カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

iMovie’11(ver9)の使い方 ムービーの書き出し Macで動画編集する方法(16)

更新日:

195-imovie-mac

※この記事は2011年のver9.0のiMovieを基に作っています。2018年現在で最新のiMovie’13(ver10)の使い方記事はこちらをご覧ください。

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのhamochikuです。

今回は、iMovieの使い方、
ムービーの書き出しについて解説していきます。



逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

スポンサーリンク


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し


スポンサーリンク1


ムービーをファイルとして書き出してみよう

ムービーをファイルとして書き出してみましょう。

書き出したファイルは、iMovieで素材に使ったり、
他のアプリケーションで使用することができます。


ファイルに書き出そう

共有したいプロジェクトを開き、
画面上部の「共有」→「ファイル」をクリックしましょう。

iMovieの使い方 ムービーの書き出し Macで動画編集する方法(16)


ムービーの設定をしよう

編集ウィンドウが立ち上がるので、
タイトル、説明文、タグ、サイズを編集しましょう。

iMovieの使い方 ムービーの書き出し Macで動画編集する方法(16)

設定が済んだら、
「次へ」をクリックしてください。


ムービーの保存場所を決め、
「保存」をクリックしてください。

iMovieの使い方 ムービーの書き出し Macで動画編集する方法(16)


書き出し完了後、
保存先のムービーをダブルクリックすると再生が始まります。

iMovieの使い方 ムービーの書き出し Macで動画編集する方法(16)


さあ、ここまでの記事を読めば、
もう一通りMacのiMovieは使えるようになっているはずです!

これ以降の記事は
より高度なテクニックについて
解説行きます!

それでは、お疲れ様でした!
次の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク2


iMovieの使い方記事一覧

(1)はじめに
(2)ムービーの取り込み方 ファイルベースデータから
(3)ムービーの取り込み方 コンピュータ上のメディアから
(4)ムービーの取り込み方 iPhone、iPad、iPod touchから
(5)素材の整理法
(6)ムービー編集の基礎について
(7)トランジションの入れ方
(8)タイトル(文字)の入れ方
(9)テーマ機能の使い方
(10)写真でスライドショーを作る
(11)BGM・オーディオの入れ方
(12)効果音(サウンドエフェクト)
(13)ナレーション録音(アフレコ機能)
(14)音量調整の仕方
(15)オーディオのフェードイン・アウト
(16)ムービーの書き出し

↓私、hamochikuが書いたiMovieの入門書です!
おすすめなので、ぜひご覧になってください。

逆引きiMovie動画編集―「やりたいこと」の手順がスグに解る!

-動画ソフト・アプリ
-, ,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.