


3番目の動画ファイルを左クリックで長押ししましょう。

タイムライン内の動画ファイルの順番を入れ替える方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト


動画ファイルをマウスでつかんだまま、1つ目と2つ目の動画ファイルの間に移動させてください。

タイムライン内の動画ファイルの順番を入れ替える方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト
タイムライン内の動画ファイルの順番を入れ替える方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト


3番目の動画ファイルの位置が変更されました。

タイムライン内の動画ファイルの順番を入れ替える方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト



タイムラインの動画をプレビュー再生する方法

タイムラインに並べて編集した動画を一度再生してみましょう。


画面右上にあるプレビューウィンドウの三角の再生ボタンをクリックしてください。タイムラインの再生が始まります。

タイムライン内の動画ファイルを再生する方法 動画編集ソフトMicroSoftフォト

何か気になるところがあればタイムライン内で再度編集し調整しましょう。




タイムラインの動画を書き出しする方法

この次の記事でBGM音楽やテキストテロップの入れ方を解説しますが、ひとまず編集したタイムラインの動画を1本の動画ファイルとして書き出ししてみましょう。


画面右上の『エクスポートを共有』ボタンをクリック。※表示されていない場合は右端の3つの点々を押すと表示されます。

エクスポートと共有ボタン 動画編集ソフトMicroSoftフォト


エクスポートと共有画面が表示されるので、一番サイズが大きくキレイな『L』をクリックしましょう。

書き出しサイズの選択 動画編集ソフトMicroSoftフォト


書き出しが始まります。

書き出し中 動画編集ソフトMicroSoftフォト


書き出しが完了すると動画が保存された場所や、このアプリ内で表示するなど再生方法が表示されます。再生して確認してみましょう。

書き出したファイルの場所 動画編集ソフトMicroSoftフォト



MicroSoftフォトのプロジェクトの場所

フォトで作ったプロジェクトは自動で『ビデオプロジェクト』に保存されます。もう一度、編集をしたい場合は『ビデオプロジェクト』から、名前を付けたプロジェクトを選び編集しましょう。

ビデオプロジェクトの場所 動画編集ソフトMicroSoftフォト

次の記事では、BGM音楽の入れ方について解説します。


MicroSoftフォトの使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)基本的なカット編集と書き出し
(3)BGM音楽の挿入と音量調整
(4)テキストの挿入方法
(5)フィルターの入れ方
(6)テーマでデザインを一括変更
(7)動画の書き出し方法
(8)動画の自動編集方法
(9)写真を使ったスライドショーの作り方

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.