【2017】動画編集入門ソフト・サービス比較ランキング 有料・無料まとめ


【2017】動画編集入門ソフト・サービス比較ランキング 有料・無料まとめ
こんにちは! hamochikuです。

2017年最新の、有料・無料の動画編集ソフト・サービスをランキングにしてまとめました。採点の基準は、前回のランキング同様、初心者でもカンタンに動画編集ができるか?です。

どれだけ高機能でも使いづらいものは高い評価は付けていません。あくまでどのソフトが動画編集の入門に最適かで判断をしています。

スポンサーリンク

【PickUp!】


2017年動画編集ソフト・サービスランキング表

今回紹介する動画編集ソフト・サービスを表にしてみました。
順位 ソフト・サービス名 料金 特徴 商品詳細
1位
16,000円 欠点のない優秀な動画編集ソフト。全ソフトの中で1番バランスが良く、動作も軽い。PC画面の録画機能も追加されたため2017年は1位に。
2位
14,000円 ほぼプロ用ソフト並みの機能を初心者でも直感的に操作できる。パソコンのスペックによっては動作が重いことも。
3位
13,000円 動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PC画面の録画機能も有。唯一、トランジション設定に難有り。
4位
7,000円 とにかく動作が軽い。パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。使い方の情報が少ないので、ガイドブック付の購入は必須。
5位
無料 Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめ。
6位
無料 元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトと同等の機能。使いづらいところがあるが、慣れてしまえば特に問題はない。
7位
無料 色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。
8位
7,000円 完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。
番外
無料 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。


スポンサーリンク1


第1位 PowerDirector 動画編集ソフト

PowerDirectorは、カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。
PowerDirectorインターフェイス


また、Screen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。
PowerDirector Screen Recorder

パソコンの必要スペックは低~中級で、特に他のソフトへのこだわりがなければ、PowerDirectorがおすすめです。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
1位
5点
16,000円


スポンサーリンク2


第2位 Adobe Premiere Elements 動画編集ソフト

Adobe Premiere Elementsは、Adobeのプロ用ソフトの一般家庭用版です。機能はプロ用とほぼそん色なく、直感的な操作が可能。
Adobe Premiere Elementsインターフェイス

ただし、動作が重いため中~高スペックパソコンのユーザー向け。ストレスなく動くか、一度体験版での確認が必須です。

動画編集を将来仕事で使ったり、プロを目指している場合だとPowerDirectorよりも、Adobe Premiere Elementsがおすすめ。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
2位
4点
14,000円


スポンサーリンク3


第3位 VideoStudio 動画編集ソフト

動画編集に必要な機能はすべて備わっている安定したソフトです。
VideoStudioインターフェイス


パソコン画面を録画する機能がありますが、PowerDirectorにも付属されるようになったため、VideoStudioを選ぶ魅力が半減しました。
VideoStudio画面の録画


また、動画間をつなぐ特殊効果トランジションを使うと、編集した動画が短くなるという欠点もいまだ解決していません。1位、2位のソフトは対応済み。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
3位
4点
13,000円


スポンサーリンク4


第4位 MovieStudio 動画編集ソフト

とにかく動作が軽いことで評判の動画編集ソフトです。パソコンスペックに自信がない方には特におすすめ。
MovieStudioインターフェイス

ただし、マニュアル類が少なく、サポートも英語であるため、動画編集の専門用語を自分で調べていく必要が出てきます。初心者向けのマニュアル付でも販売しているので、マニュアル付の購入は必須。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
4位
3点
7,000円


スポンサーリンク5


第5位 Windowsムービーメーカー 動画編集ソフト

Microソフト製のWindows用無料動画編集ソフトです。無料で使えることは魅力的ですが、インターフェイスが独特で、直感的に分かりづらい。
Windowsムービーメーカーインターフェイス

写真を使ったスライドショーの作成など、簡易的な動画編集にはおすすめ。

しかし、ずっとこのソフトで動画編集を続けるのはおすすめできません。どうしてもフリー・無料の動画編集ソフトが使いたい場合は、第6位のLightWorksがおすすめです。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
5位
2点
無料


第6位 Lightworks 動画編集ソフト

元はプロ用の有料ソフト。オープン化し、基本的な機能は無料で公開されています。
LighthWorksインターフェイス

プロ用だけあって、無料とは思えない機能がついています。ただし、使い勝手が悪く、あまり初心者向けとはいえません。

どうしてもフリー・無料で動画編集がしたい人にはおすすめです。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
6位
3点
無料


第7位 AviUtl 動画編集ソフト

拡張性の高い無料の動画編集ソフトです。
AviUtlインターフェイス

使いこなすことができれば良いソフトなのですが、ソフトの導入からしてハードルが高いです。また操作性も良いとはいえず、初心者にはおすすめできません。

どうしてもフリー・無料で動画編集がしたい人には、Windowsムービーメーカーか、LightWorksがおすすめです。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
7位
2点
無料


第8位 VideoPad 動画編集ソフト

VideoPadは、元々無料でしたが、有料になった動画編集ソフト。機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトになってしまいました。
VideoPadインターフェイス

試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を3回以上すると無料使用不可になります(未確認)。7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
8位
1点
7,000円


番外 YouTube 動画編集サービス

Youtubeの無料アカウントがあれば使える動画編集エディタです。かなり簡易的な編集サービスですが、カット、テキストテロップ、BGM音楽、手振れ補正機能などが使えます。
写真のみのスライドショーの作成などに使いやすい。
YouTube動画エディター


アカウントがあればすぐにでも使用できるので、動画編集入門には最適。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
番外
3点
無料


番外 WE VIDEO 動画編集サービス

ブラウザ上で本格的な動画編集ができる無料サービスです。
ブラウザで動画編集できる無料サービスWE VIDEOインターフェイス

ブラウザ上での編集サービスとは思えない機能とインターフェイス。ほぼ有料動画編集ソフトと変わらない内容になっています。

ただし、無料版にはロゴが強制挿入されるので注意が必要。有料ソフトの感覚を知りたい場合は、試しに使ってみることをおすすめします。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
番外
2点
無料/有料プラン有


番外 Kizoa 動画編集サービス

ブラウザ上で、動画編集ができるシンプルで使いやすいサービス。特にスライドショーの作成が得意で、知識がなくても直感的に使えます。
動画編集サービスkizoa編集画面


利用は無料ですが、画質が低く、ダウンロードは1分以内の動画までと制限があります。使ってみて気に入れば、3,980円から高画質・1分以上ダウンロードができる有料会員もあるので検討してみると良いでしょう。

あまり高機能のソフトを求めていない人にはおすすめです。

順位 ソフト・サービス名 評価 料金 商品詳細
番外
1点
無料/有料プラン有


以上、2016年、動画編集入門ソフト・サービス比較ランキングでした。ぜひこの記事を参考にして動画編集を始めてみてください。

それではお疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう。


2017年動画編集ソフト・サービスランキング表

順位 ソフト・サービス名 料金 特徴 商品詳細
1位
16,000円 欠点のない優秀な動画編集ソフト。全ソフトの中で1番バランスが良く、動作も軽い。PC画面の録画機能も追加されたため2017年は1位に。
2位
14,000円 ほぼプロ用ソフト並みの機能を初心者でも直感的に操作できる。パソコンのスペックによっては動作が重いことも。
3位
13,000円 動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PC画面の録画機能も有。唯一、トランジション設定に難有り。
4位
7,000円 とにかく動作が軽い。パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。使い方の情報が少ないので、ガイドブック付の購入は必須。
5位
無料 Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめ。
6位
無料 元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトと同等の機能。使いづらいところがあるが、慣れてしまえば特に問題はない。
7位
無料 色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。
8位
7,000円 完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。
番外
無料 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

カテゴリー: ソフト・アプリ, 編集 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

【2017】動画編集入門ソフト・サービス比較ランキング 有料・無料まとめ への2件のフィードバック

  1. ピンバック: PowerDirector 14の使い方(1) 新機能の紹介 動画編集ソフト パワーディレクター入門 | カンタン動画入門_撮影、編集、webにアップする方法まで

  2. ピンバック: コーヒーサロンの報告 2016.11.05 | つづきパソピア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)