再生できない動画を再生できるようにする方法 K-Lite Codec Pack


133

こんにちは! hamochikuです。

今回は、再生できない動画形式のファイルを
再生できるようにする方法を解説します。

スポンサーリンク

【PickUp!】

コーデックとは?

Windowsメディアプレーヤーだと
再生することができないファイルがあります。

詳しい話はここでは省きますが、
「コーデック」をインストールすれば
動画が再生できるようになります。

今回、おススメするコーデックが、
K-Lite Codec Pack Basicです。

このコーデックパックをインストールすれば、
大抵のファイルを再生することができます。

映像:AVI, MKV, MP4, FLV, MPEG, MOV, TS, M2TS, WMV, RM, RMVB, OGM, WebM
音声:MP3, FLAC, M4A, AAC, OGG, 3GP, AMR, APE, MKA, Opus, Wavpack



スポンサーリンク1


K-Lite Codec Pack Basicをインストールしよう

では、まずダウンロード画面に行き、
「Mirror 1」をクリックしてください。

133-002



次に画面右の
「Download Now」をクリック。

133-003




「ファイルを保存」

133-004



ダウンロード後に、
アイコンをダブルクリック。

133-005



「実行」

133-006



「はい」

133-007



「Next」

133-008



「Normal mode」→「Next」

133-009



「Next」

133-010



「Next」

133-011



「Next」

133-012



「Media Player Classic」→「Next」

133-013



「Next」

133-013b



「Next」

133-014



「Install」

133-015



インストールが始まります。

133-016



インストールが完了しました!

133-017



これで、今まで再生できなかった
ファイルが再生できるようになったはずです。

もしまだ再生できないようであれば、
「Standard」バージョンをインストールしてください。



それではお疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう。

カテゴリー: ソフト・アプリ タグ: , , パーマリンク

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)