カンタン動画入門 動画の作り方総合サイト

撮影

【上級】動画の撮影がもっとうまくなる方法 たった1つのルール・コツ (5)

掲載・更新日 2013/03/16

077

こんにちは!  動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。

今回は、前回の中級編よりもさらに高度な上級編の解説です。

スポンサーリンク

撮影がうまくなる解説記事一覧

(1)初級編 動画の撮影がうまくなる方法 2つのルール・コツ
(2)初級編 2つのルールを基に撮影してみた
(3)中級編 動画の撮影がさらにうまくなる方法 1つのルール
(4)中級編 1つのルールを基に撮影してみた
(5)上級編 角度・高さを意識しよう
(6)上級編 編集を意識した撮影
(7)上級編 実践編



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク1


色んな位置・角度・高さから撮影する

上級編、たった1つのルールとは色んな位置・角度・高さから撮影することです。

写真や動画を撮影している人を思い出してみてください。基本的に真正面から、目線の高さで撮影していませんか?

動画の撮影位置

ではなぜ、それがあまり良くないのでしょう。3Dデータを参考に解説していきます。



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク2


3Dデータをもとに解説

まずは、この画像をみてください。

3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ
3Dデータで作った家の画像です。3Dデータなので本当は立体的なのですが、真正面から撮影したために、2Dに見えてしまいます。



しかし、少し角度をつけて撮影してみるとどうでしょう?
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ

画像の立体感が増しましたね。



3種類の角度から撮影したものを並べてみると。
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ

ただ、角度をつけるだけでこんなに違いがでてきます。つまり、真正面から目線の高さで撮るとのっぺりとした画になってしまうことがある、ということになります。



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク3


3Dデータをもとに解説(2)

正面から、人物を撮影するとこうなります。
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ


次に、左右から撮影したもの
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ


3つ並べてみると、同じ被写体でも角度を変えるだけで違った印象になります。
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ


下から撮影すると、威圧的、えらそうに
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ


上から撮影すると、弱そうに、やさしい印象が出ます。
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ


より、威圧感を強調するために、アップにして、下から撮るとこうなります。
3Dデータを参考に動画撮影を学ぶ

角度、高さを変えるだけでずいぶん画に変化を出すことができました。

次の記事では、今回の上級編から一歩進んだ編集を意識した撮影について解説していきます!
では、お疲れ様でした!また次の記事でお会いしましょう。

撮影がうまくなる解説記事一覧

(1)初級編 動画の撮影がうまくなる方法 2つのルール・コツ
(2)初級編 2つのルールを基に撮影してみた
(3)中級編 動画の撮影がさらにうまくなる方法 1つのルール
(4)中級編 1つのルールを基に撮影してみた
(5)上級編 角度・高さを意識しよう
(6)上級編 編集を意識した撮影
(7)上級編 実践編

関連記事


  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-撮影
-

Copyright© カンタン動画入門 , 2020 All Rights Reserved.