機材

人気のビデオカメラランキング トップ5 2015年11月調べ

投稿日:2015/11/14 更新日:

人気のビデオカメラランキング トップ5 2015年11月調べ

こんにちは! hamochikuです。

今回は、人気のビデオカメラランキング2015/11。
カンタン動画入門の独自調査で、人気の秘密に迫ります!

スポンサーリンク

【PickUp!】

ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの4点


スポンサーリンク1


ビデオカメラトレンド分析

パナソニックのビデオカメラが今、大人気です。
その理由は、「イベント」の撮影に特化した結果。

1つは運動会で活躍する高ズーム機能。
もうひとつが撮影者や、その他の風景を同時に撮れる『ワイプ撮り』。

SONYの最強の『空間手振れ補正機能』カメラも同様の理由で2位にランクイン。
以降はワイプ撮り機種が続く結果となりました。

運動会、文化祭の季節にそった結果といえるでしょう。


スポンサーリンク2


第1位:Panasonic V360 強力なズーム&手振れ補正機能


Panasonic HDビデオカメラ V360

V360は、「操作性が良い」「音質が良い」という声が多く、満足度の高い機種です。
また、iA(インテリジェントオート)ズームは光学50倍を超えた90倍までキレイに撮影できます。

カメラの傾き補正も強力で、斜めなっている動画をまっすぐに修正。
まさにイベント向けのビデオカメラといえるでしょう。

総合評価 ★★★★★
価格目安 28,500円
ズーム 光学50倍/デジタル500倍
手振れ補正 光学式
撮影時間 125分
重量 213グラム
記録メディア 内蔵16GB、SD/SDHC/SDXCカード
商品詳細 詳細はこちら



スポンサーリンク3


第2位:SONY HDR-CX670 最強の空間光学手振れ補正機能


SONY HDR-CX670

HDR-CX670は、「液晶が見やすい」「音質がキレイ」という声が多い機種です。

SONY独自の「空間光学手振れ補正機能」が、怖いくらい揺れや傾きを防ぎます。
一度、店舗などで手にとってズームしてみてください。
びっくりすること間違いなしです!

こちらも運動会などのイベントで大活躍ですね。

総合評価 ★★★★
価格目安 41,690円
ズーム 光学30倍/デジタル350倍
手振れ補正 光学式
撮影時間 150分
重量 305グラム
記録メディア 内蔵32GB、SD/SDHC/SDXCカード/メモリースティックマイクロ
商品詳細 詳細はこちら



スポンサーリンク4


第3位:Panasonic W570M 90倍ズーム&ワイプ撮り


Panasonic W570M



W570Mは、「軽い」「コンパクト」という声が多く、使いやすい機種です。

今人気のワイプ撮りは、被写体だけでなく撮影者も記録できます。
また、メインカメラで子どもをアップ、サブカメラで舞台全体を撮影。
なんて便利な使い方もできます。



総合評価 ★★★★
価格目安 40,000円
ズーム 光学50倍/デジタル500倍
手振れ補正 光学式
撮影時間 135分
重量 268グラム
記録メディア 内蔵32GB、SD/SDHC/SDXCカード
商品詳細 詳細はこちら


スポンサーリンク5


第4位:Panasonic W870M ワイプ撮りサブカメラも高画質



Panasonic HDビデオカメラ W870M
W870Mは、「画質が良い」「機能性が高い」と、評価されている機種です。

この機種にも、もちろんワイプ撮りが搭載されています。
しかも、ワイプ撮りのサブカメラもフルHD画質で録画可能。

イベントごとで、ワンランク上の動画を撮影できます。




総合評価 ★★★
価格目安 65,800円
ズーム 光学20倍/デジタル250倍
手振れ補正 光学式
撮影時間 210分
重量 362グラム
記録メディア 内蔵64GB、SD/SDHC/SDXCカード
商品詳細 詳細はこちら


第5位:Panasonic WX970M ワイプ撮りも4Kのハイスペック機種



Panasonic WX970M
Panasonic家庭用ビデオカメララインナップ最強の機種がWX970Mです。
WX970Mは、「画質が良い」と評判の4K機種です。

値段も4Kながら10万円を切るという低価格。
メインカメラだけでなく、サブカメラのワイプ撮りまで4K!

ただし重量が重く、4Kを編集するためのソフト、ハイスペックPCが必要。
また、4GB(9分)ごとにファイルが分割されるため音とびなどの現象も出ているよう。

ちなみに、4K対応のテレビでないと、4Kの魅力を味わえないので注意が必要です。

総合評価 ★★★
価格目安 85,600円
ズーム 光学20倍/デジタル250倍
手振れ補正 光学式
撮影時間 210分
重量 362グラム
記録メディア 内蔵64GB、SD/SDHC/SDXCカード
商品詳細 詳細はこちら


ビデオカメラの選び方記事一覧

(1)ビデオカメラの性能・スペックの見方
(2)おすすめの家庭用ビデオカメラ ベスト3ランキング
(3)最新ビデオカメラと型落ちビデオカメラ比較 どっちがお得?
(4)ビデオカメラと一緒に買っておいたほうが良いもの4点

-機材
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【レビュー】SONY、HXR-NX30Jを触ってきた

こんにちは、hamochikuです! 今日、たまたま某映像機器の販売店で sonyのHXR-NX30Jという業務用ビデオカメラを触る機会がありました。

【レビュー】JVC EVERIO GZ-E265で微速度撮影をしてみた

こんにちは! hamochikuです。 今回は、GZ-E265の 微速度撮影機能、 タイムラプスを解説します。

料理動画を作る方法

料理動画を作る方法 機材・撮影・編集のコツ

こんにちは! hamochikuです。 今回は、料理動画の作り方を解説します。

おすすめのSDカードリーダーまとめ 3つのタイプを紹介

おすすめのSDカードリーダーまとめ 3つのタイプとは?

こんにちは! hamochikuです。 今回は、おすすめのカードリーダーを種類別にまとめてみました!

動画編集用パソコンのおすすめパーツ・スペック・BTO解説

動画編集用パソコンのおすすめパーツ・スペック・BTO解説

こんにちは! hamochikuです。 今回は動画編集用パソコンについて解説します。





スポンサーリンク

管理人:hamochiku(はもちく)

メール:info■douga-tec.com
(■を@に変えてください)

都内某大手インターネットメディアで動画ニュースなどの制作→東証一部上場企業でウェブマーケティング→地方に移住し、動画などを使った情報発信を行政とコラボ、その他、動画の作り方教室を主催しています!
iMovieの本を出しました。

記事の執筆依頼・月極広告の問い合わせはこちらをご覧ください。

★ライター募集のお知らせ




hamochiku(はもちく)

お気軽に、フォロー、いいね、お願いします!
by