ビデオカメラ

【レビュー】YI 4Kスペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ

掲載・更新日

【レビュー】YI 4Kスペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ
管理人ウチムラワタル

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。


今回は、2017年に発売されたアクション・ウェアラブルカメラ『YI 4K』を実際に購入し、使ったみた感想を紹介します。



アクションカメラ関連記事

アクションカメラ おすすめランキング・まとめ

アクションカメラ・ウェアラブルカメラとは?

アクションカメラとは、手持ち撮影はもちろん、衣服や乗り物などに装着・固定して動画を撮影できるビデオカメラをいいます。

【2018】アクションカメラの選び方3つのポイント おすすめ比較ランキング 8機種


スポーツや、バイク、車好きの方におすすめのカメラで、色々格好良い動画を撮影することができます。


【サンプル】YI 4Kで自転車に付けて動画撮影 アクションカメラレビュー





YI 4Kを使ってみた感想

以下、複数のアクションカメラを実際に買って使っている私のYI 4Kの感想です。

YI 4Kスペック一覧

アクションカメラ 特徴
YI 4K

19,000円
今まで使ってきた1万円台のミドルスペックのアクションカメラで一番評価が高いです。画質も格安カメラと比べて明るくキレイ!ボタンは起動ボタンのみで、他はすべてタッチスクリーン操作で分かりやすい。タッチスクリーンはきびきび動き扱いやすい。GoProやSONYなどは4万円台なので、その半額以下の値段のYI 4Kを選ぶのはあり。コスパが非常に高い。ただし、4K撮影では手振れ補正は使えない。手振れ補正を使う場合は、2.7K(1520p30/60)か、1080p30/60。

4K30、2.7K30/60、1440p30/60、1080p30/60/120など。※4Kと1080p120は手振れ補正不可。

→アプリYI Action iOS/アンドロイド
サンプル動画 自転車に付けて撮影
4K 手振れ補正 カメラモニタ 液晶モニタ 防水 本体/ケース Wi-Fi/BT タッチパネル アプリ
×/× 〇/×

※『BT』はbluetoothの略。


総合評価

1万円台の4Kアクションカメラとしては最高品質といっていいでしょう。画質は明るくキレイで、手振れ補正機能も強力。ボタンは起動ボタンのみで、あとはすべてタッチスクリーンで操作できカンタンです。またタッチスクリーンもきびきび動き、かなり性能が良いです。


GoPro、SONYのアクションカメラの半額以下の値段でこの性能はかなり驚きです。GoProを購入しようと思っている方も、このYI 4Kを2台買ってパートナーと一緒に使う、別アングルの撮影で使う、予備機として使うなどもありです。


ただし4K撮影の場合は手振れ補正がききません。手振れ補正はアクションカメラで必須なので、撮影時は4Kではなく2.7KかフルHD1080pを使うことになります。また、1080p120も手振れ補正は不可です。

YI 4Kアクションカメラ


画質

テスト撮影は2.4Kで自転車のハンドル下にクリップマウントを使って行いました。

YI 4K自転車クリップマウント アクション・ウェアラブルカメラ


撮影は2.7Kの手振れ補正機能ON状態で行いました。撮影時は雨でしたが、明るく高画質で、格安アクションカメラと比べると段違いです。これで1万円台は驚きです。

YI 4K画質 アクション・ウェアラブルカメラ
YI 4K画質 アクション・ウェアラブルカメラ


手振れ

手振れ補正機能もかなり強力です。石畳を自転車で走りましたが、揺れはほぼ気になりません。格安アクションカメラと比べると雲泥の差です。


【サンプル】YI 4Kで自転車に付けて動画撮影 アクションカメラレビュー




使いやすさ

起動ボタンのみで、あとはタッチスクリーンだけなので操作はカンタンです。タッチスクリーンの動作も良く、画面の配置も分かりやすいです。

YI 4Kアクションカメラ
YI 4Kアクションカメラ
モニターYI 4Kアクションカメラ
USB端子 YI 4Kアクションカメラ
起動ボタンYI 4Kアクションカメラ
底面ネジ穴 YI 4Kアクションカメラ



YI 4Kのアクセサリー・付属品

YI 4Kには、以下の付属品が付いています。


・本体、バッテリー、USBケーブル、説明書

本体と付属品 YI 4Kアクションカメラ

関連記事

DB POWER SJ4000

【レビュー】おすすめの格安アクションカメラDB POWER SJ4000で撮影してみた GoPro同規格

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、格安なのにGoProそっくり同規格のアクションカメラDB POWER SJ4000を紹介します。

【速報】PowerDirector18発売開始

【速報】PowerDirector18発売開始

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 動画編集ソフトPowerDirector18が2019年9月に発売されました。値段や17との違いはどうなっている ...

DJI Osmo Action アクション・ウェアラブルカメラ

【レビュー】DJI Osmo Action スペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、アクション・ウェアラブルカメラ『DJI Osmo Action』を実際に使ったみた感想を紹介します。

【レビュー】GoPro HERO6の使い方・設定方法 おすすめのアクション・ウェアラブルカメラ

【レビュー】GoPro HERO6スペック比較・使い方・設定方法 おすすめのアクション・ウェアラブルカメラ

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、2017年に発売された大人気の最新アクション・ウェアラブルカメラ『GoPro HERO6』について解説し ...

動画用カメラの選び方

動画用カメラの選び方

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は動画撮影機材の選び方を分かりやすく解説します。ビデオカメラやスマートフォンなど自分にあった機材を選んでみま ...

  • この記事を書いた人

内村航(hamochiku)福本航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科の動画講座非常勤講師。株式会社ロボット主催合志市クリエイター塾講師。CyberLink MVP。大分ふるさとCM大賞第15回大賞動画の技術指導。動画編集ソフトの解説書『逆引きiMovie動画編集』を工学社から出版。月刊BANコラム執筆。Googleマップローカルガイド動画エキスパート。より詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、YouTuber、プロ向け人気動画ソフトの選び方や、動画編集ソフトのわかりやすい使い方も記事と動 ...

【2020】動画編集アプリおすすめ人気ランキング無料有料iPhone/Android 2

iPhone/アンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを作りました。 初心者や、YouTuber向け、パソコン並みの高性能アプリのおすすめを ...

動画の作り方入門 3

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が ...

漫画『YouTuberになる方法 ぽ子のばあい』 4

漫画形式でYouTuberのなりかたや、動画作り基礎を解説します。 最新の更新はTwitterフォローで確認お願いします。

-ビデオカメラ
-

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.