動画編集フリーソフト「VideoPad」の使い方


107

こんにちは! hamochikuです。

今回は、Windows用動画編集ソフト
VideoPadの基本的な使い方を解説していきます。

YouTubeで小さく稼ぐ ~再生回数2億回の達人が教える、撮った動画をお金に変える方法~

スポンサーリンク

【PickUp!】


VideoPadをダウンロード・インストールする


VideoPadは無料のソフトです。
※完全無料から、30日のみ無料に変更されたようです。
 有料版は、7,199円(家庭版)なので、
 無料のムービーメーカーか、
 PowerDirectorVideoStudio などの有料ソフトを買うことをおすすめします。

Windowsムービーメーカーは
あまり操作性が良いとはいえないので、
Windowsで動画編集するには、他の有料ソフトを強くおススメします。

公式サイトからダウンロードして、
インストールしてください。

107-000
download
http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/




スポンサーリンク1


VideoPadを起動してみよう

インストールが終わったら
VideoPadを立ち上げましょう。

107-001

ムービーメーカと違って、
VideoPadでは、この画面ですべての作業を行います。



スポンサーリンク2


動画ファイルを読み込んでみよう

では、さっそく編集したい動画ファイルを
VideoPadに読み込ませましょう。

画面左上の「メディアを追加」をクリックするか、
フォルダから直接、画面下のタイムラインに放り込んでください。

ここでは、「メディアを追加」を選択します。

107-001a


編集に使いたいファイルを選択してください。
複数選択する場合は、Ctrlキーを押しながら
複数同時にクリックしましょう。

107-002


今回は、3つの動画ファイルを読み込みました。
画面左にファイル名が表示されています。

107-003



スポンサーリンク3


動画ファイルをタイムラインに挿入してみよう

次に読み込ませた動画ファイルを
編集の設計図ともいえる「タイムライン」に入れます。

まず、読み込んだ動画ファイルのひとつを
クリックしてください。

すると、左側の画面に、その動画が表示されます。
次に、表示された画面下にある緑の↓をクリックしましょう。

107-003a


すると、選択した動画が
タイムラインに挿入されます。

107-04



スポンサーリンク4


動画ファイルを短く編集してみよう

タイムラインに挿入した動画を
自分の好きな長さに編集してみましょう。

左側のプレビュー画面下に
赤い▲と、青い▲があります。

その▲をクリックしたまま
左右にずらすと
タイムラインの動画の長さがその通り変わります。

107-05



スポンサーリンク5


複数のファイルを挿入してみよう

同じ方法で、全部で3つのファイルを
タイムラインに挿入してみます。

2つ目のファイルを挿入しようとすると、
「挿入位置をどこにするか?」と聞かれるので、
「タイムラインの末尾」を選択してください。

107-006



3つの動画ファイルを
タイムラインに挿入して、
それぞれ長さを調整しました。

107-007



スポンサーリンク6


プロジェクトを保存しておこう

このあたりで、今までのプロジェクト(設計図)を
「vpj」ファイルとして保存しておきましょう。

画面上部の「ファイル」、
「プロジェクトに名前をつけて保存する」をクリック。

107-008

この設計図を残しておけば、
後でまた編集をしなおすことができます。

動画ファイルは容量が大きく、
ソフトが不安定なので、
こまめに保存をするようにしましょう。



スポンサーリンク7


一度、編集した動画を再生してみよう

右側のプレビュー画面下にある
三角の再生ボタンをクリックしてください。

タイムラインの動画の再生が始まります。

107-008a

気になるところがあれば、
長さを調整したり、
ファイルを入れ替えたりしましょう。



スポンサーリンク8


動画ファイルの音声をフェードイン・アウトする

動画ファイルの音声の頭と、おしりに
フェードイン・アウトの効果をつけてみましょう。

これがなければ、ブツッ!と切れたように聞こえるので、
基本的にフェードイン・アウトは使うようにしましょう。

タイムライン頭にある動画を
右クリックして、
「フェードイン」をクリックしてください。

107-009



「フェードイン時間」が表示されるので、
好みで調整して、OKを押しましょう。

107-010



音声のラインが
フェードインになっています。

107-011


同じように一番後ろの動画ファイルには、
「フェードアウト」を選択しましょう。



動画ファイルの音量を調整しよう

次に動画ファイルの音声を一括して調整します。

タイムライン左にある
音量バーを左右に調整すると、
そのタイムラインの音声すべてに効果が反映されます。

107-016



音楽ファイルを入れてみよう

次に、BGMをいれてみましょう。

動画ファイルと同じ方法で読み込んで、
左画面下の↓ボタンをクリックして挿入できます。

音量調整も、同じように行えます。

107-023



今回は、BGMを50%ほどにし、
動画ファイルの音声を20%ほどにしました。

107-024



テロップ(サブタイトル)を入れてみよう

動画ファイルの上に文字を入れてみましょう。

画面上部の「サブタイトル」をクリックしてください。

107-012jpg



テロップ編集画面が表示されるので、
好きな文字を記入してください。

107-013

これで、動画上にテロップが表示されるようになります。



動画間に特殊効果を入れてみよう(トランジション)

1つ目と2つ目の動画の間のつなぎに
ふわぁーっとなる効果を入れてみましょう。

タイムラインの動画ファイルの上に
四角いトランジションボタンがあるので
クリックしてください。

107-014


色々な特殊効果が表示されますが、
今回は、「クロスフェード」を選択、
適用してください。

107-015



クロスフェードが適用されました。

107-016a



基本的に、トランジションなしか、
使っても「クロスフェード」のみをおススメします。

色々な効果を入れてしまうと
どうしても安っぽくなってしまうのです。



最終チェックをしてみましょう

これで編集作業はおしまいです。

念のため、右のプレビュー画面で
タイムラインを再生してみましょう。

問題なければ、次はいよいよ書き出しです。



書き出し作業

画面上部の「動画を保存」をクリックしてください。

107-017a



「ビデオ出力設定」画面が表示されるので、
画像のような設定をして、
OKを押してください。

107-019



すると、書き出しが始まります。

107-020



書き出しが終わると、
無事作成されたと表示されます。

107-021



こんな動画ができました

作った動画をYouTubeにアップしてみました。





お疲れ様でした。
これで、VideoPadの基本的な使い方は終了です。

基本的な使い方が分かったら
他にも色々設定があるので
色々といじってみてください。

では、また次の記事でお会いしましょう!

【その他の動画編集ソフトレビュー】
PowerDirectorの使い方
VideoStudioの使い方
Windowsムービーメーカーの使い方
Aviutlの使い方




2017年動画編集ソフト・サービスランキング表

順位 ソフト・サービス名 料金 特徴 商品詳細
1位
16,000円 欠点のない優秀な動画編集ソフト。全ソフトの中で1番バランスが良く、動作も軽い。PC画面の録画機能も追加されたため2017年は1位に。
2位
14,000円 ほぼプロ用ソフト並みの機能を初心者でも直感的に操作できる。パソコンのスペックによっては動作が重いことも。
3位
13,000円 動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PC画面の録画機能も有。唯一、トランジション設定に難有り。
4位
7,000円 とにかく動作が軽い。パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。使い方の情報が少ないので、ガイドブック付の購入は必須。
5位
無料 Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめ。
6位
無料 元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトと同等の機能。使いづらいところがあるが、慣れてしまえば特に問題はない。
7位
無料 色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。
8位
7,000円 完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。
番外
無料 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。
番外
無料/有料プラン有 ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

カテゴリー: ソフト・アプリ, 編集 タグ: , , パーマリンク

スポンサーリンク



スポンサーリンク

動画編集フリーソフト「VideoPad」の使い方 への9件のフィードバック

  1. 通りすがり のコメント:

    完全無料というわけではなく、何回かプロジェクトの保存をすると、動画の書き出しに買えといわれます。
    保存をしなくても一ヶ月経てばやはり書き出し時に買えと言われて使えなくなります。

    その点を留意した方がいいかもしれません。

  2. ピンバック: 動画編集入門ソフトランキング | カンタン動画入門~撮影、編集、YouTubeにアップする方法まで~

  3. 奈々氏 のコメント:

    ViodePadをダウンロード・インストールするってなってる。

    • hamo-chiku hamochiku のコメント:

      ご指摘ありがとうございます!
      修正しておきました。

  4. chiko2shiro のコメント:

    お忙しいところすみません。初めての動画編集です。
    videopadを使って60分の動画を50コマの画像に分割して、その画像に字幕を入れて必要なコマだけを繋いでDVDに焼きました。
    DVDをテレビで観ますとチラツキや残像、音声の途切れがたくさんあります。パソコンでは綺麗に再生されます。
    どこに問題があるのでしょうか。
    残像については、三脚でビデオ撮影する時には「手ぶれ防止機能」を切らないと駄目なようなことも聞きましたが、本当でしょうか。
    hamochikuさんのご推薦のpowerdirectorはこんな現象は起きないでしょうか。
    よろしくお願い致します。

    • hamo-chiku hamochiku のコメント:

      chiko2shiroさん

      返信遅くなってすみません!
      60分の動画を50コマの画像に分割して、というところですが、
      60分の動画を50個の動画に分割カットして編集したということでしょうか?

      DVDに関しては色々複雑な問題があり、
      再生機との相性、書き出し時の設定で不具合が発生することがあります。
      私も今色々調べているのですが、明確な回答がどこにもなく調査中です。

      三脚での撮影時はてぶれ補正は切らないといけません。
      手振れ補正は、手振れする前提ですので、
      おかしな挙動をしてしまうことがあります。

      powerdirectorで解決できるかというと、
      chiko2shiroさんの環境で試さないとわかりません。

      一度、powerdirectorの体験版で
      短めに編集してみてはいかがでしょう?

  5. VideoEED のコメント:

    初めまして、こちらVideo Padの説明がとても分かりやすいので一般のビデオ講座に利用してもよいですか?

  6. ピンバック: 結婚式ムービー自作の全手順&自作ムービーを成功させるコツ

  7. 詳しいです!

    情報ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)