カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

iMovie’11(ver9)の使い方 Macで動画編集する方法(1)

更新日:

iMovieの使い方 Macで動画編集する方法

※この記事は2011年のver9.0のiMovieを基に作っています。2018年現在で最新のiMovie’13(ver10)の使い方記事はこちらをご覧ください。

こんにちは!hamochikuです。

今回から、Macパソコン、iMacやMacBookなどの
動画編集ソフト「iMovie」の使い方を解説していきます!



逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

スポンサーリンク


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し



スポンサーリンク1


iMovieとは

iMovieは、Mac用の動画編集ソフトウェアです。
自分で撮影したムービーや、
写真を使って簡単に動画を作ることができます。



iMovieの使い方 Macで動画編集する方法


カット編集、タイトル入れ、BGMの挿入など基本的な編集機能から、
様々な特殊効果や、背景の合成など高度な機能もついています。

しかも、値段は他の動画編集ソフトと比べてみてもかなり安価です。
(2015年4月時点では、1,800円)。

また、使い方は簡単で、初心者の方におすすめです。

ビデオカメラや、iPhone、iPadなどで撮影したムービーを
iMovieに取り込んで気軽に編集をすることができます。


スポンサーリンク2


iMovieは楽しい!

私は、友達と遊びに行くときや、旅行先、
なにげない日常のおもしろいシーンなどをiPhoneでよく撮影しています。

撮影したムービーは、MacのiMovieを使って編集をします。

編集したものをYouTube、Facebook、Lineなどで
友達や家族と共有すると、みな驚き、喜んでくれます。

ただ撮影したものをそのまま見せるよりも、
少し手をかけたものを披露するのとでは、
反応がまったく違うのです。

「すごい!」という驚きの声や、
「嬉しい!」という感謝の声が返ってきます。

特に結婚式のムービーを作ったり、
小さなお子さんのムービーを作ってプレゼントすると喜んでもらえます。

喜んでもらえると楽しくなり、
「次はもっとがんばろう!」と
ムービー編集にどんどんはまっていってしまいます。

皆さんも、iMovieを使って、
ほんの少しだけムービーに手を加えてみませんか?
きっと素敵な体験ができると思います。

次の記事からは、
具体的なiMovieの使い方を解説していきます!


スポンサーリンク3


おすすめのiMovieの解説本

このカンタン動画入門でも無料で
iMovieの解説を読むことはできますが、
より詳しい内容は、この参考書 を参考にしてください。

わたくしhamochikuが書いた本なので、
お墨付きですよ(笑)



スポンサーリンク4


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し


逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

-動画ソフト・アプリ
-, , ,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.