動画 動画ソフト・アプリ 動画編集

動画編集入門

掲載・更新日

動画編集入門

動画編集の方法について初心者、入門者向けに解説していきます。パソコン(Win/Mac)、スマホ(iPhone/アンドロイド)に対応した内容です。


→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


動画の作り方関連記事

動画の作り方入門



動画編集とは

動画編集とは、動画素材を短くカットして、BGM音楽やテキストテロップ、各種エフェクトをかけるなどして、最終的に1本の動画として書き出す編集作業のことをいいます。

以下、動画編集をする時に知っておいたほうが良い用語をまとめました。

タイムライン

動画を編集する場所のこと。ここに動画や音声、音楽素材を入れて編集します。

カット、トリミング編集

動画素材を短くしたり、分割したりしてつなげる作業です。

テロップ

動画内に表示される文字のことです。テキスト、タイトル、テロップ、字幕など色々な名前で呼ばれます。

BGM音楽

動画に入れる背景音楽のことです。その他効果音などもあります。

トランジション

動画と動画をつなぐ特殊効果のことです。

エフェクト

動画や音声などに特殊効果を与える機能のことです。動画を白黒にしたり、モザイクをかけたり、声を高くしたり、ノイズを消したりするなどの効果があります。

書き出し、出力、エンコード

動画を1本の動画としてタイムラインを書き出す作業です。

書き出し設定

編集した動画を書き出す時、どんな形式にするか決める必要があります。最近は動画編集ソフトやアプリでいくつか用意されているので、初めはあまり深く考えなくてもOKです。基本、コーデックH.264でコンテナをmp4にすれば問題ないです。

コーデック

動画を圧縮するプログラムのことです。

動画コーデックには、MPEG-4、wmv、H.264、H.265などがあります。音声コーデックには、MP3、AAC、FLAC、WMAなどがあります。

コンテナ

コーデックで圧縮した動画音声データを入れる箱のことです。コンテナには入れることができるコーデックが決まっています。

再生プレイヤー

動画を再生するためのプレイヤーソフト・アプリのことです。よほど変わった形式以外であれば標準プレイヤーで再生することができます。もし再生できない場合は、該当するコーデックのインストールや、フリーのプレイヤーなどを使ってみましょう。


動画編集をする方法、やり方とは?

動画編集するためには、(1)動画素材と(2)動画編集ソフト/アプリが必要です。

動画素材の撮り方

まず動画編集に使う動画素材を用意しましょう。

もし動画素材がない場合は、持っているスマホで動画を撮影してください。1本につき10秒間撮影し、それを3本撮ります。撮影するものは今そばにあるものであればなんでもOKです。例えば机でもいいですし、壁でも、パソコンでもマウスでも良いです。

撮るものを決めたら、必ずそれだけを10秒間撮ってください。カメラは動かさず、ただ10秒間撮り続けましょう。

動画撮影テクニック入門


動画素材の取り込み方

スマホで動画編集したい方

スマホ内の動画素材をアプリでそのまま編集できるので、取り込みなどはしなくてもOKです。

パソコンで動画編集したい方

スマートフォンとパソコンをUSBケーブルでつないでください。新しい窓が開き、スマホ内のデータが表示されます。その中から動画データをパソコン内にコピーしてください。



iPhoneで動画編集する方法

初めてiPhoneで動画編集する方には、Apple製の動画編集無料アプリiMovieがおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。
iPhone動画編集アプリ 特徴
アップル社製の無料動画編集アプリ。新しいiPhoneには初めからインストール済み。

基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップの作成、特殊効果トランジション、各種エフェクト、ピクチャインピクチャ、グリーンバッククロマキー、動画の書き出しができる。『初心者でもカンタンに使える』のが特徴なので、テキストのデザインなどはテンプレートのみで自由が効かない。初めて動画編集する人に特におすすめ。
カット編集 BGM音楽 テキスト 縦動画 フィルタ 自動編集 複数トラック PinP 4K
iPhone用動画編集アプリの選び方


アンドロイドで動画編集する方法

初めてアンドロイドスマートフォンで動画編集する方には、動画編集アプリPowerDirector(無料版)がおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。
iPhone動画編集アプリ 特徴
iPhone/アンドロイド用の動画編集アプリ。かなり自由に編集することができる。カット編集、テキストテロップ、BGMの挿入、フィルター、トランジション、複数トラック対応、書き出しなど、ほぼパソコンの動画編集アプリと同じ性能。

無料版は出力後にロゴが入ったり、複数トラックに上限がある。
カット編集 BGM音楽 テキスト 縦動画 フィルタ 自動編集 複数トラック PinP 4K
アンドロイド用動画編集アプリの選び方


Windowsで動画編集する方法

初めて動画編集する方には無料のフォト、YouTuberを目指している方や高機能なソフトを探している方にはPowerDirectorがおすすめです。

初心者向け動画編集フリーソフトフォト

初めてWindowsパソコンで動画編集する方には、Microsoft製の動画編集無料ソフトフォトがおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。
家庭用 動画編集ソフト 特徴
Microsoft製のWindows10標準の動画編集フリーソフト。元は写真管理アプリフォト内の動画機能だったが、ビデオエディターという名前に変わった。細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。Windowsムービーメーカーの開発が中止した今は、セキュリティ面からもこのビデオエディターアプリを使うのがおすすめ。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
動画編集ソフトの選び方


高機能動画編集ソフトPowerDirector

YouTuberになりたい方や、高機能ソフトを使い方には、動画編集ソフトPowerDirectorがおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。

動画編集ソフトの選び方


Macで動画編集する方法

初めて動画編集する方には無料のiMovie、YouTuberを目指している方や高機能なソフトを探している方にはFinalcutがおすすめです。

初心者向け動画編集フリーソフトiMovie

初めてMacで動画編集する方には、Apple製の動画編集無料ソフトiMovieがおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。
家庭用 動画編集ソフト 特徴
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。ただしテキストの編集機能が弱い。※Macとの相性によってエラーが起きる場合があり。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
動画編集ソフトの選び方


高機能動画編集ソフトFinal Cut Pro

YouTuberになりたい方や、高機能ソフトを使い方には、動画編集ソフトFinal Cut Proがおすすめです。使い方は、記事と動画で解説しているので参考にしてください。
家庭用 動画編集ソフト 特徴
MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberにおすすめのハイエンド動画編集ソフト。iMovieでは自由度が低く、AdobePremiereProCCは高機能過ぎるが、FinalCutProは、その中間。そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

動画編集ソフトの選び方

関連記事

Lens Distortionの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

Lens Distortionの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画の色情報をすべて反転する動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクト『Lens Distortion』(レンズディストーション)の効果と使い方を解説します。

動画編集ソフトVideoPadの使い方

VideoPadの使い方(5)トランジションの挿入方法 動画編集ソフト

Windows/Mac用動画編集ソフトVideoPadのトランジションの挿入・編集方法について解説します。

ラフエッジの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

ラフエッジの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画にモザイクをかける動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクトラフエッジの効果と使い方を解説します。

Keynoteを動画化する方法

Keynoteスライドを動画化する方法

Mac用プレゼンテーションソフトKeynote(キーノート)のスライドデータを動画に変換する2種類の方法を解説します。

動画編集ソフトFilmeの使い方(1) 機能の紹介

Filmeの使い方(2)基本的な使い方動画編集ソフト

Windows・Mac用動画編集ソフトFilme(フィルメ)の機能や値段、使い方、基本的なカット編集、BGM、テキストテロップ、トランジション、書き出しの方法を解説します。

  • この記事を書いた人

株式会社ドウガテック内村航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科動画講座非常勤講師、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ講師。 著書・暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版) ・iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS) ・月刊BANコラムより詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Macこの動画を YouTube で視聴 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、Yo ...

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング 2

iPhone/アンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。18本の動画編集アプリをすべて実際に使ってレビューしました。各アプリの詳 ...

動画の作り方入門 3

動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が自分で買ってレビューした機材です。

おすすめの動画編集スクール比較 4

最近「動画編集をしたい!」という方が増えています。YouTuberや趣味として動画を作るのであれば独学でも問題ありません。しかし社会人の仕事や副業、就職、転職用であれば、プロ仕様の動画編集ソフトの使い ...

-動画, 動画ソフト・アプリ, 動画編集
-