カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

iMovie’11(ver9)の使い方 ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから Macで動画編集する方法(4)

更新日:

iMovieの使い方 ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから Macで動画編集する方法(4)

※この記事は2011年のver9.0のiMovieを基に作っています。2018年現在で最新のiMovie’13(ver10)の使い方記事はこちらをご覧ください。

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。

今回は、iMovieの使い方、
コンピュータ上のメディアからの
ムービーの取り込み方について解説していきます。



逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

スポンサーリンク


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し

■iPhone
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方

■iPad
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
iMovieの使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovieの使い方

■Mac
iMovie’13(ver10)の使い方
iMovie’11(ver9)の使い方

スポンサーリンク1


デバイスとMacを接続する

USBケーブルとMacを接続してから、デバイスの電源を入れましょう。


スポンサーリンク2


素材を読み込む

ツールバーの「読み込む」ボタンをクリックします。

iMovieの使い方 ムービーの取り込み方 Macで動画編集する方法(2)


「読み込む」ウィンドウのサイドバーにiPhoneなどのデバイスが表示されます。

デバイスを選択すると、
デバイス内の素材が表示されるので素材を選択します。

複数選択する場合は、
コマンドボタンを押しながら、素材を選択していきましょう。

読込先を既存イベントか、新規イベントに設定します。

最後に、「選択した項目を読み込む」をクリックすると、
読み込みが開始されます。

iMovieの使い方 ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから Macで動画編集する方法(4)


スポンサーリンク3


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し

■iPhone
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方

■iPad
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
iMovieの使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovieの使い方

■Mac
iMovie’13(ver10)の使い方
iMovie’11(ver9)の使い方

↓私、フクモトワタルが書いたiMovieの入門書です!
おすすめなので、ぜひご覧になってください。

逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

-動画ソフト・アプリ
-, ,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2019 All Rights Reserved.