カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

有料動画編集ソフトおすすめランキングまとめ比較15選Windows 2020

投稿日:2019/12/26 更新日:

有料動画編集ソフトおすすめランキングまとめ比較15選Windows2019

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。


Windows用の有料動画編集ソフトおすすめランキングを作りました。私が15本の動画編集ソフト・サービスをすべて実際に使って比較しています。


※このランキングは、メーカーからの依頼や金銭のやりとりなどによる影響を一切受けていません。

※2020年1月に更新しました。

スポンサーリンク

動画編集ソフト関連記事

動画編集ソフト総合ランキングWindows/Mac
 ・Windows 無料動画編集ソフトまとめ
 ・Windows 有料動画編集ソフトまとめ
 ・Mac 無料動画編集ソフトまとめ
 ・Mac 有料動画編集ソフトまとめ



スポンサーリンク1


Windows用 有料動画編集ソフトランキング表

Windows用の有料動画編集ソフトのおすすめランキング一覧です。

家庭用 動画編集ソフト 特徴
国内販売シェアNo1の優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・一週間限定セール(click)1/7(火) ~ 1/13(月)
サブスク上位版 10%オフ
サブスク通常版 15%オフ
クーポンコード『dougatec2019』※買い切り、サブスク版両方使えます。

Windows® 10、8.1、8、7 (64-bit OS 版推奨) 日本語対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PowerDirectorに比べていくつか使いづらい点がある。

Windows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OS を強く推奨 日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
入門者向けのシンプルな動画編集ソフト。家庭用の動画編集に必要な基本的な機能に特化しているため値段が有料ソフトの中では安い。基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。2017年発売の新しいソフトだが、アップデートするたびにどんどん良いソフトになってきている。

※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)
Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 (32bit / 64bit)
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
プロ用ソフトVegasProの廉価版。高機能で、動作が軽い。高度な編集がしたくて、パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。ただし、使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。

Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
『みんなのフォト―ムービー』という名前でAmazonで販売されているが、中身はドイツ産まれの動画編集ソフト『NeroVideo』。あたかも初心者向けで簡単なように見せているが、実際は普通に色々できるソフト。カット編集、BGM、テロップ、トランジション、自動編集機能付きで、DVD、Blu-rayも焼ける。インストールにやけに時間がかかり、動作も遅い。

Windows 10/8.1/7 SP1以降 (32bit/64bit) ※Windows 7 Starterでは動作しません
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
Microsoft製のプレゼン資料作成ソフト。実は動画も作ることが可能。既存のパワポデータを簡易的に動画にしたり、テキスト、写真、音楽、動画の読み込みもできるので使い方によってはそこそこレベルの高い動画を作ることも可能。また4K動画も対応している。ただしすでにパソコンにパワポが入っている人、かつ簡易的な動画を作りたい人のみおすすめ。パワポは有料だし、動画機能はあくまでおまけ程度。こだわって編集したい方はPowerDirectorがおすすめ。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
Filmora9
Filmora動画編集ソフト
8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
プロ向け 動画編集ソフト 特徴
1位 Adobe Premiere Pro CC for Windows
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

Windows® 10(64ビット版)、Windows® 8.1(64ビット版)、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
基本的には高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1(すべて64bit OS)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
Adobe After Effects CC for Windows
Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード 使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray



スポンサーリンク2


Windows用動画編集入門ソフトの詳細

以下、各ソフトの詳しい解説です。

第1位 PowerDirector

PowerDirectorは、カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。


運動会などのイベントや、結婚式用のスライドショー動画はもちろん、ビジネス用の会社PR動画など幅広く作ることができます。

PowerDirectorインターフェイス

また、Screen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。その他、自動編集モード、360度動画編集、ビデオコラージュデザイナー、Blu-ray、DVD、CDへの書き込み、アクションカメラ、縦動画対応など、他の家庭用ソフトにない充実した機能をもっています。


パソコンの必要スペックは低~中級で、特に他のソフトへのこだわりがなければ、PowerDirectorがおすすめです。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
国内販売シェアNo1の優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・サブスク上位版 10%オフセール(click)

Windows® 10、8.1、8、7 (64-bit OS 版推奨) 日本語対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

対応動画 AVI、DivX*、DV、DVR-MS、HDV、HEVC (H.265)、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV (H.264)、MPEG-1/-2/-4、SWF*、TOD、UIS、UISX、WebM、WMV、XAVC S、3GP、暗号化されていない DVD タイトル
対応写真 CLP、CUR、DCS、DCX、EPS、FAX、FPX、GIF87a、ICO、IFF、IMG、JP2、JPC、JPG、MAC、MPO、MSP、PBM、PCT、PCX、PGM、PIC、PNG、PPM、PSD、PSPImage、PXR、RAS、SCI、SCT、SHG、TGA、TIF/TIFF、UFO、UFP、WBM、WBMP、WMF、001、Camera RAW
対応音声 AAC、Aiff、AMR、AU、CDA、M4A、MOV、MP3、MP4、MPA、OGG、WAV、WMA



第2位 VideoStudio

VideoStudio2019は、2019年に発売された新バージョンの家庭用の動画編集ソフトです。基本的なカット編集、テキストテロップ、BGM音楽、トランジション効果など、動画編集に必要な機能はすべてそろっています。

編集画面 動画編集ソフトCorel VideoStudio 2019


機能が多すぎて、初心者向けというには扱いが難しくなっています。旧バージョンの2018と比べて、多少機能が増えていますが、『使いやすさ』という点においてはほぼ昔から変化がありません。特に音声ミキサーとリップル編集が使いづらく、非常に不親切な設計になっているように思います。

このソフトは、すでに動画編集ソフトの使用経験がある人や、無料の動画編集ソフトからより高機能のソフトへの切り替えを考えている中級者の方にはおすすめです。まずは必ず体験版で試してみてください。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PowerDirectorに比べていくつか使いづらい点がある。

Windows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OS を強く推奨 日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 AVCHD(読み込みのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、H.264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。

一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。
対応写真
対応音声



第3位 Adobe Premiere Elements for Windows

Adobe Premiere Elements(アドビ プレミア エレメンツ)とは、Adobe社が開発した初心者~中級者向けの動画編集ソフトです。

編集画面 Adobe Premiere Elements2019の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門


Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。そのAdobe社が一般向けに作ったソフトなので、機能はプロ用並みに充実しています。2019年になっても縦動画に対応していないのが気になりますが、使いやすく素晴らしいソフトです。


ただし高機能な反面、パソコンによっては動作が重い場合があります。一度体験版を使ってみて自分のパソコンにあうか確認してください。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 AVI、DivX*、DV、DVR-MS、HDV、HEVC (H.265)、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV (H.264)、MPEG-1/-2/-4、SWF*、TOD、UIS、UISX、WebM、WMV、XAVC S、3GP、暗号化されていない DVD タイトル
対応写真 CLP、CUR、DCS、DCX、EPS、FAX、FPX、GIF87a、ICO、IFF、IMG、JP2、JPC、JPG、MAC、MPO、MSP、PBM、PCT、PCX、PGM、PIC、PNG、PPM、PSD、PSPImage、PXR、RAS、SCI、SCT、SHG、TGA、TIF/TIFF、UFO、UFP、WBM、WBMP、WMF、001、Camera RAW
対応音声 AAC、Aiff、AMR、AU、CDA、M4A、MOV、MP3、MP4、MPA、OGG、WAV、WMA



第4位 GOM Mix Pro

GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)は、動画編集の入門者向けの家庭用ソフトです。

動画編集ソフトGOM Mix Proの画面

他の有料動画編集ソフトが、多機能、高機能すぎて操作が難しい中、GOM Mix Proは初心者に優しい設計のソフトです。専門用語もほぼなく、各種機能も必要最低限に絞られているのでとても分かりやすいのが特徴です。


機能が限られているとはいえ、基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなど、家庭用ソフトとして必要な機能はすべてそろっています。また高度な機能が省かれている分、料金がとても安く5,500円 ※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)

2017年発売の新しいソフトですが、アップデートするたびにどんどん良いソフトになってきています。ただし、複数の映像・音声トラックの追加はできないので、自分の思い通りに色々細かく編集したい人には不向きです。

家庭用 動画編集ソフト 特徴
入門者向けのシンプルな動画編集ソフト。家庭用の動画編集に必要な基本的な機能に特化しているため値段が有料ソフトの中では安い。基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。ただし複数の映像・音声トラックの追加は不可。4Kは読み込みのみ、出力はフルHDまで。

※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)

Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 (32bit / 64bit)
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray




第5位 MovieStudio

とにかく動作が軽いことで評判の動画編集ソフトです。パソコンスペックに自信がない方には特におすすめ。

MovieStudioインターフェイス

ただし、マニュアル類が少なく、サポートも英語であるため、動画編集の専門用語を自分で調べていく必要が出てきます。初心者向けのマニュアル付でも販売しているので、マニュアル付の購入は必須。

家庭用 動画編集ソフト 特徴
プロ用ソフトVegasProの廉価版。高機能で、動作が軽い。高度な編集がしたくて、パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。ただし、使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。
Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 AAC、AA3、AIFF、AVI、BMP、CDA、FLAC、GIF、JPEG、MP3、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、OGG、PCA、PNG、SND、SFA、W64、WAV、WDP、WMA、WMV
対応写真
対応音声



第6位 VideoPad for Windows

VideoPadは、元々無料でしたが、有料になった動画編集ソフト。機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトになってしまいました。

VideoPadインターフェイス

試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を数回すると無料使用不可になります。7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 avi, mpeg, wmv, divX, Xvid, mpeg, mp4, mov, vob, ogm, H.264, RMなど
対応写真 apng、bmp、gif、jpg、png、tifなど
対応音声 wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、ogg、raw、dvf、voxなど



第7位 みんなのフォトムービー(NeroVideo)

みんなのフォトムービー(NeroVideo)は家庭用の有料動画編集ソフトです。Amazonで購入する場合、名称は『みんなのフォトムービー』ですが、実際インストールすると『NeroVideo』という名前のソフトになるので注意が必要です。まったく説明がなく不親切なので、この時点ですでにおすすめしません。

編集画面 動画編集ソフト みんなのフォトムービー(NeroVideo)入門

みんなのフォトムービー(NeroVideo)はドイツのソフトウェアメーカーNero AGが開発販売している動画編集ソフトです。日本のAmanzonでは株式会社ジャングルが販売しています。Nero日本公式サイトでは『NeroVideo2019』という名前で発売しており、Amazonではなぜか『みんなのフォトムービー』になっています。


ソフト名は『NeroVideo』なので、『みんなのフォトムービー』などというソフトは存在しないことになります。なぜジャングルがこのような方法をとっているか分かりません。『NeroVideo』を使っても『みんなのフォトムービー』という印象からは程遠いソフトです。写真を使った動画編集機能はありますが、メインは通常の動画編集ソフトです。また、操作方法も解説に書いてあるように簡単ではありません。値段も公式よりも高く、謎が多いです。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
『みんなのフォト―ムービー』という名前でAmazonで販売されているが、中身はドイツ産まれの動画編集ソフト『NeroVideo』。あたかも初心者向けで簡単なように見せているが、実際は普通に色々できるソフト。カット編集、BGM、テロップ、トランジション、自動編集機能付きで、DVD、Blu-rayも焼ける。インストールにやけに時間がかかり、動作も遅い。

Windows 10/8.1/7 SP1以降 (32bit/64bit) ※Windows 7 Starterでは動作しません
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray



第8位 PowerPoint

PowerPointはMicrosoft製のプレゼンテーション資料の作成ソフトです。基本的にはマウスクリックで次のページに進むスライドショー作成ソフトなのですが、実は既存のプレゼンデータなどを基に動画を作ることもできます。

PowerPoint資料 PowerPointで動画を作る方法

1枚何秒間表示されるか一括指定したり、すべてのタイミングを制御した動画を作ることも可能です。またテキストテロップ、写真、動画、音楽データの入力、表示効果のアニメーションのテンプレートもたくさんあります。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
Microsoft製のプレゼン資料作成ソフト。実は動画も作ることが可能。既存のパワポデータを簡易的に動画にしたり、テキスト、写真、音楽、動画の読み込みもできるので使い方によってはそこそこレベルの高い動画を作ることも可能。また4K動画も対応している。ただしすでにパソコンにパワポが入っている人、かつ簡易的な動画を作りたい人のみおすすめ。パワポは有料だし、動画機能はあくまでおまけ程度。こだわって編集したい方はPowerDirectorがおすすめ。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
プロ向け 動画編集ソフト 特徴



Filmora(フィモーラ)

Filmoraは、基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレートなどを簡単に使うことができるWindows/Mac用の中国メーカーの動画編集ソフトです。

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)の画面

年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。


サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
Filmora9
Filmora動画編集ソフト
8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

対応動画 .mpg, .mpeg, .m1v, .m2v)、MPEG-4 動画ファイル: (.mp4, .m4v, .3gp, .3g2, .3gp2)、QuickTime 動画ファイル: ( H.264でエンコードされた.mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ )、カムコーダーファイル:(.dv, .mod, .tod, .mts, .m2ts, .m2t)、Flash 動画: (.flv, .f4v)、Windows Media: (.wmv, .asf)、Audio Visual Interleave: (.avi)、Matroska 動画 ファイル: (H.264でエンコードされた.mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ)、HTML5 動画 ファイル: (.mp4, .webm,. ogv)、暗号化されていないDVDファイル: (.vob, .vro)
対応写真 .jpg, .png, .bmp, .gif, .tif, .tiff
対応音声 .mp3, .m4a, .wav, .wma, .ogg, .flac, .aac, .aif, .aiff



スポンサーリンク3


Windows用動画編集プロ向けソフトの詳細

1位 Adobe Premiere Pro CC for Windows

プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

プロを目指している方や、家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人におすすめ。月額での利用ができるので、気軽に始めることができる。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
Adobe Premiere Pro CC for Windows
月3,180円~
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード 使い方記事
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

対応動画 3gp 、3g2 、asf、avi 、dv 、flv 、4fv 、gif 、m1v 、m2t 、m2ts 、m4v 、mov 、mp4 、mpe、mpeg、mpg 、m2v 、mts 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mov 、mxf 、ari 、cine 、dng 、mxf 、r3d 、swf 、vob 、wmv
対応写真 ai、eps、bmp、dib、rle、dpx、eps、、gif、、ico 、jpeg、jpg、jpe、jfif、、pict、、png、、psd、、psq、、ptl、prtl、、tga、icb、vda、vst、、tif、tiff
対応音声 aac、ac3、aif、aiff、asnd、avi、bwf、m4a、mp3 、wma、wav



2位 EDIUS Pro

4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

高機能動画編集ソフトといえば、パソコンによっては動作が重いが、EDIUSは動作が軽めと評価されている。パソコンスペックに自信がない人で、さらに高度な動画編集をしたい方にはおすすめ。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 3gp、3g2、amc、m2ts、mts、xml 、mxf、avi、crm、dif、dv、f4v、mod、tod、mpg、mpeg、m2p、mp2vob、vro、m2t、mpv、m2v、mp4、m4v、mxf、mov、R3D、idx、ts、wmv、asf、xml 、smixm、cif 、mxf
対応写真 gif、dpx、fpx、ico、icon、jpe、、exif、jfif、jpg、、jpeg、pic、、pct、pict、iff、mpo、png、psd、qti、、qti、qif、etl、sgi、rgb、tga、targa、vda、、icb、、vst、tif、3、tiff、bmp、dib、rle、wmf、emf、wdp
対応音声 aac,、m4a、aiff、aif、ac3、ac3、ec3 、mp3、mpa、m2a、ogg、wav、wma


3位 Vegas Pro

プロ/ハイエンド向けの動画編集ソフト、ベガスプロ。高機能ですが、価格もまた家庭用ソフトと比べると高くなっています。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

プロ向けの動画編集ソフトといえば、Adobe Premiereが一般的ですが、Vegas Proも性能的にはまったく劣っていません。十分、制作に使えるレベルに仕上がっています。もちろんプロ用としてだけでなく、ハイエンドな一般向けとしても優秀なソフトです。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

Windows® 10(64ビット版)、Windows® 8.1(64ビット版)、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 AA3、AAF、AIF、ASF、AU、AVC、AVCHD、AVI、BMP、BWF、CDA、DIG、DLX、DPX、DV、EXR、FLAC、GIF、H.264、HDP、IVC、JPEG、M2T、M2TS、MVC、MOV、Sony MXF(XDCAM および HDCAM SR)、MP3、MP4、M4A、MPEG-1 および MPEG-2 ビデオ、MPO、OGG、OMA、Panasonic MXF(DVCPRO、AVC-Intra)、PCA、PNG、PSD、QT、R3D、SFA、SND、TIFF、TGA、VOX、W64、WAV、WDP、WMA、WMV、XAVC Intra MXF、XAVC S
対応写真
対応音声


FilmoraPro

FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。

FilmoraProの編集画面 動画編集ソフト フィモーラプロ入門

Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。


今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。AdobePremiereProに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。


ここまでそろって値段が買い切りで21,980円とプロ向け編集ソフトの中ではリーズナブル。


ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。


家庭用 動画編集ソフト 特徴
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray


TMPGEnc Video Mastering Works

有名な高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

編集は他のソフトでして、TMPGEncで高画質・高圧縮エンコードする時に活躍する。編集機能は本当に簡易的なので、あくまでおまけのようなもの。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
基本的には高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1(すべて64bit OS)、日本語
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 mpg、 mpeg、 mpv、m1v、mpg、 mpeg、 m2p、m2v、mpg、 ts、 m2t、 m2ts、 mts、mp4、 m4v、 m4a、 mov、 264、mp4、 hevc、 265、pgmx、 mkv、mp4、mkv、dvr-ms、 wtv、mod、mov、 qt、 mp4、 m4a、 m4v、 3gp、 3g2、 amc、 dvdivx、 avi、wmv、 asf、webm、ogv、 ogx、dv0、iso
対応写真 bmp、 jpg、 jpeg、 psd、 png、 wmf、 emf、 jpe、 rle、 dib exif、 jfif、 gif、 wdp、 tiff、 jxr、 tif、 ico、 icon、 sgi、 tga、 dpx
対応音声 mp2 、mp3、ac3、ec3 、aac、fla, 、flac、mkv 、mka、wav、av、wma、Vorbis形式 、oga 、ogg、aif, aiff、VFAPI で正常に読み込めるもの、Direct Show で正常に読み込めるもの、Media Foundation で正常に読み込めるもの


Adobe After Effects CC for Windows

高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

Adobe Premiere Pro CCと連携して使うことが多く、PhotoShopなどのセットで購入するとお得。使い方はPremiere Proと共通点があるので、他ソフトで連携できるものがあるが、やはりAdobe製品に統一するのがおすすめ。


プロ向け 動画編集ソフト 特徴
Adobe After Effects CC for Windows

Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 公式ページ参照:https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/kb/cq02200611.html
対応写真
対応音声



動画編集ソフトを選ぶ3つのポイントとは

動画編集ソフトを選ぶ時の3つのポイントを解説します。

(1)有料/無料

動画編集ソフトには無料のものから、有料のものがあります。無料のものは開発がストップしていたり、機能性が悪く、使いづらいことが多いです。一方、有料版は毎年バージョンアップをし、年々良くなっていく傾向があります。相場としては家庭用は6,000円~15,000円くらい、プロ用は月額制もありますが概ね6万円前後です。


家庭用に関しては値段が高い方が絶対に良いということはありません。作りたい動画がちょっとした家族の記録動画であれば、無料ソフトでも十分作ることはできます。もう少しステップアップしたい方、将来プロを目指している方等、その用途にあったソフトを選ぶようにしましょう。まずは体験版の試用をおすすめします。



(2)必要な機能があるか

4Kに対応しているか、画面録画や声の録音、DVD、Blu-rayが焼けるか、自動編集機能はあるか、など確認しましょう。こういった高度な機能は無料版にはほとんどないので注意してください。

4K

4K(3840×2160)サイズの入力と出力に対応している編集ソフトと非対応のものがあります。例えばサポートが終了しているWindowsムービーメーカーは4K非対応です。


360度

360度動画を編集できる機能です。まだ360度動画が普及していないので対応ソフトは少ないです。


アクションカメラ

アクションカメラに対応した手振れ補正やゆがみ補正などの機能です。通常のソフトでも編集は可能ですが、より細かい機能がわかりやすく区別されています。


縦動画

スマホなどで撮影した1080×1920などの縦動画の入出力ができる機能です。これがないと縦動画の左右に黒い帯ができてしまいます。


画面録画

パソコン画面などを動画としてスクリーンキャプチャできる機能です。ゲーム実況などに必須です。


自動編集

動画や写真、音楽、テーマなどを選んでボタンを押すと自動で編集してくれる機能です。


DVD/Blu-ray

DVD/Blu-rayを焼く機能です。この機能がないソフトを使う場合、別のソフトを使って焼く必要があります。



(3)自分のパソコンとの相性

OSがWindowsかMacかで対応しているソフトはまったく違います。また、プロ向けの高性能ソフトを低スペックパソコンで使うと動きが遅かったり途中で止まってしまったりします。しかしスペックの見た目だけで動画編集ソフトとの相性はわかりません。編集ソフトの多くは体験版があるので購入前に必ずパソコンに入れて確認してみましょう。


動画編集用パソコンについては以下の記事を参考にしてみてください。

【参考】動画編集用パソコンのおすすめと選び方

  • この記事を書いた人

フクモトワタル

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2020 All Rights Reserved.