カンタン動画入門 動画の作り方総合サイト

パソコン

ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DTを動画編集ソフト3種でレビューしてみた

掲載・更新日 2019/12/14

ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DTを動画編集ソフト3種でレビューしてみた
管理人ウチムラワタル

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。


この記事では、ASUSノートパソコンASUS TUF Gaming FX505DTに3種の動画編集ソフトを入れて、ストレスなく動かせるのか検証しています。実際使ってみてのレビューや、使用中の画面のキャプチャ動画などを参考に、動画編集用パソコン購入の検討をしてみてください。


■使用ソフト
PowerDirector
Adobe Premiere Pro CC
DaVinci Resolve

今回、試しに使ったのはASUSのノートパソコンASUS TUF Gaming FX505DTです。

ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT

スポンサーリンク

動画編集用パソコンレビュー記事 13件

動画編集用パソコンおすすめのスペックと選び方
動画編集パソコン書き出し速度ランキング

【ノートパソコン】
■Dell
G3 15レビュー
G5 15レビュー
■ASUS
TUF Gaming FX505DTレビュー
ROG Strix G G531GUレビュー
■マウスコンピューター
DAIV 3Nレビュー
DAIV 5Dレビュー
DAIV 5Pレビュー
■HP
ENVY x360 15-ds0000レビュー
■VAIO
SX14 ALL BLACK EDITIONレビュー

【デスクトップパソコン】
■HP
OMEN by HP Obelisk Desktop 875-1090jp エクストリームモデルレビュー
■マウスコンピューター
DAIV A7レビュー




ASUS TUF Gaming FX505DTで動画編集ソフトを使ってみた結果

検証の結果、このパソコンはフルHD編集のみで、10万円以下にコストを抑えたい方にはかなりおすすめのパソコンです。動画編集用パソコンというと「メモリは最低16GBないとダメ!」とみんな言っていますが8GBでもなんとかなりました。


ただし、PowerDirectorかAdobe Premiere Pro CCでのフルHD編集のみ。PowerDirectorは4K編集がギリギリOKですが書き出しに動画の長さの5倍程度かかります。Premiereでの4K編集は低解像度プレビューでも遅延が発生し、書き出しも動画の長さの5倍程度かかるので厳しいです。DaVinci Resolveに関しては現在調査中ですがうまく起動できず使えませんでした。


重さは2.25Kgなので、持ち出すには重めです。基本は固定で使うことをおすすめします。


また基本的にはゲーミングパソコンなので、キーボードの配置が若干独特で慣れるまで注意。



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク1


ASUS TUF Gaming FX505DTのスペック

動画編集用パソコン 特徴
フルHD動画編集には十分なスペック。4K編集はPowerDirectorのみギリOK。Premiereでは4Kでプレビュー遅延が発生し、書き出しにも動画の長さの5倍程度の時間がかかる。DaVinci Resolveはうまく起動できず調査中。

10万円以下でフルHD編集のみであればコスパはかなり良い。
OS CPU グラフィックス メモリ SSD/HDD 重さ
Windows10 AMD Ryzen 5 3550H Radeon Vega8
NVIDIA GeForce GTX 1650
8GB 512GB/0 2.25kg



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク2


ASUS TUF Gaming FX505DTの見た目

ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT
ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT
ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT
ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT
ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT


data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク3


検証に使う動画編集ソフト

この記事では以下の3種類の動画編集ソフトを使って検証しました。

(1)PowerDirector

家庭用 動画編集ソフト 特徴
国内販売シェアNo1のサイバーリンクの優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画や教育、セミナー動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・25%オフセール(click)5/21(木)~6/3(水)
サブスク通常版 25%オフ
サブスク上位版 25%オフ
クーポンコード『dougatec2020』※買い切り、サブスク版両方使えます。

Windows® 10、8.1、8、7 (64-bit OS 版推奨) 日本語対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

(2)Adobe Premiere Pro CC

プロ向け 動画編集ソフト 特徴
Adobe Premiere Pro CC for Windows
月3,180円~
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード 使い方記事 使い方動画
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

(3)DaVinci Resolve

プロ向け 動画編集ソフト 特徴
プロ用動画編集ソフトの無料版。AdobePremiereProCC並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows、Mac、Linux日本語対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray



検証に使うプロジェクト内容

以下の内容で検証を行いました。

・フルHD/4K別で2本分編集
・5分(30カット×10秒)
・音楽
・テキスト×7
・透過PNGロゴ常時
・透過クロマキー常時
・トランジション3カットに1回

検証点は、編集作業、プレビューの快適さ、書き出しにかかる時間、CPU使用率などです。
検証プロジェクト内容



(1)PowerDirector

Power Directorでの編集はフルHDは問題なくできました。書き出し時間も動画の長さとほぼ同じで許容範囲内です。これで10万円以下はお買い得!


4K動画編集は、プレビュー再生に遅延が発生するので画質をフルHDなどに要調整。書き出し時間も動画の長さの5倍程度で厳しいです。


グラフィックボードのGPUは一切動いていないので、パソコンの性能を最大限発揮することはできませんでした。

検証動画



フルHD動画編集

編集作業 快適
プレビュー 快適

・書き出し時のデータ
※細かい数字は四捨五入などして見やすくしています。
5分動画書き出し時間 5分0秒
CPU使用率 100%
メモリ使用率 5.0/7.8GB
内蔵GPU使用率 19%
GPU 0%
CPU使用率 ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT

4K動画編集

編集作業 快適
プレビュー 4K/遅延発生、フルHD/ギリOK

5分動画書き出し時間 26分38秒
CPU使用率 100%
メモリ使用率 5.5/7.8GB
内蔵GPU使用率 23%
GPU 0%
CPU使用率 ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT



(2)Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CCでのフルHD編集は快適にできました。4K編集は低解像度プレビューでも遅延が発生し、書き出し時間も動画の長さの5倍程度かかります。

CPU使用率は50%程度で、内蔵GPUとグラフィックボードをしっかり使い、パソコンのスペックを最大限引き出しているようです。

検証動画



フルHD動画編集

編集作業 快適
プレビュー 快適

5分動画書き出し時間 6分35秒
CPU使用率 100%
メモリ使用率 6.6/7.8GB
内蔵GPU使用率 1%
GPU 16%
CPU使用率 ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT

4K動画編集

※YouTube4Kプリセットのサイズが2720×1530になっていたため本来の4Kと書き出し時間に差がある可能性があります。
編集作業 快適
プレビュー 低解像度でも遅延発生

5分動画書き出し時間 25分52秒
CPU使用率 100%
メモリ使用率 6.6/7.8GB
内蔵GPU使用率 1%
GPU 30%
CPU使用率 ASUSノートパソコンTUF Gaming FX505DT



(3)DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは原因不明ですが、起動ができませんでした。色々手を尽くしたのですが、真っ暗な画面が表示されるのみ。メーカーに問い合わせているので分かり次第追記します。

検証動画

なし

フルHD動画編集

なし

4K動画編集

なし

ASUS TUF Gaming FX505DTのスペック

動画編集用パソコン 特徴
フルHD動画編集には十分なスペック。4K編集はPowerDirectorのみギリOK。Premiereでは4Kでプレビュー遅延が発生し、書き出しにも動画の長さの5倍程度の時間がかかる。DaVinci Resolveはうまく起動できず調査中。

10万円以下でフルHD編集のみであればコスパはかなり良い。
OS CPU グラフィックス メモリ SSD/HDD 重さ
Windows10 AMD Ryzen 5 3550H Radeon Vega8
NVIDIA GeForce GTX 1650
8GB 512GB/0 2.25kg



動画編集用パソコンレビュー記事 13件

動画編集用パソコンおすすめのスペックと選び方
動画編集パソコン書き出し速度ランキング

【ノートパソコン】
■Dell
G3 15レビュー
G5 15レビュー
■ASUS
TUF Gaming FX505DTレビュー
ROG Strix G G531GUレビュー
■マウスコンピューター
DAIV 3Nレビュー
DAIV 5Dレビュー
DAIV 5Pレビュー
■HP
ENVY x360 15-ds0000レビュー
■VAIO
SX14 ALL BLACK EDITIONレビュー

【デスクトップパソコン】
■HP
OMEN by HP Obelisk Desktop 875-1090jp エクストリームモデルレビュー
■マウスコンピューター
DAIV A7レビュー

関連記事


  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-パソコン
-

Copyright© カンタン動画入門 , 2020 All Rights Reserved.