動画ソフト・アプリ

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング

掲載・更新日

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング

iPhoneやアンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。18本の動画編集アプリをすべて実際に使ってレビューしました。各アプリの詳しい使い方も別記事で解説しています。


※このランキングは、メーカーからの依頼や金銭のやりとりなどによる影響を一切受けていません。

→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


動画編集ソフト関連記事


動画編集アプリ価格・機能比較一覧表

動画編集アプリの価格と機能を比較した一覧表です。右にスクロールすることができます。

順位1位2位3位4位5位6位7位8位
動画編集ソフトVNLumaFusionAdobePremiereRushPerfectVideoキネマスターiMovieQuik GoProビデオエディタVITAVLLOVideoShowInShotVivaVideoVivaCutPicPlayPostMagistoVideoleapSpliceWeVideo
価格無料3,680円買切無料・無料版
・600円買切
・無料版
・月450円
・年2,500円
無料無料無料・無料版
・月450円
・年880円
・2,820円買切
・無料版
・年2,400円
・無料版
・月450円
・年1,400円
・4,280円買切
・無料版
・月280円
・年1,450円
・5,860円買切
・無料版
・月1,500円
・11,000円買切
・無料版
・月750円
・年5,300円
・12,000円買切
・無料版有
・月500円
・無料版
・月850円
・年3,800円
・無料版
・週350円
・無料版
・年490円~
対応OSiPhone
Android
iPhoneiPhone
Android
iPhoneiPhone
Android
iPhoneiPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhone
Android
iPhoneiPhoneiPhone
Android
無料版制限制限なし無料版なし制限なし・ロゴ挿入
・長さ制限
ロゴ挿入制限なし制限なし制限なし制限なし・ロゴ挿入
・長さ制限
・書出サイズ
・ロゴ挿入
・書出サイズ
ロゴ挿入・ロゴ挿入
・長さ制限
・書出サイズ
・ロゴ挿入
・書出サイズ
ロゴ挿入音楽制限・書出回数・ロゴ挿入
・書出回数
操作レベル上級者上級者上級者中級者中級者初心者初心者初心者
自由度
編集
音楽
テキスト
縦動画-
フィルタ
自動編集
複数トラック
4K
ソフト詳細VN
詳細
LumaFusion
詳細
AdobePremiereRush
詳細
PerfectVideo
詳細
キネマスター
詳細
iMovie
詳細
Quik GoProビデオエディタ
詳細
VITA
詳細
VLLO
詳細
VideoShow
詳細
InShot
詳細
VivaVideo
詳細
VivaCut
詳細
PicPlayPost
詳細
Magisto
詳細
Videoleap
詳細
Splice
詳細
WeVideo
詳細



動画編集アプリの選び方とは

動画編集アプリを選ぶ時に『機能』と『料金』を確認しましょう。

1.機能

カット編集動画の長さを編集する基本的な機能
BGM音楽サンプルの音楽や、スマホ内の好きな音楽を動画に挿入する機能
テキストテロップ動画に文字を入れる機能
縦動画縦向き動画を編集し、出力・書き出しできる機能
フィルタ動画や写真の色味を変更できる機能
自動編集動画素材やBGMなどを選ぶと、自動で長さを調整してくれる機能
複数トラックひとつのタイムラインに複数の動画や音楽を重ねて載せる機能
4K4K素材の編集入力と書き出し時に4Kサイズで書き出せる機能

▼より詳しい動画編集アプリに必要な機能の解説はこちら(クリックで開く)

カット編集

動画の長さを編集する基本的な機能です。前後をトリミングカットしたり、1本の動画を途中で分割し2本にする機能などがあります。

カット編集 動画編集アプリ

BGM音楽

サンプルの音楽や、スマホ内の好きな音楽を動画に挿入する機能です。フェードイン・アウト機能や、音量調整機能などもあります。

BGM音楽編集 動画編集アプリ

テキストテロップ

動画に文字を入れる機能です。文字の大きさや色、影、背景などをデザインすることができます。アプリによっては、テンプレートデザインしか選べないものや、細かいデザイン編集ができるものがあります。細かいデザイン編集が可能だと自由な反面、デザインが難しく、逆に素人っぽくなってしまう場合があります。もし心配な場合はテンプレートデザインを使えるアプリを選びましょう。

テキストテロップ編集 動画編集アプリ

縦動画

スマートフォンなどで撮影した縦向きや正方形の動画を編集し、出力・書き出しできる機能です。この機能がないと、縦動画の横に黒い帯ができてしまいます。またインスタグラムなど用に四角い動画など対応しているアプリもあります。

縦動画編集 動画編集アプリ

フィルタ

動画や写真の色味を変更できる機能です。明るくしたり、色を濃くしたり、白黒にしたりできるフィルタがあります。使いすぎると画が見づらくなるので注意しましょう。

フィルタ編集 動画編集アプリ

自動編集

動画素材やBGMなどを選ぶと、自動で長さを調整してくれる機能です。便利な反面、自由が効かず、こだわって編集したい人には必要のない機能です。

自動編集 動画編集アプリ

複数トラック

ひとつのタイムラインに複数の動画や音楽を重ねて載せる機能です。動画内に別の動画を小窓として表示するピクチャインピクチャを使う際に使います。

複数トラック編集 動画編集アプリ

4K

4K素材の編集対応機能と、出力書き出し時に4Kサイズで書き出せる機能があります。スマホアプリで対応しているものもありますが、まだ4Kはサイズが大きすぎるので普及していません。今はまだフルHD(1920×1080)で十分です。アプリによっては4Kの入力はできますが、出力はフルHDまでの場合もあるので注意しましょう。

4k FullHD解像度イメージ


2.料金

iPhone/アンドロイド用動画編集アプリには無料のものと、有料のものがあります。


無料の動画編集アプリは広告が出たり、出力した動画にロゴ(ウォーターマーク)がでるなどの制限があるので注意してください。

有料の動画編集アプリはピンキリです。パソコン並みに高性能なアプリから、サブスク制で機能のわりに高すぎるものから色々あります。値段と性能が合っていないアプリが多いので注意しましょう。

無料動画編集アプリ
  • ・機能が簡易的
    ・ロゴ挿入、時間制限、書き出し回数制限など
    ・広告有
有料動画編集アプリ
  • ・高性能~簡易的なものまでピンキリ
    ・ロゴの挿入なし
    ・広告なし


動画編集アプリおすすめランキング

iPhone/Android用動画編集アプリのおすすめを紹介します。

1位 動画編集アプリVN

動画編集アプリVN

VNはiPhone/Android用の無料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック対応、動画の書き出しなどの機能がそろっています。使い方や、デザインなどほぼパソコン用動画編集ソフトと同じです。


料金は完全無料で、広告が出る場合がありますが、ほとんど気になりません。動画編集アプリとしては最強です。ただ、この手のアプリは将来的に有料化、広告数が増えることがあるので注意が必要です。


こんな人におすすめ

パソコン用動画編集ソフトに慣れている人におすすめです。パソコン用ソフトとほぼ同等のことができます。


逆にスマホアプリのみしか使ったことがない人や、初めて動画編集をする人には多機能すぎるかもしれません。ちょっとした動画編集で良いのであれば他の簡易的なアプリがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVNVN
画面動画のサイズを変更する方法 動画編集アプリVNの使い方テキストテロップを移動する方法 動画編集アプリVNの使い方BGM音楽を挿入する方法 動画編集アプリVNの使い方タイムラインを書き出しする方法 動画編集アプリVNの使い方テキストテロップを移動する方法 動画編集アプリVNの使い方
価格無料
レビューiPhone/アンドロイド向けの最強の無料動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、複数トラックなど基本的な機能がある。ほぼパソコン用の動画編集ソフトと同等の機能。

広告表示がたまにあるが、ほとんど気にならない。無料にしては高機能すぎるので、今後有料化、広告が増える可能性あり。
使い方記事VN使い方記事
使い方動画VN使い方動画
ダウンロードVN
iPhoneダウンロード
VN
Androidダウンロード

動画編集アプリVNの使い方動画





2位 動画編集アプリLumaFusion

動画編集アプリLumaFusion

LumaFusionはiPhone/iPad用の有料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック、グリーンバッククロマキー、キーフレームアニメーション対応、動画の書き出しなどの機能がそろっています。機能や使い方はプロ向けのパソコン用動画編集ソフトとほぼ同じです。


値段は買い切りで3,680円。一瞬高いようにも見えますが、この全部入り機能で、他の有料動画編集アプリや、パソコン用動画編集ソフトと比べると、かなり安いです。


最近の動画編集アプリは簡易的なものでも、月や年払いのサブスクリプションモデルが多く月500円や年5,000円程度です。


一方、LumaFusionは1回買えばずっと使えますし、機能もスマホ用アプリの中では最上位級です。1年使ったとして月300円程度なので安いです。


こんな人におすすめ

高機能な反面、使い方はパソコン用のプロ向け動画編集ソフト並みに覚えることが多いです。パソコンソフトに慣れている方や、これから仕事で使いたい方、動画編集をもっと学びたい方などにおすすめです。


またiPhoneでも使えますが画面が小さいので、iPadでより力を発揮できると思います。


同じように高度な編集がしたいけど、無料アプリがいい場合は、VNがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリLumaFusionLumaFusion
画面動画編集アプリLumaFusion動画編集アプリLumaFusion動画編集アプリLumaFusion
価格3,680円買切
レビューiPhone/iPad向けの高機能の動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、複数トラック、グリーンバッククロマキー、キーフレームアニメーションなどパソコンのプロ向け動画編集ソフト並みの機能がある。使い方もパソコン用動画編集ソフトとほぼ同じ。

値段が高いように見えるがこの機能で買い切り価格としては安い!高機能な反面、初めて動画編集する人には難しい。経験者やプロ、これから勉強したい人におすすめ。
使い方記事LumaFusion使い方記事
ダウンロードLumaFusion
iPhoneダウンロード



3位 動画編集アプリAdobePremiereRush

動画編集アプリAdobePremiereRush

AdobePremiereRushはiPhone/Android用の無料動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


こんな人におすすめ

無料ですべての機能は使えますが、基本的にはパソコン版のAdobePremiereProCCを使う方向けのアプリです。『Rush(急いで)』という名前の通り、出先などでスマホを使ってさっと編集をして、本編集は会社や家のパソコンへアプリからデータを連携し、本編集をする、というのが本来の使い方です。


アプリのみで完結することもできますが、テキストテロップのデザイン機能がテンプレートなので、こだわって編集したい人には向きません。

動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリAdobePremiereRush
画面動画編集アプリAdobePremiereRush動画編集アプリAdobePremiereRush動画編集アプリAdobePremiereRush
価格無料
レビューiPhone/アンドロイド向けの高機能動画編集アプリ。

細かいカット、トリミング編集ができる。BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなど基本的な機能あり。複数トラックに対応している。

本来は、スマホのRushで簡易編集をして、データをパソコン版のAdobePremiereProに連携し細かい編集を行う。アプリ単独でも使えるがテキストデザインがテンプレートなので注意。
使い方記事AdobePremiereRush使い方記事
ダウンロードAdobePremiereRush
iPhoneダウンロード

AdobePremiereRush
Androidダウンロード



4位 動画編集アプリPerfectVideo

動画編集アプリPerfectVideo

PerfectVideo(パーフェクトビデオ)はiPhone用の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、フィルターなど、動画編集に必要なほぼすべての機能がそろっています。


無料版では出力した動画にロゴが入る、編集した動画の長さが30秒まで、などの制限があります。有料版にするには一度だけ600円の支払いが必要です。


こんな人におすすめ

PerfectVideoは、まずiMovieを使ってテキスト編集を不自由だと感じている方におすすめです。PerfectVideoでは文字の位置、種類、大きさ、色、枠線、座布団など自由に編集ができます。そこにこだわりがない人、無料アプリがいい場合はiMovieでも良いでしょう。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリPerfectVideoPerfectVideo
画面動画編集アプリLumaFusion動画編集アプリLumaFusion動画編集アプリLumaFusion
価格無料/600円
レビュー基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、フィルターなど、動画編集に必要なほぼすべての機能がそろっている。

無料版では出力した動画にロゴが入る、編集した動画の長さが30秒まで、などの制限有。有料版は600円で買い切り。iMovieと違って、PerfectVideoでは文字の位置、種類、大きさ、色、枠線、座布団など自由に編集ができるのが大きな特徴。
使い方記事PerfectVideo使い方記事
ダウンロードPerfectVideo
iPhoneダウンロード



5位 動画編集アプリキネマスター

動画編集アプリキネマスター

キネマスターはiPhone/Android用の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック対応、動画の書き出しなどの機能がそろっています。操作方法がかなり独特で、色々な機能がバラバラに配置されており、慣れるまでかなり使いにくいです。


料金は無料版だとロゴ・ウォーターマークが表示されます。有料版は月450円、年2,500円です。


こんな人におすすめ

有料アプリOKで、細かい動画編集がしたい人におすすめです。


しかし、機能や使いやすさはVNPowerDirectorの方が優れています。あえて、有料でこのアプリ使う理由はあまりないでしょう。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリキネマスターキネマスター
画面動画編集アプリキネマスター
価格無料/月450円/年2,500円
レビューiPhone/アンドロイド向けの動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、複数トラックなど基本的な機能がある。操作方法や各種機能が散らばっており分かりづらい。

あえて有料版を使う理由はあまりない。
使い方記事キネマスタ使い方記事
ダウンロードキネマスター
iPhoneダウンロード

キネマスター
Androidダウンロード



6位 動画編集アプリiMovie

動画編集アプリiMovie

iMovieはアップル社製の無料動画編集アプリです。新しいiPhoneには初めからインストールされています。


基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップの作成、特殊効果トランジション、各種エフェクト、ピクチャインピクチャ、グリーンバッククロマキー、動画の書き出しができます。

以前はテキストの種類や位置、サイズなどテンプレートから選ぶしかありませんでしたが、Ver2.3から自由に編集できるようになりました。テキストに影を付けることはできますが、枠線が付けられません。


こんな人におすすめ

初めて動画編集する方、無料アプリがいい方におすすめです。


とりあえずiPhoneに入っているので、まずはiMovieを使って動画編集の楽しさを知ってください。動画素材だけでなく、写真を取り込んで簡易的なスライドショーアニメ動画を作ることもカンタンにできます。

動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリiMovieiMovie
画面動画編集アプリiMovie動画編集アプリiMovie動画編集アプリiMovie
価格無料
レビューアップル社製の無料動画編集アプリ。新しいiPhoneには初めからインストール済み。

基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップの作成、特殊効果トランジション、各種エフェクト、ピクチャインピクチャ、グリーンバッククロマキー、動画の書き出しができる。

テキストの種類や位置、サイズなどVer2.3から自由に編集できるようにった。テキストに影を付けることはできるが、枠線は不可。初めて動画編集する人に特におすすめ。
使い方記事iMovie使い方記事
ダウンロードiMovie
iPhoneダウンロード



7位 動画編集アプリQuik GoProビデオエディタ

動画編集アプリQuik GoProビデオエディタ

Quik GoProビデオエディタはiPhone/Android用のGoPro公式動画編集アプリです。本来アクションカメラGoProで撮影した動画を編集するアプリですが、GoPro以外で撮影した動画も編集することができます。


ざっくりとした自動編集が得意ですが、細かく編集しようと思えばできます。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、デザインテンプレート、フィルターなどの機能がそろっています。4Kは読み込みのみ可、出力はフルHD。


こんな人におすすめ

気軽に動画編集をしたい方向けです。やろうと思えば細かい編集もできますが、デザインテンプレートなどを使ってサクッと動画を作る場合に向いています。本来GoPro向けアプリなので、GoProを持っている方は一度ぜひ使ってみてください。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリQuik GoProビデオエディタQuik GoProビデオエディタ
画面動画編集アプリQuik GoProビデオエディタ動画編集アプリQuik GoProビデオエディタ動画編集アプリQuik GoProビデオエディタ
価格無料
レビューアクションカメラGoPro向けの公式アプリ。実はGoPro以外で撮影した動画も無料で編集できる。

デザインテンプレートや、簡易的な自動編集が得意。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、デザインテンプレート、フィルターなど、色々な機能がそろっている。細かい編集もある程度は可能。4Kは読み込みのみ可、出力はフルHD。
使い方記事Quik GoProビデオエディタ使い方記事
ダウンロードQuik GoProビデオエディタ
iPhoneダウンロード

Quik GoProビデオエディタ
Androidダウンロード



8位 動画編集アプリVITA

動画編集アプリVITA

VITAはSNOWが開発したiPhone/Android用の無料動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック対応、動画の書き出しなどの機能がそろっています。よくある量産型動画編集アプリです。


料金は完全無料です。よくある量産型動画編集アプリですが、唯一完全無料です。


こんな人におすすめ

無料アプリが使いたくて、ある程度自由に動画編集がしたい人におすすめです。


さらに高度な編集をしたい場合は、無料アプリだとVNがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表


動画編集アプリ動画編集アプリVITAVITA
画面動画編集アプリVITA動画編集アプリVITA動画編集アプリVITA
価格無料
レビューiPhone/アンドロイド向けの無料動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、複数トラックなど基本的な機能がある。よくある量産型動画編集アプリ。量産型の中では唯一完全無料。

ある程度、自由に編集できるが、本格的な動画編集には使いづらいところがある。
使い方記事VITA使い方記事
ダウンロードVITA
iPhoneダウンロード

VITA
Androidダウンロード



動画編集アプリVLLO

動画編集アプリVLLO

VLLOはiPhone/アンドロイド向けの無料版有の有料動画編集アプリです。よくある量産型動画編集アプリです。


カット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、ピクチャインピクチャ、ナレーション録音、動画の書き出しなどの機能があります。


料金は無料と有料版があります。無料版は広告の表示や、ピクチャインピクチャの制限などがあります。ロゴ(ウォーターマーク)の表示はないので、無料版でも使うことはできます。


有料版は月450円、年880円、買い切りで2,820円と他の似た動画編集アプリと比べても妥当な金額です。ただし、アプリの機能はよくある量産型動画編集アプリなので、あえて有料版を買う必要はないと思います。


こんな人におすすめ

無料アプリが使いたくて、ある程度自由に動画編集がしたい人におすすめです。


似たようなアプリで完全無料だとVITAが断然おすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVLLOVLLO
画面動画編集アプリVLLO動画編集アプリVLLO動画編集アプリVLLO
価格無料/月450円/年880円/買い切り2,820円
レビューiPhone/アンドロイド向けの無料版有の有料動画編集アプリ。よくある量産型動画編集アプリ。

シンプルなカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、ピクチャインピクチャ、ナレーション録音、動画の書き出しなどの機能がある。無料版にはロゴ(ウォーターマーク)の挿入がないので、そのまま使うことも十分できる。

似たようなアプリで完全無料だとVITAが断然おすすめ。
使い方記事VLLO使い方記事
ダウンロードVLLO
iPhoneダウンロード

VLLO
Androidダウンロード



動画編集アプリVideoShow

動画編集アプリVideoShow

VideoShowはiPhone/Android用の無料/有料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


無料版では時間制限あり、ロゴ・ウォータマーク表示など制限があります。有料版は年2,400円です。


こんな人におすすめ

スマホ無料で動画編集を始めてみたい人におすすめです。しかし、本格的に動画を作る場合は無料版での利用継続はおすすめできません。


有料版は年2,400円と高めで、あまり使いやすくありません。PowerDirectorがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVideoShowVideoShow
画面動画編集アプリVideoShow動画編集アプリVideoShow動画編集アプリVideoShow
価格無料/年2,400円
レビューiPhone/アンドロイド向けの動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなど基本的な機能あり。機能が複雑で使いづらい。

無料版では長さ制限、ロゴウォーターマーク表示、書き出しHDまでなど制限がある。有料版は値段が高いのでおすすめしない。
使い方記事VideoShow使い方記事
ダウンロードVideoShow
iPhoneダウンロード

VideoShow
Androidダウンロード



動画編集アプリInShot

動画編集アプリInShot

InShotはiPhone/Android用の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


無料版では横長動画以外のキャンバスを使うと右下にロゴが表示されます。また、エフェクトやトランジションなどいくつかの機能が制限されています。


有料のプロフェッショナル会員になると、以下のような機能があります。

  • ・すべてのトランジション、エフェクト、ステッカーの利用
  • ・ロゴ、広告なし

料金はロゴ削除のみ370円、フル機能の制限解除で月450円、年1,400円、買い切りで4,280円です。3日間の無料使用もあるので、有料を検討している方はまず試してみてください。


こんな人におすすめ

無料で横長動画を細かく編集をしたい人におすすめです。それ以外の1:1正方形、9:16縦長動画などを作る場合はロゴが表示されるので注意してください。


動画編集アプリまとめ表


動画編集アプリ動画編集アプリInShotInShot
画面動画編集アプリInShot動画編集アプリInShot動画編集アプリInShot
価格無料/月450円/年1,400円/買い切り4,280円
レビューiPhone/アンドロイド向けの細かい動画編集ができるアプリ。

細かいカット、トリミング編集ができる。BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなど基本的な機能あり。複数トラックに対応しているが動画は1トラックのみ。

無料版の横長キャンバス以外にはロゴ(ウォーターマーク)が付くので注意が必要。4Kは入力のみ。
使い方記事InShot使い方記事
ダウンロードInShot
iPhoneダウンロード

InShot
Androidダウンロード



動画編集アプリVivaVideo

動画編集アプリVivaVideo

VivaVideoはiPhone/Android用の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、デザインテンプレート、フィルターなどの機能がそろっています。


無料版ではいくつかの機能が制限されているのと、書き出した動画にロゴ(ウォーターマーク)が表示されます。


有料のVIP会員になると、以下のような機能があります。

  • ロゴを削除
  • 4k/1080pでの書き出し
  • 動画の長さ無制限
  • 広告なし
  • モザイク
  • キーフレーム
  • 音楽抽出
  • カスタムウォーターマーク
  • ビデオパラメータ調整
  • カスタマイズ背景
  • VIPエフェクト
  • 音声変換VIPなど

料金は月280円、年1,450円、買い切りで5,860円です。3日間の無料使用もあるので、有料を検討している方はまず試してみてください。

こんな人におすすめ

スマホアプリだけで動画編集を完結したい方におすすめです。アプリながらかなり本格的な機能があります。ただし、有料版ではないとその性能は発揮できないので注意が必要です。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVivaVideoVivaVideo
画面動画編集アプリVivaVideo動画編集アプリVivaVideo動画編集アプリVivaVideo
価格無料/月280円/年1,450円/買い切り5,860円
レビューiPhone/アンドロイド向けの本格的な動画編集ができるアプリ。

基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、デザインテンプレート、フィルターなど、色々な機能がそろっている。ただし無料版にはロゴ(ウォーターマーク)が付くので注意が必要。
使い方記事VivaVideo使い方記事
ダウンロードVivaVideo
iPhoneダウンロード

VivaVideo
Androidダウンロード



動画編集アプリVivaCut

動画編集アプリVivaCut

VivaCutはiPhone/Android用の無料/有料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


無料版では時間制限あり、ロゴ・ウォータマーク表示など制限があります。有料版は月1,500円、買い切りで11,000円です。

こんな人におすすめ

スマホ無料で動画編集を始めてみたい人におすすめです。しかしYouTubeに投稿する場合、仕事、本格的に動画を作る場合はおすすめできません。


また、有料版も値段が高いので買い切り一択です。11,000円払えるのであれば、PowerDirectorがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVivaCutVivaCut
画面動画編集アプリ動画編集アプリ動画編集アプリ
価格無料/月1,500円/買い切り11,000円
レビューiPhone/アンドロイド向けの動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなど基本的な機能あり。

無料版では長さ制限、ロゴウォーターマーク表示、書き出しHDまでなど制限がある。有料版は値段が高いのであまりおすすめしない。
使い方記事VivaCut使い方記事
ダウンロードVivaCut
iPhoneダウンロード

VivaCut
Androidダウンロード



動画編集アプリPicPlayPost

動画編集アプリPicPlayPost

PicPlayPostはiPhone/アンドロイド向けの無料版有の有料動画編集アプリです。よくある量産型動画編集アプリです。


カット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能があります。


料金は無料と有料版があります。無料版はロゴ(ウォーターマーク)の表示や、解像度720pまでの制限があります。


有料版は月750円、年5,300円、買い切りで12,000円と他の似た動画編集アプリと比べて安くないです。アプリの機能はよくある量産型動画編集アプリなので、あえて有料版を買う必要はないと思います。


こんな人におすすめ

無料アプリが使いたくて、簡易的な動画編集がしたい人におすすめです。


似たようなアプリで完全無料だとVITAが断然おすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリPicPlayPostPicPlayPost
画面動画編集アプリ動画編集アプリ動画編集アプリ
価格無料/月750円/年5,300円/買い切り12,000円
レビューiPhone/アンドロイド向けの無料版有の有料動画編集アプリ。よくある量産型動画編集アプリ。

シンプルなカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能がある。無料版にはロゴ(ウォーターマーク)挿入、解像度720p制限がある。

似たようなアプリで完全無料だとVITAが断然おすすめ。
使い方記事PicPlayPost使い方記事
ダウンロードPicPlayPost
iPhoneダウンロード

PicPlayPost
Androidダウンロード



動画編集アプリMagisto

動画編集アプリMagisto

Magistoは動画投稿サービスVimeoが作ったiPhone/Android用の動画編集アプリです。自動での編集メインで、テキストテロップ、デザインテンプレート、BGM音楽の挿入などの機能がそろっています。


無料版では左下にロゴ(ウォーターマーク)が表示され、いくつかの機能が制限されています。


有料のプロフェッショナル会員になると、以下のような機能があります。

  • ロゴを削除
  • HDでの書き出し
  • プリセット利用
  • 有料スタイル

料金は月500円です。7日間の無料使用もあるので、有料を検討している方はまず試してみてください。


こんな人におすすめ

写真や動画を自動編集で気軽に動画にしたい方におすすめです。自由度がほぼないので、ちょっとした記録動画を作るだけで月500円は少し高いように感じています。まずは無料版で試してみてください。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリMagistoMagisto
画面動画編集アプリMagisto動画編集アプリMagisto動画編集アプリMagisto
価格無料/月500円
レビューiPhone/アンドロイド向けの簡易的な自動動画編集ができるアプリ。

自動での編集メインで、テキストテロップ、デザインテンプレート、BGM音楽の挿入などの機能がある。ただし無料版にはロゴ(ウォーターマーク)が付くので注意が必要。
使い方記事Magisto使い方記事
ダウンロードMagisto
iPhoneダウンロード

Magisto
Androidダウンロード



動画編集アプリVideoleap

動画編集アプリVideoleap

VideoleapはiPhone用の無料/有料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、複数トラック対応、動画の書き出しなどの機能がそろっています。よくある量産型動画編集アプリです。


無料版では、ウォーターマークロゴの挿入はありませんがBGM音楽素材ストックオーディオの利用ができません。有料版だと音楽素材や複数レイヤーの使用、アニメーションなどの制限が解除されます。月850円、年3,800円なので、年の方がかなりお得です。しかしこの手の量産型アプリであれば、VITAが無料で使えるので、あえて買う必要はないでしょう。


こんな人におすすめ

特にいないです。無料版で音楽は使えないのは致命的です。


さらに高度な編集をしたい場合は、無料アプリだとVNが、同じような種類のアプリだとVITAがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリVideoleapVideoleap
画面動画編集アプリVideoleap動画編集アプリVideoleap動画編集アプリVideoleap
価格無料/月850円/年3,800円
レビューiPhone向けの無料/有料の動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、複数トラックなど基本的な機能がある。よくある量産型動画編集アプリ。無料版では音楽素材が使えない。

無料版はストックオーディオの音楽素材が使えないので、無料で動画編集したい人にはおすすめできない。
使い方記事Videoleap使い方記事
ダウンロードVideoleap
iPhoneダウンロード




動画編集アプリSplice

動画編集アプリSplice

SpliceはiPhone用の無料/有料の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


無料版ではロゴウォーターマーク表示はありませんが、書き出しは1回のみなど制限があります。有料版は週350円です。

こんな人におすすめ

スマホ無料で動画編集を始めてみたい人におすすめです。しかしYouTubeに投稿する場合、仕事、本格的に動画を作る場合はおすすめできません。


また、有料版も値段が高いので買い切り一択です。週350円払えるのであれば、PowerDirectorがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリSpliceSplice
画面動画編集アプリSplice動画編集アプリSplice動画編集アプリSplice
価格無料/週350円
レビューiPhone向けの動画編集アプリ。

カット、トリミング編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジションなど基本的な機能あり。素材の吸着機能なし。

無料版ではロゴウォーターマーク表示はないが、書き出し1回までなど制限がある。有料版は値段が高いのであまりおすすめしない。
使い方記事Splice使い方記事
ダウンロードSplice
iPhoneダウンロード




動画編集アプリWeVideo

動画編集アプリWeVideo

WeVideoはブラウザで動画編集が可能なサービスWeVideoのアプリ版です。iPhone/Androidに対応しています。初心者向けの動画編集アプリで、シンプルなカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、ナレーション録音、動画の書き出しなどの機能がそろっています。


料金は無料と有料版があります。無料版はロゴ(ウォーターマーク)の表示や、使える無料音楽の制限などがあります。


有料版はスマホアプリ専用の『Mobile Pass』だと年490円。ブラウザ版のWeVideoなども含めたPower Planは月1,150円、年6,800円、Unlimited Planで月1,800円、年10,800円、最上位のProffesional Planで月4,100円、年24,800円です。


こんな人におすすめ

ブラウザ版のWeViodeも使いたい人や、ロゴが入っても無料で動画編集したい人におすすめです。


似たような簡易的な動画編集でよければ無料のQuik GoProビデオエディタ、さらに高度な編集をしたい場合は、VNがおすすめです。


動画編集アプリまとめ表

動画編集アプリ動画編集アプリWeVideoWeVideo
画面動画編集アプリWeVideo動画編集アプリWeVideo動画編集アプリWeVideo
価格無料/アプリのみ年490円/ブラウザ込み月1,800円~/年6,800円~
レビューiPhone/アンドロイド向けの無料版有の有料動画編集アプリ。簡易的なので初心者向け。

シンプルなカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、トランジション、ナレーション録音、動画の書き出しなどの機能がある。無料版はロゴ(ウォーターマーク)の挿入や無料音楽の使用制限などあり。

ブラウザ版の動画編集サービスWeViodeと併用して使うのであれば有り。ただし有料版は値段が高いので注意。
使い方記事WeVideo使い方記事
ダウンロードWeVideo
iPhoneダウンロード

WeVideo
Androidダウンロード

動画編集ソフト関連記事

関連記事

DVD/Blu-rayのコピー、動画変換、Youtubeダウンロードなどが1本でできる最強ソフトウェア Prof. Mediaとは

DVD/Blu-rayをコピーする方法Prof. Mediaの使い方

DVD/Blu-rayのコピーや、動画変換、Youtubeダウンロードなどが1本でできる最強ソフトウェアProf. Mediaを使ってDVD/Blu-rayを簡単にコピーする方法を解説します。

VEGAS Proの使い方(2) 基本的なカット編集と書き出しの方法 動画編集ソフト

VEGAS Proの使い方(3) BGM音楽の挿入と音量調整の方法 動画編集ソフト

動画編集ソフトVEGAS ProのBGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの使い方などを解説をします。

Final Cut Pro Xの使い方 Macで動画編集する方法(1) 機能の紹介 マック・ファイナルカット入門

Final Cut Pro Xの使い方Macで動画編集する方法(2)編集の準備、基本的なカット編集、書き出し方法

Apple社公式のMac用動画編集ソフトFinal Cut Pro Xの使い方、編集の準備と、基本的なカット編集、書き出し共有方法を解説します。

動画編集ソフトMovavi Video Editor

Movavi Video Editor使い方 テキストテロップ(タイトル)の挿入と編集方法 動画編集ソフト

動画編集ソフトMovavi Video Editor(モバビビデオエディター)のテキストテロップ(タイトル)の挿入と編集方法について解説します。

動画を指定サイズに小さく圧縮する方法 Windows用フリーソフトFree Video Compressorの使い方

動画を圧縮する方法 Windows用フリーソフトFree Video Compressorの使い方

動画ファイルを指定サイズに圧縮できるフリーソフト『Free Video Compressor』の使い方を詳しく解説します。

  • この記事を書いた人

株式会社ドウガテック内村航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科動画講座非常勤講師、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ講師。 著書・暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版) ・iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS) ・月刊BANコラムより詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Macこの動画を YouTube で視聴 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、Yo ...

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング 2

iPhoneやアンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。18本の動画編集アプリをすべて実際に使ってレビューしました。各アプリの詳 ...

動画の作り方入門 3

動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が自分で買ってレビューした機材です。

おすすめの動画編集スクール比較 4

最近「動画編集をしたい!」という方が増えています。YouTuberや趣味として動画を作るのであれば独学でも問題ありません。しかし社会人の仕事や副業、就職、転職用であれば、プロ仕様の動画編集ソフトの使い ...

-動画ソフト・アプリ
-