動画機材

BenQ ScreenBar Plusモニター掛け式ライトスクリーンバーを使ってみた

掲載・更新日

【レビュー】BenQ ScreenBar Plus モニター掛け式ライトスクリーンバーを使ってみた

パソコンモニター用照明のBenQ ScreenBar Plus モニター掛け式ライトスクリーンバーの機能紹介、値段、使ってみた感想、使い方などを解説します。


→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)



モニター用照明とは?

暗い部屋で手元などを明るくしてくれるディスプレイ専用の照明のことです。


BenQ ScreenBar Plusはモニターに掛けるタイプで、上から手元やキーボードなどを明るく照らしてくれます。

BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus



BenQ ScreenBar Plusスペック

明るさや色温度もコントローラーで調整できます。輝度は14段階、色温度は8種類あります。

BenQ ScreenBar Plus色温度調整
BenQ ScreenBar Plus色温度調整
BenQ ScreenBar Plus色温度調整


電源はUSBです。私はディスプレイ裏のUSB端子から給電しています。

ディスプレイモニター裏のUSB給電
BenQ ScreenBar Plus


BenQ ScreenBar Plusスペック

アクションカメラ 特徴
モニター掛け式、USB給電のパソコン用照明。明るさは14段階、色温度は8種類。照明センサーを使った自動調整も可能。

ライトスタンドと違って場所を取らないし、映り込みも少なく、配線もゴチャゴチャしない。

横幅45センチあるので、小型ディスプレイモニターやノートパソコンだと大きすぎる。




使ってみた感想

パソコンの手元を明るくするのに、とても便利です。


以前はライトスタンドをそばに置いたこともあったのですが、場所を取るし、画面に映り込むし、配線はからむしで、使わなくなり捨ててしまいました。


そもそも部屋の電気をつければいいのですが、夜、家族が寝ている間、「明るくしたくないなぁ」という時がありました。その時、キーボードのバックライトのみだと、ちょっと暗い。そこでモニター掛け式のライトを使ってみたのですが、これがけっこう快適です。

BenQ ScreenBar Plus


場所は取らないですし、ディスプレイ裏からUSB給電できるので配線もごちゃごちゃしない、映り込みもほぼありません。

BenQ ScreenBar Plus


気になるのは、お値段と、45センチという横幅です。値段はコントローラーなしで税込み12,000円くらい、コントローラーありで16,000円(2020年11月調べ)です。



レビューでは42.5インチの4Kディスプレイを使っています。このサイズのディスプレイはかなり大きいのですが、ライトスクリーンバーの長さはちょうどいいです。

BenQ ScreenBar Plus明るさを変更する方法


しかし、小さなディスプレイモニターや、小型ノートパソコンだと大きすぎます。


試しに15.4インチのMacBookProに付けましたが、横から左右はみ出ました。明るくなるので良いのですが、Macのおしゃれ感がなくなります。

・照明なし

BenQ ScreenBar PlusをMacBookProに付けてみた


・照明あり

BenQ ScreenBar PlusをMacBookProに付けてみた
BenQ ScreenBar PlusをMacBookProに付けてみた


パソコンの手元が暗くて、ちょっと困っているのであれば、これ1本で解決できるのでおすすめです。





内容物

・モニター掛け式ライトスクリーンバー
・モニター掛け
・USB給電コントローラー

BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus



取り付け方

まず電源供給できるUSBを決めましょう。おすすめはパソコンディスプレイ裏にあるUSB端子です。

ディスプレイモニター裏のUSB給電

地味な位置にあるので知らない人も多いのですが、通常ディスプレイ裏に数個の給電用USB端子があります。パソコンとつなぐ必要がないUSB給電であれば、この位置がおすすめです。


もしディスプレイ裏にない場合は、パソコンのUSB端子や、電源プラグにUSB変換アダプタをさして使いましょう。



ライトスクリーンバーとモニター掛けを合わせます。裏にUSB端子があるので、端子が見える様にはめます。

BenQ ScreenBar Plus
BenQ ScreenBar Plus


ライトスクリーンバーのUSB端子に、付属のコントローラーのUSBタイプCを刺して給電します。

BenQ ScreenBar Plus


最後にディスプレイ上に付ければ完成です。

BenQ ScreenBar Plus


上から見ると、このようになっています。

BenQ ScreenBar Plus



使い方

箱についてくる説明書は英語と中国語?です。

BenQ ScreenBar Plus説明書


まずコントローラーにはまっている厚紙を抜きましょう。

BenQ ScreenBar Plus


真ん中の丸いボタンを押します。

BenQ ScreenBar Plus


ライトスクリーンバーが点きました。

BenQ ScreenBar Plus


部屋を暗くした状態。

・テーブル全体

BenQ ScreenBar Plus


・手元のキーボード、マウスなど

BenQ ScreenBar Plus


ライトスクリーンバーを点けた状態。

・テーブル全体

BenQ ScreenBar Plus


・手元のキーボード、マウスなど

BenQ ScreenBar Plus

※カメラ設定はマニュアルで同じ状態にしています。



明るさを調整する方法

コントローラー左にある丸いボタンを押して、照度調整ランプに変更しましょう。もう一度押すと、色温度変更になります。

BenQ ScreenBar Plus照度調整


コントローラー真ん中のボタンを左右にクルクル回してください。

BenQ ScreenBar Plus明るさを変更する方法


14段階で、明るさが変わります。

BenQ ScreenBar Plus明るさを変更する方法
BenQ ScreenBar Plus明るさを変更する方法


色温度を調整する方法

照明の色を青、白、黄色など8種類に変更できます。


コントローラーの右ボタンを押して、色温度調整ランプを付けてください。

BenQ ScreenBar Plus色温度調整


真ん中のボタンダイヤルを回すと色が変わっていきます。

BenQ ScreenBar Plus色温度調整
BenQ ScreenBar Plus色温度調整


自動調整機能を使う方法

BenQ ScreenBar Plusには自動調光センサーが付いています。


左にある自動調光ボタンを押すと、自動で最適な明るさに設定されます。

BenQ ScreenBar Plus自動調光


角度を変える方法

スクリーンバーの向きは手でカンタンに変えることができます。


私の場合は初めに付けた状態だと少しまぶしかったので、モニター向きに回転させました。

BenQ ScreenBar Plus向きを変える方法
BenQ ScreenBar Plus向きを変える方法


これで、BenQ ScreenBar Plusのレビューは終わります。また別の記事でお会いしましょう!

関連記事

【レビュー】格安4Kウェアラブル・アクションカメラWiMiUSで撮影してみた GoPro同規格

WIMIUS Wifi 4Kレビュー実際使って試してみた

7,000円で買える、おすすめの格安4Kウェアラブル・アクションカメラWIMIUS Wifi 4K(30FPS)の紹介をします。 ちなみに読み方が不明なので、私は「うぃみうす」と呼んでます(笑)

ビデオカメラをレンタルしてみた 予約方法・料金・返送の方法など

ビデオカメラをレンタルしてみた予約方法・料金・返送の方法など

今、需要が増えてきているビデオカメラのレンタルを実際にしてみました! 予約の方法や、料金、返送まで解説します。

【レビュー】DBPOWER 4K N6スペック比較・使い方・設定方法 おすすめのアクション・ウェアラブルカメラ

DBPOWER 4K N6レビュー実際使って試してみた

2017年に発売された大人気の最新アクション・ウェアラブルカメラ『DBPOWER 4K N6』を実際に購入し、使ったみた感想を紹介します。

【プロが選ぶ】ビデオカメラ用SDカードの選び方 3つのポイント

【2022】ビデオカメラ用SDカードの選び方

ビデオカメラ用SDカードの選び方3つのポイントを、4K、フルHD1080pそれぞれ分けて詳しく解説していきます。

おすすめのSDカードリーダーまとめ 3つのタイプを紹介

おすすめのSDカードリーダーまとめ

おすすめのカードリーダーを種類別にまとめてみました!

  • この記事を書いた人

株式会社ドウガテック内村航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科動画講座非常勤講師、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ講師。 著書・暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版) ・iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS) ・月刊BANコラムより詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Macこの動画を YouTube で視聴 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、Yo ...

【2020】動画編集アプリおすすめ人気ランキング無料有料iPhone/Android 2

iPhone/アンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。 初心者や、YouTuber向け、パソコン並みの高性能アプリのおすすめを ...

動画の作り方入門 3

動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が自分で買ってレビューした機材です。

おすすめの動画編集スクール比較 4

最近「動画編集をしたい!」という方が増えています。YouTuberや趣味として動画を作るのであれば独学でも問題ありません。しかし社会人の仕事や副業、就職、転職用であれば、プロ仕様の動画編集ソフトの使い ...

-動画機材
-

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.