ビデオカメラ

GoPro HERO10レビュー 実際使って試してみた

掲載・更新日

GoPro HERO10レビュー 実際使って試してみた

アクション・ウェアラブルカメラGoPro10を実際に使ってみた感想と、旧バージョンのGoPro7、8、9の比較情報も紹介します。



アクションカメラ関連記事


アクションカメラ おすすめランキング・まとめ

アクションカメラ・ウェアラブルカメラとは?

アクションカメラとは、手持ち撮影はもちろん、衣服や乗り物などに装着・固定して動画を撮影できるビデオカメラをいいます。

【2018】アクションカメラの選び方3つのポイント おすすめ比較ランキング 8機種

スポーツや、バイク、車好きの方におすすめのカメラで、色々格好良い動画を撮影することができます。

・GoPro: Introducing HERO10 Black — Speed with Ease


品質テスト動画

GoPro10の機能テストを行いました。内容は以下の通りです。

・手振れ補正機能テスト
・タイムワープテスト(無音)
・タイムラプステスト(無音)
・ナイトラプステスト(無音)






GoPro10スペック早見表

アクションカメラ 特徴
GoPro10GoPro HERO10
64,000円
2021年発売のアクションカメラ。GoPro9からさらに進化したHyperSmooth4.0と5.3K60が特徴。

性能的には9よりアップしているが実際使ってみた実感として大差はない。4K撮影やスロー撮影をよく使う場合は10がおすすめ。それ以外、フルHDなど主体に使うのであれば値段の安いGoPro9も対象になる。

購入は公式のサブスク付が最もお買い得。

最大解像度フレームレート視野角手振れ補正Wi-Fi/BT
5.3K24-24067-121°○/○
モニター/前面タッチパネルマイク端子防水アプリ
○/○本体

※『BT』はbluetoothの略。




GoProバージョン比較

機能GoPro10GoPro9GoPro8
料金64,000円54,000円43,800円
サブスク付料金54,000円48,800円35,800円
写真23MP + SuperPhoto with HDR20 MP + SuperPhoto (HDR 搭載)12 MP + SuperPhoto (HDR 搭載)
ビデオ5.3K605K304K60
100 Mbps ビット レート5.3K / 4K / 2.7K5K / 4K / 2.7K4K / 2.7K
ビデオ安定化HyperSmooth 4.0HyperSmooth 3.0HyperSmooth 2.0
水平維持機構カメラに内蔵カメラに内蔵With the Quik App
デジタルレンズ/FOVSuperView、広角、リニア、リニア + ホライゾンレベリング、狭角SuperView、広角、リニア、リニア + ホライゾンレベリング、狭角SuperView、広角、リニア、狭角
前面スクリーン1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)1.4 インチカラー LCD (ライブプレビューおよびステータス)ステータスのみ対応のスクリーン
モジュラー・Maxレンズモッド
・カメラメディアモッド
・前面カメラ液晶モッド
・ライトモッド
・Maxレンズモッド
・カメラメディアモッド
・前面カメラ液晶モッド
・ライトモッド
・メディアモッド
TimeWarp ビデオTimeWarp 3.0TimeWarp 3.0TimeWarp 2.0
スローモーション8x (1080p)8x (2.7K, 1080p)8x (1080p)8x (1080p)
HindSight-
スケジュールキャプチャー-
デュレーションキャプチャー-
音声起動-
ProcessorGP2GP1GP1

比較テスト動画

GoPro6、7、8、9、10を並べて手振れ補正機能を比較してみました。

【サンプル】GoPro7/8/9/10比較手振れ補正比較 手持ち撮影 フルHD/29.97fps





GoPro10を使ってみた感想

GoPro10は素晴らしいアクションカメラです。画質も良く、手振れ補正機能も強力です。他社のアクションカメラと比べても品質が高いです。

しかし問題なのはGoPro9との性能差です。確かにスペック的にはGoPro10の方が優秀です。けれど、実際使ってみて感じる大きな性能差はありませんでした。

GoPro10は5.3Kで撮影できるので、4K動画を作る人がトリミング前提で使うのであればおすすめできます。そうでないのであれば、この機能はあまり役に立ちません。

手振れ補正機能はHyperSmooth4.0に進化しましたが、GoPro9と比べるとほんのわずかの差です。しかしGoPro10と9の通常料金の差は1万円もあります。コストパフォーマンスで考えるとGoPro9を購入してもまったく問題ないでしょう。

しかし通常料金ではなく、お得なサブスク付料金だとGoPro10は54,000円、GoPro9は48,800円で、その差は5,200円と縮まります。この値段差であれば、最新版のGoPro10の方が魅力的に見えてきます。

最新のスペックでGoPro10を選ぶか、コスパでGoPro9を選ぶか検討してみてください。どちらの機種も本当におすすめです。

GoPro10を購入する
GoPro9を購入する


画質

GoPro10で撮影した動画を静止画に変換しました。画質はアクションカメラの中でも最上級にキレイです。特に日中野外の動画が明るくハッキリした色合いになります。GoPro9と比べるとほぼ変わりません。
※ウェブ掲載のため画像は圧縮済み、実際はもう少しキレイです。

画質チェックgopro10アクションカメラ 画質チェックgopro10アクションカメラ 画質チェックgopro10アクションカメラ

タイムラプス撮影の画質

次に4Kタイムラプスモードで、明るい時間から暗くなるまで撮影をしました。一部白飛びしていますが設定次第でなんとかなると思います。

画質チェックgopro10アクションカメラ

暗くなり始めると画質が劣化していくのが分かります。これはGoPro9と同じです。特にISOを上限最大6400にすると、暗くても明るく撮影できますが、その反面ざらつきます。

画質チェックgopro10アクションカメラ

特に夜間は通常のタイムラプスだとかなり暗くなり、キレイだとはいえない画質になります。GoPro9と比べると若干暗い部分も描写できているようです。

画質チェックgopro10アクションカメラ

バッテリー問題

夜間のタイムラプス撮影中に起きたのですが、GoPro10のバッテリーが途中、1時間程度で切れてしまいました。ほぼ同じ条件下の撮影でGoPro9、8、7はまだバッテリーが切れていませんでした。メーカーに確認したところ、ソフトウェアの問題の可能性があり、アップデートで対応とのことでした。

ちなみにGoProは撮影中にモバイルバッテリーなどからUSB経由で給電可能です。充電ではなく給電です。GoPro画面上のバッテリー残量は変化がないまま、モバイルバッテリーが尽きるまで撮影できます。注意点として、GoPro本体が熱くなり撮影が停止する場合があるようです。
gopro10モバイルバッテリー給電
そのためモバイルバッテリーをつないだり、外したりして発熱を逃がそうとしました。しかし、モバイルバッテリーを撮影中に外すと撮影自体が停止してしまいエラーのようになりました。1度だけのテストなので毎回そうなるかは不明ですが注意してください。



ナイトラプス撮影の画質

夜間撮影専用のナイトラプスで撮影をしました。細かい設定と知識、何度かの検証が必要ですが、タイムラプスでの撮影よりも明るくキレイに撮れました。

GoPro9と比べるとザラツキが抑えられているようです。しかしどのみち夜間撮影は苦手です。

画質チェックgopro10アクションカメラ 画質チェックgopro10アクションカメラ

夜間撮影の画質まとめ

GoPro10で暗所、夜間撮影は可能です。しかし元々アクションカメラやGoProは昼間の明るい時間帯のスポーツなどを撮影することが多いはずです。そのため、夜間撮影は可能ですが、GoPro10は得意ではない、というのが私の感想です。




手振れ補正

GoPro9から導入された『水平維持機構』と、GoPro10に導入された最新の『HyperSmooth 4.0』で超強力な手振れ補正を実現しています。

GoPro7や8と比べると左右の傾きがなくなり、手振れ補正も非常になめらかになっています。GoPro9と比べるとほんのわずかですが手振れが少なくなります。




前面モニター

GoPro9から導入された前面モニターへの録画映像の表示ですが、自撮り用としてはかなり便利です。

gopro10

GoPro8は前面モニターに秒数などの表示のみでした。

前面モニターgopro8アクションカメラ

使いやすさ

GoProはアクションカメラの中でも最も使いやすいです。

物理ボタンが『起動』と『録画』の2つだけなのが分かりやすいです。

gopro10 gopro10

またこれは前からある機能ですが、電源オフ時に、録画ボタンを押すと瞬時に起動し録画が始まる『QuikCapture(クイックキャプチャー)』がものすごく便利です。

他のアクションカメラだと、「まず起動させて…」の間に録画対象を逃すことがよくあります。しかし『QuikCapture(クイックキャプチャー)』を設定していると、電源オフ時でもすぐ録画開始できるので便利です。私は通常使いではほぼこのQuikCaptureを使っています。


設定しないと使えないので注意しましょう。
gopro10クイックキャプチャ設定

タッチパネルは反応良くなめらかな動きをします。初心者は初期設定そのままでも使えますし、上級者はかなり細かく設定をすることもできます。




外観

gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10 gopro10

GoProサブスクリプション付きとは?

GoProには色々な特典付きのサブスクリプション制度があります。
【参考】GoPro公式サブスクリプション解説

結論からいうとGoPro10を買う時は公式でサブスク付を購入するのが最もお得です。

GoPro公式サイトに行くと、『1年間のGoProサブスクリプション付きでお買い得』に最初からチェックがはいっています。

この状態だと54,000円です。

gopro10サブスクリプション

チェックを外すと、64,000円です。

gopro10サブスクリプション

サブスク付を選ぶことでGoPro本体を1万円引きで購入でき、なおかつ様々な特典を得ることができます。しかもサブスクは1年後、解約すれば追加料金は一切かかりません。

GoProサブスクリプションの特典は以下の通りです。

  • ・容量無制限のクラウドバックアップと自動アップロード
  • ・Quikアプリを無制限に利用可能
  • ・GoProの新規購入時の限定割引
  • ・GoPro.comで最大50%オフ
  • ・ライブストリーミング
  • 理由を問わないカメラの交換補償

理由を問わないカメラの交換補償とは?

GoPro本体を新品と交換できます。ただし交換手数料は発生します。GoPro10の場合は12,300円です。

【参考】GoPro公式交換補償QA

サブスクリプションの継続料金は?

1年間のサブスクリプション料金は6,000円です。1年後忘れないように解約か、更新するか検討してみてください。




まとめ

アクションカメラの購入で迷っている方は、ぜひGoPro10を検討してみてください。予算を抑えたい場合はGoPro9でも良いでしょう。最新式が良いか、少しでも安く手に入れたいかで検討しましょう。


アクションカメラ 特徴
GoPro10GoPro HERO10
64,000円
2021年発売のアクションカメラ。GoPro9からさらに進化したHyperSmooth4.0と5.3K60が特徴。

性能的には9よりアップしているが実際使ってみた実感として大差はない。4K撮影やスロー撮影をよく使う場合は10がおすすめ。それ以外、フルHDなど主体に使うのであれば値段の安いGoPro9も対象になる。

購入は公式のサブスク付が最もお買い得。

最大解像度フレームレート視野角手振れ補正Wi-Fi/BT
5.3K24-24067-121°○/○
モニター/前面タッチパネルマイク端子防水アプリ
○/○本体

※『BT』はbluetoothの略。

関連記事

【2018】アクションカメラおすすめ比較ランキング 17機種 選び方3つのポイント

【2021】アクションカメラおすすめ比較ランキング23機種選び方3つのポイント

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、私がGoPro、DJI、SONY、Panasonic、RICOH、OLYMPUS、中華系カメラを実際に使 ...

【レビュー】RICOH WG-M2スペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ

RICOH WG-M2レビュー 実際使って試してみた

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、2016年に発売されたアクション・ウェアラブルカメラ『RICOH WG-M2』を実際に購入し、使ったみた ...

動画用カメラの選び方

動画用カメラの選び方

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は動画撮影機材の選び方を分かりやすく解説します。ビデオカメラやスマートフォンなど自分にあった機材を選んでみま ...

【レビュー】AKASO Brave 7 スペック比較・使い方・設定方法 おすすめの人気アクション・ウェアラブルカメラ

AKASO Brave 7レビュー 実際使って試してみた

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、アクション・ウェアラブルカメラ『AKASO Brave 7』を実際に使ったみた感想を紹介します。

DJI Osmo Action アクション・ウェアラブルカメラ

DJI Osmo Actionレビュー 実際使って試してみた

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は、アクション・ウェアラブルカメラ『DJI Osmo Action』を実際に使ったみた感想を紹介します。

  • この記事を書いた人

株式会社ドウガテック内村航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科の動画講座非常勤講師。 著書・暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版) ・iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS) ・月刊BANコラム より詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Macこの動画を YouTube で視聴 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、Yo ...

【2020】動画編集アプリおすすめ人気ランキング無料有料iPhone/Android 2

iPhone/アンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを作りました。 初心者や、YouTuber向け、パソコン並みの高性能アプリのおすすめを ...

動画の作り方入門 3

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。 今回は動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が ...

動画編集スクールおすすめ26選 4

最近「動画編集をしたい!」という方が増えています。YouTuberや趣味としての動画作りも人気ですが、副業として本格的な動画編集をしてみたいという方も増えています。 当サイト調べでは動画編集スクールの ...

-ビデオカメラ
-

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.