カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

PowerPointで動画を作る方法(2) パワーポイントデータの簡易的な動画化 パワーポイント動画入門 windows用

更新日:

PowerPointで動画を作る方法(2) パワーポイントデータの簡易的な動画化 パワーポイント動画入門 windows用

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのhamochikuです。


今回は、Windows用のプレゼンテーション資料作成ソフトPowerPoint(パワーポイント)を使った動画の作り方、パワポデータを動画で出力する方法を解説します。


スポンサーリンク


PowerPointで動画を作る方法の使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)パワーポイントデータの簡易的な動画化
(3)BGM音楽の挿入
(4)アニメーション設定
(5)動画の挿入
(6)タイミング制御とナレーション

スポンサーリンク1


PowerPointデータを動画として出力する方法

まず出来上がったパワポデータを用意しましょう。

PowerPoint資料 PowerPointで動画を作る方法


次に画面左上メニューの『ファイル』をクリック。

PowerPointファイルメニュー PowerPointで動画を作る方法


『エクスポート』をクリック。

エクスポートメニュー PowerPointで動画を作る方法


『ビデオの作成』。

ビデオの作成 PowerPointで動画を作る方法


『ビデオの作成』画面が表示されます。

ビデオの作成画面 PowerPointで動画を作る方法


次に『フルHD(1080p)』と表示されている動画サイズ設定をクリックしてください。下に開くので、好きなサイズを選びましょう。基本は『フルHD(1080p)』のままで良いでしょう。

ビデオサイズの設定 PowerPointで動画を作る方法


最後に『各スライドの所要時間(秒)』を設定します。初期では5秒になっています。5秒経つと次のスライドへ動画の画面が変わるので、スライドデータにあった長さにしましょう。

各スライドの所要時間設定 PowerPointで動画を作る方法


すべての設定が終わったら、『ビデオの作成』ボタンを押しましょう。

ビデオの作成 PowerPointで動画を作る方法


動画ファイルの保存先を選びましょう。

ビデオの保存先 PowerPointで動画を作る方法


『ファイルの種類』が初期では『MPEG-4ビデオ(*.mp4)』になっています。『wmv』にも変更できますが、mp4のままで良いでしょう。

ファイルの種類選択 PowerPointで動画を作る方法


最後に『保存』をクリック。

ビデオの保存先 PowerPointで動画を作る方法


画面下に作成進行の状態が表示されるので待ちましょう。

動画の作成中 PowerPointで動画を作る方法


出力が終わると、指定した場所に動画が保存されます。再生して確認しましょう。

出力した動画ファイル PowerPointで動画を作る方法



次の記事では、より細かい動画用のパワポデータの編集方法、BGM音楽の挿入を解説します。



スポンサーリンク2


PowerPointで動画を作る方法の使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)パワーポイントデータの簡易的な動画化
(3)BGM音楽の挿入
(4)アニメーション設定
(5)動画の挿入
(6)タイミング制御とナレーション

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.