カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)9の使い方(2) 基本的なカット編集と書き出しの方法

投稿日:2019/05/24 更新日:

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)9の使い方(2) 基本的なカット編集と書き出しの方法
こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。

今回は、Windows/Mac用の動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)9の使い方、基本的なカット編集と書き出しまでを解説します。

スポンサーリンク

【参加無料】初心者向け動画の作り方教室 東京 2019年7/21(日)


動画編集ソフトFilmoraの使い方記事一覧

(1)動画編集ソフトFilmora9とは?
(2)基本的なカット編集
(3)BGM音楽を挿入する方法、音量調整など
(4)テキストテロップを挿入する方法
(5)トランジションの付け方
動画編集ソフトランキング

動画編集ソフトFilmora9の使い方
動画編集ソフトFilmora8の使い方
動画編集ソフトFilmoraの使い方

購入はコチラ



スポンサーリンク1


基本的なカット編集の方法 動画編集ソフトFilmoraの使い方

まず、Filmoraを起動しましょう。
プロジェクト作成 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


『縦横比を設定』で横長動画の場合は『16:9ワイドスクリーン』、その他正方形、縦動画などを選ぶことができます。
プロジェクト縦横比選択 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


『新しいプロジェクト』をクリック。
新しいプロジェクト作成 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


Filmoraが起動しました。
編集画面 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)



スポンサーリンク2


動画メディアファイルを読み込ませる方法

次に編集したい動画素材をFilmoraに取り込みましょう。

『ここにメディアファイルをインポートする』をクリックしてください。
メディアファイルのインポート 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


ウィンドウが立ち上がるので、編集に使いたい動画素材を選択し、『開く』。複数選択の場合はキーボードの『Ctlr』を押しながらクリック。
メディアファイルのインポート 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


選択した動画ファイルが、Filmoraに読み込まれました。
メディアファイルのインポート 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)



スポンサーリンク3


動画ファイルをタイムラインに挿入する方法

読み込んだ動画ファイルをひとつクリックしたまま、画面下の『タイムライン』に挿入してください。
動画ファイルをタイムラインに挿入する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


『メディアの解像度またはフレームレートが現在のプロジェクト設定と一致しません。プロジェクト接待が一致するように変更します?』と表示される場合があります。
プロジェクト、フレームレートの変更設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)

これは、これから作る動画のサイズ(4K、フルHDなど)やフレームレートと、読み込んだ動画素材のサイズとフレームレートが合っていないので修正しますか?という内容です。基本的には『メディアと一致させる』とクリックでOKです。

もし、動画素材のサイズが4KやフルHDの混合である場合、もしくはフレームレートが60と30が混ざっている場合は、どちらに合わせるか決めて変更しましょう。



スポンサーリンク4


タイムラインを見やすく拡大・縮小する方法

動画ファイルを1つタイムラインに挿入しましたが、タイムライン上のファイルが短く表示され見にくい場合があります。そこで、タイムライン上の表示を拡大・縮小して見やすくしてみましょう。

タイムライン右上の+・-マークをクリックしてみてください。動画ファイルの表示が拡大・縮小されます。
タイムラインの縮小拡大設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)
タイムラインの縮小拡大設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)

また、-マークの左の両側⇔マークをクリックすると、自動で最適な拡大・縮小をしてくれるので便利です。

タイムライン上の動画が長く表示され見やすくなりました。これで、細かいカットなどがしやすくなりました。



スポンサーリンク5


動画ファイルの長さを調整する方法

次にタイムラインに挿入した動画ファイルを短く編集してみましょう。

動画ファイルのバーの右端をクリックしたまま、左に移動させます。
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


動画ファイルが移動させた位置まで短くなりました。
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


左端の頭の部分も同じようにして短くすることができます。
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


頭に隙間があいたので、動画ファイルを左クリックでつかんだまま、左端に詰めてあげましょう。
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)
動画を短くカット編集する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)



動画ファイルを途中でカット分割する方法

動画ファイルは、真ん中など途中で2つに分割することもできます。

動画を分割したい位置の秒数表示辺りをクリックしてください。赤い縦線が表示されます。
分割カットする方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


次にタイムライン上の『ハサミマーク』をクリック。
分割カットする方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


動画ファイルが2つに分割されました。
分割カットする方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)



タイムライン上のいらない動画ファイルを削除する方法

分割していらなくなった動画ファイルを削除してみましょう。

動画ファイル上で右クリック削除 or Deleteキー。
タイムラインの動画を削除する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


いらない動画ファイルがタイムライン上から削除されました。
タイムラインの動画を削除する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)



タイムライン上の動画の並び順を変更する方法

次に、タイムライン上に挿入した動画ファイルの並び順を変更してみましょう。

※Filmora9では、タイムライン内の動画を別の動画間に挿入すると、別の動画に上書きされる仕様になっています。メーカーに問い合わせたところ、近いうちにバージョンアップで上書きされることなく挿入する機能を導入予定とのことです。アップデート前の場合は、毎回素材を別の場所に避難させて編集する必要があり手間がかかります。2019年4月調べ

新たに2つ動画ファイルを追加します。動画素材の読み込み場所で右クリック→『インポート』で複数の素材を選択してください。
動画素材の追加方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


まず2本目の動画を左クリックでつかんだまま、何もない空白に避難させましょう。
タイムラインの動画の位置を変更する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


2本目の動画があった場所に、3本目の動画を移動させてください。
タイムラインの動画の位置を変更する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


最後に後ろに避難させた動画を後ろに移動させて完成です。
タイムラインの動画の位置を変更する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)

この方法をとらずに1本目と2本目の動画の間に3本目を移動させると、そのまま上に乗っかり上書きされてしまうので注意してください。

前バージョンでは、自動で2本目の動画が後ろに下がって、簡単に位置変更ができました。このような設定の動画編集ソフトは他にもないので、設計上のミスだといっていいと思います。2019年の夏ごろまでには修正されると思っています。



タイムライン上の動画を再生する方法

タイムラインに並べた動画を一度、再生してチェックしてみましょう。

画面右上の再生ウィンドウの、再生ボタンをクリックしてください。動画が再生されます。
タイムラインを再生する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)

気になるところがあれば、再度、編集をしましょう。問題なければ、これでカット編集は終了です!



動画プロジェクトを保存する方法

画面左上のメニュー『ファイル』→『プロジェクトを名前を付けて保存』をクリック。
プロジェクトを保存する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)

好きな場所と名前でプロジェクトファイルを保存しておきましょう。このプロジェクトファイルが残っていれば、一度Filmoraを終了しても、また同じデータを編集することができます。動画編集はとてもパソコンのパワーを使うため、パソコンの環境によってはフリーズしたり、強制終了したりする可能性があります。必ずこまめに保存をするようにしてください。



タイムラインの動画を書き出しする方法

まだBGMやテキスト挿入は終わっていませんが、ここで試しにタイムラインの動画を書き出してみましょう。

タイムライン上のメニューから『出力』をクリック。
プロジェクトを出力する方法 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


『出力』画面が開きます。
出力画面 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


ここでは、出力形式や動画のサイズなどを変更できます。とりあえず今回は、『形式』を『MP4』にし、動画名、保存場所の変更などをしましょう。
出力設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


また、YouTubeやVimeo、DVDへの出力も上のメニューから行います。
YouTube、Vimeoへの出力設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


このままでもOKなのですが、もしもっと細かく設定したい場合は、『設定』をクリック。
詳細出力設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


初期では『標準品質』になっているので、ここを『高品質』に変更することができます。またさらに細かく変更したい場合は各数字を自由に選択しましょう。
詳細出力設定 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


最後に出力画面右下の『出力』をクリック。
出力 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


出力が始まります。
出力変換中 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


しばらく待つと出力が終了します。
出力変換中 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


次の記事ではBGMの入れ方について解説します。

動画編集ソフトFilmoraの使い方記事一覧

(1)動画編集ソフトFilmora9とは?
(2)基本的なカット編集
(3)BGM音楽を挿入する方法、音量調整など
(4)テキストテロップを挿入する方法
(5)トランジションの付け方
動画編集ソフトランキング

動画編集ソフトFilmora9の使い方
動画編集ソフトFilmora8の使い方
動画編集ソフトFilmoraの使い方

購入はコチラ

-動画ソフト・アプリ
-,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2019 All Rights Reserved.