カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

【2020】動画編集ソフトおすすめランキング無料有料まとめ比較32選Windows/Mac

2016/03/16

【2020】動画編集ソフトおすすめランキング無料有料まとめ比較32選Windows/Mac

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。


2020年最新のWindowsMac用無料有料の動画編集ソフトおすすめランキングを作りました。動画編集ソフトの解説書を出版している私が32本の動画編集ソフト・サービスをすべて実際に使って比較しています。


使い方解説記事やマニュアル動画も用意していますので、そちらも参考にしてください。


※このランキングは、メーカーからの依頼や金銭のやりとりなどによる影響を一切受けていません。

※2020年1月に更新しました。


Windowsユーザーはこちら
Macユーザーはこちら


スポンサーリンク

動画編集ソフト関連記事

Windows 無料動画編集ソフトまとめ
Windows 有料動画編集ソフトまとめ
Mac 無料動画編集ソフトまとめ
Mac 有料動画編集ソフトまとめ



動画編集ソフトを選ぶ3つのポイントとは

動画編集ソフトを選ぶ時の3つのポイントを解説します。

(1)有料/無料

動画編集ソフトには無料のものから、有料のものがあります。無料のものは開発がストップしていたり、機能性が悪く、使いづらいことが多いです。一方、有料版は毎年バージョンアップをし、年々良くなっていく傾向があります。相場としては家庭用は6,000円~15,000円くらい、プロ用は月額制もありますが概ね6万円前後です。


家庭用に関しては値段が高い方が絶対に良いということはありません。作りたい動画がちょっとした家族の記録動画であれば、無料ソフトでも十分作ることはできます。もう少しステップアップしたい方、将来プロを目指している方等、その用途にあったソフトを選ぶようにしましょう。まずは体験版の試用をおすすめします。


(2)必要な機能があるか

4Kに対応しているか、画面録画や声の録音、DVD、Blu-rayが焼けるか、自動編集機能はあるか、など確認しましょう。こういった高度な機能は無料版にはほとんどないので注意してください。


(3)自分のパソコンとの相性

OSがWindowsかMacかで対応しているソフトはまったく違います。また、プロ向けの高性能ソフトを低スペックパソコンで使うと動きが遅かったり途中で止まってしまったりします。編集ソフトの多くは体験版があるので購入前に必ずパソコンに入れて確認してみましょう。


動画編集用パソコンについては以下の記事を参考にしてみてください。

【参考】動画編集用パソコンのおすすめと選び方

以上を基準に、実際使ってみた使いやすさなどを加え、OS別で動画編集ソフトランキングを解説していきます。


Windowsユーザーはこちら
家庭用/入門向けソフト
業務用/プロ向けソフト

Macユーザーはこちら
家庭用/入門向けソフト
業務用/プロ向けソフト


スポンサーリンク1


Windows用動画編集入門ソフト無料有料ランキング

各ソフトの詳しい紹介は、『詳細記事』ボタンのリンク先か、この表の次の項目をご覧ください。

家庭用 動画編集ソフト特徴
国内販売シェアNo1のサイバーリンクの優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・クーポンセール(click)3/27(金)~ 4/6(月)
クーポンコード『dougatec2020』※買い切り、サブスク版両方使えます。

Windows® 10、8.1、8、7 (64-bit OS 版推奨) 日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

家庭用を買うのであればいっそのことプロ版のAdobe Premiere Pro CC for Windowsがおすすめ。
Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PowerDirectorに比べていくつか使いづらい点がある。

Windows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OS を強く推奨 日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
入門者向けのシンプルな動画編集ソフト。家庭用の動画編集に必要な基本的な機能に特化しているため値段が有料ソフトの中では安い。基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。ただし複数の映像・音声トラックの追加は不可。4Kは読み込みのみ、出力はフルHDまで。

※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)
Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 (32bit / 64bit)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Microsoft製のWindows10標準の動画編集フリーソフト。『フォト』という名前の通り写真を使ったスライドショー動画を作るアプリだが、動画も編集できる。細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。Windowsムービーメーカーの開発が中止した今は、セキュリティ面からもこのフォトアプリを使うのがおすすめ。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Icecream Apps製の無料動画編集ソフト。写真や動画を使って簡単な動画を直感的に作ることができる。Microsoftフォトに似ているが、こちらは4K入出力対応で、ファイルの読み込みなどわかりやすくて使いやすい。

ただしデザインなどはすべてテンプレート。細かく自由なデザインがしたいのであれば、フォト同様おすすめできない。

Microsoft Windows 10, 8, 7
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリーの動画編集ソフト。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能がある。

プロ向けソフトに近く、操作難易度は高い。

Vista/7/8/10
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ用ソフトVegasProの廉価版。高機能で、動作が軽い。高度な編集がしたくて、パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。ただし、使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。

Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。中級者向け。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。テキストテロップの編集は自由度が低い。英語だがそれほど難しい内容はない。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
※2017年に公式サポートが終わり、現在は外部ミラーサイトからソフトウェアのダウンロードが可能。Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめだが、公式サポート終了のため順位は低め。

Windows 10、Windows 7、Windows 8.1、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトとほぼ同等の機能。使いづらく情報が少ない。無料版はHD出力のみ。

Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1 and Windows 10、 Linux、Mac OS X 10.9 – 10.12、英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。

Windows 10、Windows 7、Windows 8.1、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
『みんなのフォト―ムービー』という名前でAmazonで販売されているが、中身はドイツ産まれの動画編集ソフト『NeroVideo』。あたかも初心者向けで簡単なように見せているが、実際は普通に色々できるソフト。カット編集、BGM、テロップ、トランジション、自動編集機能付きで、DVD、Blu-rayも焼ける。インストールにやけに時間がかかり、動作も遅い。

Windows 10/8.1/7 SP1以降 (32bit/64bit) ※Windows 7 Starterでは動作しません
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Microsoft製のプレゼン資料作成ソフト。実は動画も作ることが可能。既存のパワポデータを簡易的に動画にしたり、テキスト、写真、音楽、動画の読み込みもできるので使い方によってはそこそこレベルの高い動画を作ることも可能。また4K動画も対応している。ただしすでにパソコンにパワポが入っている人、かつ簡易的な動画を作りたい人のみおすすめ。パワポは有料だし、動画機能はあくまでおまけ程度。こだわって編集したい方はPowerDirectorがおすすめ。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。細かい部分で使えないところが多く、フリーとはいえおすすめできない。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。音量調整、テロップ、トランジション、吸着機能などに難あり。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows用のフリーの動画編集ソフト。主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など限定的。

無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってあるが当サイトではまったくおすすめしない。導入や使い勝手も悪く、機能も必要なものもない。

無料の動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はフォトがおすすめ。より高機能なフリーソフトはLightworksか、AviUtlだが、どちらも使い勝手が悪い。有料でも良い場合はPowerDirectorがおすすめ。
Vista/7/8/10
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Filmora9

Filmora動画編集ソフト

8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



スポンサーリンク2


Windows用動画編集入門ソフトの詳細

以下、各ソフトの詳しい解説です。

第1位 PowerDirector

PowerDirectorは、デジタル家電やソフトウェアなどの年間販売台数を決めるBCN AWARDで5年連続1位になったサイバーリンクの動画編集ソフトです。カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。


運動会などのイベントや、結婚式用のスライドショー動画はもちろん、ビジネス用の会社PR動画など幅広く作ることができます。

PowerDirectorインターフェイス

また、Screen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。その他、自動編集モード、360度動画編集、ビデオコラージュデザイナー、Blu-ray、DVD、CDへの書き込み、アクションカメラ、縦動画対応など、他の家庭用ソフトにない充実した機能をもっています。


パソコンの必要スペックは低~中級で、特に他のソフトへのこだわりがなければ、PowerDirectorがおすすめです。


家庭用 動画編集ソフト特徴
国内販売シェアNo1のサイバーリンクの優秀な動画編集ソフト。4K、縦動画対応、画面録画機能ありでDVD、Blu-rayも焼ける。初心者でも扱いやすく、動作も軽い。運動会、結婚式などの家庭用、ゲーム実況などYouTuber用、会社のPR動画などビジネス向けとしても使えるマルチなソフト。当サイト一番のおすすめ。

・クーポンセール(click)3/27(金)~ 4/6(月)
クーポンコード『dougatec2020』※買い切り、サブスク版両方使えます。



Windows® 10、8.1、8、7 (64-bit OS 版推奨) 日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

対応動画AVI、DivX*、DV、DVR-MS、HDV、HEVC (H.265)、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV (H.264)、MPEG-1/-2/-4、SWF*、TOD、UIS、UISX、WebM、WMV、XAVC S、3GP、暗号化されていない DVD タイトル
対応写真CLP、CUR、DCS、DCX、EPS、FAX、FPX、GIF87a、ICO、IFF、IMG、JP2、JPC、JPG、MAC、MPO、MSP、PBM、PCT、PCX、PGM、PIC、PNG、PPM、PSD、PSPImage、PXR、RAS、SCI、SCT、SHG、TGA、TIF/TIFF、UFO、UFP、WBM、WBMP、WMF、001、Camera RAW
対応音声AAC、Aiff、AMR、AU、CDA、M4A、MOV、MP3、MP4、MPA、OGG、WAV、WMA

PowerDirectorの使い方解説動画





第2位 Adobe Premiere Elements for Windows

Adobe Premiere Elements(アドビ プレミア エレメンツ)とは、Adobe社が開発した初心者~中級者向けの動画編集ソフトです。

編集画面 Adobe Premiere Elements2019の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門


Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。そのAdobe社が一般向けに作ったソフトなので、機能はプロ用並みに充実しています。2019年になっても縦動画に対応していないのが気になりますが、使いやすく素晴らしいソフトです。


ただし高機能な反面、パソコンによっては動作が重い場合があります。一度体験版を使ってみて自分のパソコンにあうか確認してください。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

家庭用を買うのであればいっそのことプロ版のAdobe Premiere Pro CC for Windowsがおすすめ。
Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画AVI、DivX*、DV、DVR-MS、HDV、HEVC (H.265)、M2T、M2TS、M4V、MKV、MOD、MOV (H.264)、MPEG-1/-2/-4、SWF*、TOD、UIS、UISX、WebM、WMV、XAVC S、3GP、暗号化されていない DVD タイトル
対応写真CLP、CUR、DCS、DCX、EPS、FAX、FPX、GIF87a、ICO、IFF、IMG、JP2、JPC、JPG、MAC、MPO、MSP、PBM、PCT、PCX、PGM、PIC、PNG、PPM、PSD、PSPImage、PXR、RAS、SCI、SCT、SHG、TGA、TIF/TIFF、UFO、UFP、WBM、WBMP、WMF、001、Camera RAW
対応音声AAC、Aiff、AMR、AU、CDA、M4A、MOV、MP3、MP4、MPA、OGG、WAV、WMA

Adobe Premiere Elementsの使い方解説動画





第3位 VideoStudio

VideoStudio2019は、2019年に発売された新バージョンの家庭用の動画編集ソフトです。基本的なカット編集、テキストテロップ、BGM音楽、トランジション効果など、動画編集に必要な機能はすべてそろっています。

編集画面 動画編集ソフトCorel VideoStudio 2019


機能が多すぎて、初心者向けというには扱いが難しくなっています。旧バージョンの2018と比べて、多少機能が増えていますが、『使いやすさ』という点においてはほぼ昔から変化がありません。特に音声ミキサーとリップル編集が使いづらく、非常に不親切な設計になっているように思います。

このソフトは、すでに動画編集ソフトの使用経験がある人や、無料の動画編集ソフトからより高機能のソフトへの切り替えを考えている中級者の方にはおすすめです。まずは必ず体験版で試してみてください。


家庭用 動画編集ソフト特徴
動画編集に必要な機能はすべて備えているソフト。PowerDirectorに比べていくつか使いづらい点がある。

Windows 10、Windows 8、Windows 7、64 ビット OS を強く推奨 日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画AVCHD(読み込みのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、H.264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。

一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。
対応写真
対応音声

VideoStudioの使い方解説動画





第4位 GOM Mix Pro

GOM Mix Pro(ゴムミックスプロ)は、動画編集の入門者向けの家庭用ソフトです。

動画編集ソフトGOM Mix Proの画面

他の有料動画編集ソフトが、多機能、高機能すぎて操作が難しい中、GOM Mix Proは初心者に優しい設計のソフトです。専門用語もほぼなく、各種機能も必要最低限に絞られているのでとても分かりやすいのが特徴です。


機能が限られているとはいえ、基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなど、家庭用ソフトとして必要な機能はすべてそろっています。また高度な機能が省かれている分、料金がとても安く5,500円 ※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)

2017年発売の新しいソフトですが、アップデートするたびにどんどん良いソフトになってきています。ただし、複数の映像・音声トラックの追加はできないので、自分の思い通りに色々細かく編集したい人には不向きです。

家庭用 動画編集ソフト特徴
入門者向けのシンプルな動画編集ソフト。家庭用の動画編集に必要な基本的な機能に特化しているため値段が有料ソフトの中では安い。基本的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、トランジション、フィルタ、書き出しなどができる。ただし複数の映像・音声トラックの追加は不可。4Kは読み込みのみ、出力はフルHDまで。

※キャンペーン中(40%オフ→3,300円)

Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 (32bit / 64bit)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

GOMMixProの使い方解説動画





第5位 Microsoftフォト

Microsoftフォトは、Windows10に初めから入っているMicrosoft製の簡易的な動画編集ソフトです。

動画編集ソフトMicrosoftフォト

人気の無料動画編集ソフトムービーメーカーが開発終了になり、公式ダウンロードも停止してしまいました。ミラーサイトでムービーメーカーをダウンロードすることもできますがウイルスが仕込まれている可能性などがあるため注意が必要です。


その代わりにMicrosoftは、この『フォト』を使うように薦めています。フォトは簡易的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、フィルタ、書き出しなどを行うことができます。ムービーメーカーほど自由ではありませんが、家庭でカンタンな動画を作るのには向いています。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Microsoft製のWindows10標準の動画編集フリーソフト。『フォト』という名前の通り写真を使ったスライドショー動画を作るアプリだが、動画も編集できる。細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。Windowsムービーメーカーの開発が中止した今は、セキュリティ面からもこのフォトアプリを使うのがおすすめ。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/microsoft-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/9wzdncrfjbh4
対応写真
対応音声

Microsoftフォトの使い方解説動画





第6位 IcecreamVideoEditor

Icecream Appsが無料で公開しているシンプルな入門向けWindows向け動画編集ソフトです。作りはMicrosoftフォトに似ています。内容はすべて英語ですが特に難しい内容もなく、直感的に動画編集ができるのが特徴です。

IcecreamVideoEditor


基本的なカット編集、BGMの挿入、テロップ、トランジション、4K入出力、縦動画対応などの一般的な機能+αをすべて持っている初心者向けの内容になっています。

家庭用 動画編集ソフト特徴
Icecream Apps製の無料動画編集ソフト。写真や動画を使って簡単な動画を直感的に作ることができる。Microsoftフォトに似ているが、こちらは4K入出力対応で、ファイルの読み込みなどわかりやすくて使いやすい。

Microsoft Windows 10, 8, 7
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

IcecreamVideoEditorの使い方解説動画





第7位 Shotcut(ショットカット)

ShotcutはWindows用のフリーの動画編集ソフトです。開発はアメリカのMeltytech, LLC。


無料ですがプロ向けに近い画面構成と機能です。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能があります。

Shotcut画面


高度な機能たくさんがあるので、操作が難しく、初めての方にはあまりおすすめできません。テキストは直接日本語を打つことができません。メモ帳からコピー&ペーストすれば日本語も使えますが不便です。また音量調整機能も未熟で使いづらいです。Lightworksよりは優しい設計。

家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリーの動画編集ソフト。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能がある。

プロ向けソフトに近く、操作難易度は高い。Lightworksよりは使いやすい。

初心者向けの無料動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はIcecreamVideoEditorか、フォトがおすすめ。

Vista/7/8/10
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

Shotcutの使い方解説動画





第8位 MovieStudio

とにかく動作が軽いことで評判の動画編集ソフトです。パソコンスペックに自信がない方には特におすすめ。

MovieStudioインターフェイス

ただし、マニュアル類が少なく、サポートも英語であるため、動画編集の専門用語を自分で調べていく必要が出てきます。初心者向けのマニュアル付でも販売しているので、マニュアル付の購入は必須。

家庭用 動画編集ソフト特徴
プロ用ソフトVegasProの廉価版。高機能で、動作が軽い。高度な編集がしたくて、パソコンのスペックに自信がない方に特におすすめ。ただし、使い方の情報が少ないので専門用語など知識がない人には使いにくい。ガイドブック付の購入は必須。
Windows® 10、Windows® 8.1、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画AAC、AA3、AIFF、AVI、BMP、CDA、FLAC、GIF、JPEG、MP3、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、OGG、PCA、PNG、SND、SFA、W64、WAV、WDP、WMA、WMV
対応写真
対応音声

MovieStudioの使い方解説動画





第9位 Olive

Oliveは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。フリーソフトですが本格的な動画編集機能があり、使いやすいです。初心者向けというより中級者向けのフリーソフトといっていいでしょう。

動画編集ソフトOlive

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。テキストテロップの編集に関しては自由度が低く、扱いづらいです。


英語のソフトですが、あまり難しい内容ではないので直感的に操作できます。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。中級者向け。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。テキストテロップの編集は自由度が低い。英語だがそれほど難しい内容はない。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

Oliveの使い方解説動画





第10位 Windowsムービーメーカー

※2017年にサポートが終わり、公式配布も終了。外部ミラーサイトからソフトウェアのダウンロードは可能。


Microソフト製のWindows用無料動画編集ソフトです。無料で使えることは魅力的ですが、インターフェイスが独特で、直感的に分かりづらい。

Windowsムービーメーカーインターフェイス

写真を使ったスライドショーの作成など、簡易的な動画編集にはおすすめ。


しかし、ずっとこのソフトで動画編集を続けるのはセキュリティ面でおすすめできません。


家庭用 動画編集ソフト特徴
※2017年に公式サポートが終わり、現在は外部ミラーサイトからソフトウェアのダウンロードが可能。Microsoft制の無料ソフト。直感的に使いづらいところがあるが、基本的な機能はそろっている。まず入門用としてはおすすめだが、公式サポート終了のため順位は低め。

Windows 10、Windows 7、Windows 8.1、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画wmv、asf、wm、m2ts、mts、m2t、mov、qt、avi、dvr-ms、wtv、mp4、mov、m4v、3gp、3g2、k3g、mpeg、mpg、mpe、m1v、mp2、mpv2、mod、vob、m2t、m1v、avi、mov
対応写真jpg、jpeg、jfif、jpe、tif、tiff、gif、bmp、、dib、、rle、ico、icon、png、wdp
対応音声asf、wm、wma、aif、aiff、wav、m4a、mp3

Windowsムービーメーカーの使い方解説動画





第11位 Lightworks for Windows

元はプロ用の有料ソフト。オープン化し、基本的な機能は無料で公開されています。

LighthWorksインターフェイス

プロ用だけあって、無料とは思えない機能がついています。ただし、使い勝手が悪く、あまり初心者向けとはいえません。使い方情報も少ないので、どうしてもフリー・無料で動画編集がしたい人にはおすすめです。


家庭用 動画編集ソフト特徴
元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトとほぼ同等の機能。使いづらく情報が少ない。無料版はHD出力のみ。

Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1 and Windows 10、 Linux、Mac OS X 10.9 – 10.12、英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画ProRes, Avid DNxHD, AVC-Intra, DVCPRO HD, RED R3D, DPX, AVCHD (with AC3 audio), H.264, XDCAM EX / HD 422
対応写真
対応音声



第12位 AviUtl

拡張性の高い無料の動画編集ソフトです。

AviUtlインターフェイス

使いこなすことができれば良いソフトなのですが、ソフトの導入からしてハードルが高いです。また操作性も良いとはいえず、初心者にはおすすめできません。


家庭用 動画編集ソフト特徴
色々な機能を追加できる自由度の高いソフト。ただし、導入自体少々難しく、また操作も複雑。初心者にはあまりおすすめできない。

Windows 10、Windows 7、Windows 8.1、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

対応動画avi、mpg、mp4、flv、dv
※入力プラグインの導入で対応ファイルの拡張可能
対応写真bmp、jpg、jpeg、png、gif
※入力プラグインの導入で対応ファイルの拡張可能
対応音声WAV、MP3、WMA、M4A、OGG、FLAC、AAC
※入力プラグインの導入で対応ファイルの拡張可能



第13位 VideoPad for Windows

VideoPadは、元々無料でしたが、有料になった動画編集ソフト。機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトになってしまいました。

VideoPadインターフェイス

試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を数回すると無料使用不可になります。7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画avi, mpeg, wmv, divX, Xvid, mpeg, mp4, mov, vob, ogm, H.264, RMなど
対応写真apng、bmp、gif、jpg、png、tifなど
対応音声wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、ogg、raw、dvf、voxなど



第14位 みんなのフォトムービー(NeroVideo)

みんなのフォトムービー(NeroVideo)は家庭用の有料動画編集ソフトです。Amazonで購入する場合、名称は『みんなのフォトムービー』ですが、実際インストールすると『NeroVideo』という名前のソフトになるので注意が必要です。まったく説明がなく不親切なので、この時点ですでにおすすめしません。

編集画面 動画編集ソフト みんなのフォトムービー(NeroVideo)入門

みんなのフォトムービー(NeroVideo)はドイツのソフトウェアメーカーNero AGが開発販売している動画編集ソフトです。日本のAmanzonでは株式会社ジャングルが販売しています。Nero日本公式サイトでは『NeroVideo2019』という名前で発売しており、Amazonではなぜか『みんなのフォトムービー』になっています。


ソフト名は『NeroVideo』なので、『みんなのフォトムービー』などというソフトは存在しないことになります。なぜジャングルがこのような方法をとっているか分かりません。『NeroVideo』を使っても『みんなのフォトムービー』という印象からは程遠いソフトです。写真を使った動画編集機能はありますが、メインは通常の動画編集ソフトです。また、操作方法も解説に書いてあるように簡単ではありません。値段も公式よりも高く、謎が多いです。


家庭用 動画編集ソフト特徴
『みんなのフォト―ムービー』という名前でAmazonで販売されているが、中身はドイツ産まれの動画編集ソフト『NeroVideo』。あたかも初心者向けで簡単なように見せているが、実際は普通に色々できるソフト。カット編集、BGM、テロップ、トランジション、自動編集機能付きで、DVD、Blu-rayも焼ける。インストールにやけに時間がかかり、動作も遅い。

Windows 10/8.1/7 SP1以降 (32bit/64bit) ※Windows 7 Starterでは動作しません
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



第15位 PowerPoint

PowerPointはMicrosoft製のプレゼンテーション資料の作成ソフトです。基本的にはマウスクリックで次のページに進むスライドショー作成ソフトなのですが、実は既存のプレゼンデータなどを基に動画を作ることもできます。

PowerPoint資料 PowerPointで動画を作る方法

1枚何秒間表示されるか一括指定したり、すべてのタイミングを制御した動画を作ることも可能です。またテキストテロップ、写真、動画、音楽データの入力、表示効果のアニメーションのテンプレートもたくさんあります。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Microsoft製のプレゼン資料作成ソフト。実は動画も作ることが可能。既存のパワポデータを簡易的に動画にしたり、テキスト、写真、音楽、動画の読み込みもできるので使い方によってはそこそこレベルの高い動画を作ることも可能。また4K動画も対応している。ただしすでにパソコンにパワポが入っている人、かつ簡易的な動画を作りたい人のみおすすめ。パワポは有料だし、動画機能はあくまでおまけ程度。こだわって編集したい方はPowerDirectorがおすすめ。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ向け 動画編集ソフト特徴



OpenShot Video Editor

OpenShot Video Editorは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。正直使い勝手が悪く、また機能にも不具合が多いのでおすすめできないソフトです。

OpenShot Video Editor

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。


しかし、細かい部分でできないことが多く、使い物になりません。例えば音量調整機能はほぼ機能していませんし、タイムラインを再生すると初めに変な音が入ります。テキストの編集も自由度が低く、素材の吸着機能も弱いのでキレイに並べることができません。


フリーとはいえ、あえてこのソフトを使う理由はないでしょう。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。細かい部分で使えないところが多く、フリーとはいえおすすめできない。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。音量調整、テロップ、トランジション、吸着機能などに難あり。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Avidemux(エイブイアイデマックス)

AvidemuxはWindows用のフリーの動画編集ソフトです。動画編集ソフトといってもできることはあまり多くありません。主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など。

ソフト編集画面 動画編集ソフトAvidemuxエイブイアイデマックス入門

無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってありますが当サイトではまったくおすすめしません。導入や使い勝手も悪く、機能も必要なものがほとんどありません。


無料の動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はフォトがおすすめです。より高機能なフリーソフトはLightworksか、AviUtlですが、どちらも使い勝手が悪いです。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows用のフリーの動画編集ソフト。主な機能は、動画のカットトリミング、各種フィルタ、動画出力など限定的。

無料の動画編集ソフト紹介ページの多くに、このAvidemuxが載ってあるが当サイトではまったくおすすめしない。導入や使い勝手も悪く、機能も必要なものもない。

無料の動画編集ソフトを使いたい場合は、Windows10の方はフォトがおすすめ。より高機能なフリーソフトはLightworksか、AviUtlだが、どちらも使い勝手が悪い。有料でも良い場合はPowerDirector
Vista/7/8/10
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Filmora(フィモーラ)

Filmoraは、基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレートなどを簡単に使うことができるWindows/Mac用の中国メーカーの動画編集ソフトです。

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)の画面

年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。


サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Filmora9
Filmora動画編集ソフト
8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

対応動画.mpg, .mpeg, .m1v, .m2v)、MPEG-4 動画ファイル: (.mp4, .m4v, .3gp, .3g2, .3gp2)、QuickTime 動画ファイル: ( H.264でエンコードされた.mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ )、カムコーダーファイル:(.dv, .mod, .tod, .mts, .m2ts, .m2t)、Flash 動画: (.flv, .f4v)、Windows Media: (.wmv, .asf)、Audio Visual Interleave: (.avi)、Matroska 動画 ファイル: (H.264でエンコードされた.mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ)、HTML5 動画 ファイル: (.mp4, .webm,. ogv)、暗号化されていないDVDファイル: (.vob, .vro)
対応写真.jpg, .png, .bmp, .gif, .tif, .tiff
対応音声.mp3, .m4a, .wav, .wma, .ogg, .flac, .aac, .aif, .aiff



スポンサーリンク3


Windows用動画編集プロ向けソフト無料有料ランキング

家庭用 動画編集ソフト特徴
1位 Adobe Premiere Pro CC for Windows
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
使い方動画
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ用動画編集ソフトの無料版。AdobePremiereProCC並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows、Mac、Linux日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Avid Media Composerは、映画、テレビなどで使われているプロ向けの動画編集ソフト。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われている。そのソフトが無料版のAvid Media Composer Firstとして公開。慣れるまで使い方が難しいが、映画など本格的な制作を志望している方にはおすすめ。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

Windows® 10(64ビット版)、Windows® 8.1(64ビット版)、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
基本的には高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1(すべて64bit OS)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Adobe After Effects CC for Windows
Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Windows用動画編集プロ向けソフトの詳細

1位 Adobe Premiere Pro CC for Windows

プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC for Windows

プロを目指している方や、家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人におすすめ。月額での利用ができるので、気軽に始めることができる。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
Adobe Premiere Pro CC for Windows
月3,180円~
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード 使い方記事 使い方動画
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

対応動画3gp 、3g2 、asf、avi 、dv 、flv 、4fv 、gif 、m1v 、m2t 、m2ts 、m4v 、mov 、mp4 、mpe、mpeg、mpg 、m2v 、mts 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mov 、mxf 、ari 、cine 、dng 、mxf 、r3d 、swf 、vob 、wmv
対応写真ai、eps、bmp、dib、rle、dpx、eps、、gif、、ico 、jpeg、jpg、jpe、jfif、、pict、、png、、psd、、psq、、ptl、prtl、、tga、icb、vda、vst、、tif、tiff
対応音声aac、ac3、aif、aiff、asnd、avi、bwf、m4a、mp3 、wma、wav

Adobe Premiere Pro CCの使い方解説動画





2位 DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは、オーストラリアの映像メーカーであるBlackmagic Design(ブラックマジックデザイン)社が開発している映像編集ソフトです。
DaVinci Resolve動画編集ソフト


基本的にはプロ向け業務用ソフトですが、一部の高度な機能を制限したバージョンのみ無料で公開しています。

日本語でも使えるので、映像のプロを目指しているけどコストがかけられない人や、試しに無料の高機能ソフトを使ってみたい方におすすめです。

家庭用としては高機能すぎて使いにくいのであまりおすすめしません。家庭用動画編集ソフトには必ずある結婚式や誕生日、運動会用などのイベントテンプレートもありません。無料なのは魅力ですが、あくまで家庭用としての使い方であればPowerDirectorがおすすめです。

プロ向け 動画編集ソフト特徴
プロ用動画編集ソフトの無料版。AdobePremiereProCC並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows、Mac、Linux日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

DaVinci Resolveの使い方解説動画





3位 Avid Media Composer

Avid Media Composer(アビッドメディアコンポーザー)は、映画、テレビなどで使われている動画編集ソフトです。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われています。


そのソフトの無料版が、Avid Media Composer Firstです。
動画編集ソフトAvid Media Composerのインターフェイス

かなり独特な設計なので、動画編集ソフトに慣れている人でも時間がかかると思います。しかし、このクオリティのソフトを無料で使えるのであれば努力してみる価値はあります。映画製作など高度な動画を作りたいが、お金がない!無料がいい!という方にはおすすめです。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
Avid Media Composerは、映画、テレビなどで使われているプロ向けの動画編集ソフト。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われている。そのソフトが無料版のAvid Media Composer Firstとして公開。慣れるまで使い方が難しいが、映画など本格的な制作を志望している方にはおすすめ。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:http://resources.avid.com/SupportFiles/attach/Avid_Supported_Video_File_Formats.pdf
対応写真
対応音声


4位 EDIUS Pro

4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

高機能動画編集ソフトといえば、パソコンによっては動作が重いが、EDIUSは動作が軽めと評価されている。パソコンスペックに自信がない人で、さらに高度な動画編集をしたい方にはおすすめ。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
4K、HDR編集が売りのスピーディーな編集環境が特徴のソフト。家庭用バージョンは廃止。

Windows 7 64‑bit(Service Pack 1以降)、Windows 8.1 64-bit、Windows 10 64-bit Version 1607以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画3gp、3g2、amc、m2ts、mts、xml 、mxf、avi、crm、dif、dv、f4v、mod、tod、mpg、mpeg、m2p、mp2vob、vro、m2t、mpv、m2v、mp4、m4v、mxf、mov、R3D、idx、ts、wmv、asf、xml 、smixm、cif 、mxf
対応写真gif、dpx、fpx、ico、icon、jpe、、exif、jfif、jpg、、jpeg、pic、、pct、pict、iff、mpo、png、psd、qti、、qti、qif、etl、sgi、rgb、tga、targa、vda、、icb、、vst、tif、3、tiff、bmp、dib、rle、wmf、emf、wdp
対応音声aac,、m4a、aiff、aif、ac3、ac3、ec3 、mp3、mpa、m2a、ogg、wav、wma


5位 Vegas Pro

プロ/ハイエンド向けの動画編集ソフト、ベガスプロ。高機能ですが、価格もまた家庭用ソフトと比べると高くなっています。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

プロ向けの動画編集ソフトといえば、Adobe Premiereが一般的ですが、Vegas Proも性能的にはまったく劣っていません。十分、制作に使えるレベルに仕上がっています。もちろんプロ用としてだけでなく、ハイエンドな一般向けとしても優秀なソフトです。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
高機能なプロ/ハイエンド向け動画編集ソフト。一般的な知名度はないが、家庭用ソフトではできない細かい編集が可能。

Windows® 10(64ビット版)、Windows® 8.1(64ビット版)、Windows® 7(64ビット版)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画AA3、AAF、AIF、ASF、AU、AVC、AVCHD、AVI、BMP、BWF、CDA、DIG、DLX、DPX、DV、EXR、FLAC、GIF、H.264、HDP、IVC、JPEG、M2T、M2TS、MVC、MOV、Sony MXF(XDCAM および HDCAM SR)、MP3、MP4、M4A、MPEG-1 および MPEG-2 ビデオ、MPO、OGG、OMA、Panasonic MXF(DVCPRO、AVC-Intra)、PCA、PNG、PSD、QT、R3D、SFA、SND、TIFF、TGA、VOX、W64、WAV、WDP、WMA、WMV、XAVC Intra MXF、XAVC S
対応写真
対応音声


FilmoraPro

FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。

FilmoraProの編集画面 動画編集ソフト フィモーラプロ入門

Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。


今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。AdobePremiereProに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。


ここまでそろって値段が買い切りで21,980円とプロ向け編集ソフトの中ではリーズナブル。


ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray


TMPGEnc Video Mastering Works

有名な高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

編集は他のソフトでして、TMPGEncで高画質・高圧縮エンコードする時に活躍する。編集機能は本当に簡易的なので、あくまでおまけのようなもの。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
基本的には高圧縮・高画質が売りのエンコードソフト。ただし、基本的な動画編集機能もあるので、簡易的な編集には十分。

Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 SP1(すべて64bit OS)、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画mpg、 mpeg、 mpv、m1v、mpg、 mpeg、 m2p、m2v、mpg、 ts、 m2t、 m2ts、 mts、mp4、 m4v、 m4a、 mov、 264、mp4、 hevc、 265、pgmx、 mkv、mp4、mkv、dvr-ms、 wtv、mod、mov、 qt、 mp4、 m4a、 m4v、 3gp、 3g2、 amc、 dvdivx、 avi、wmv、 asf、webm、ogv、 ogx、dv0、iso
対応写真bmp、 jpg、 jpeg、 psd、 png、 wmf、 emf、 jpe、 rle、 dib exif、 jfif、 gif、 wdp、 tiff、 jxr、 tif、 ico、 icon、 sgi、 tga、 dpx
対応音声mp2 、mp3、ac3、ec3 、aac、fla, 、flac、mkv 、mka、wav、av、wma、Vorbis形式 、oga 、ogg、aif, aiff、VFAPI で正常に読み込めるもの、Direct Show で正常に読み込めるもの、Media Foundation で正常に読み込めるもの


Adobe After Effects CC for Windows

高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

Adobe Premiere Pro CCと連携して使うことが多く、PhotoShopなどのセットで購入するとお得。使い方はPremiere Proと共通点があるので、他ソフトで連携できるものがあるが、やはりAdobe製品に統一するのがおすすめ。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
Adobe After Effects CC for Windows

Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/kb/cq02200611.html
対応写真
対応音声



Mac用ジャンル別 おすすめ動画編集ソフト

有料ソフトと無料ソフトのおすすめを、総合ランキングから1本ずつピックアップしました。

有料でおすすめの高機能な動画編集ソフト

家庭用 動画編集ソフト特徴
MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberにおすすめのハイエンド動画編集ソフト。iMovieでは自由度が低く、AdobePremiereProCCは高機能過ぎるが、FinalCutProは、その中間。そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

無料でおすすめの動画編集ソフト

家庭用 動画編集ソフト特徴
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。ただしテキストの編集機能が弱い。※Macとの相性によってエラーが起きる場合があり。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Mac用動画編集入門ソフト 無料有料ランキング

Mac用 動画編集ソフト特徴
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。ただしテキストの編集機能が弱い。※Macとの相性によってエラーが起きる場合があり。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberにおすすめのハイエンド動画編集ソフト。iMovieでは自由度が低く、AdobePremiereProCCは高機能過ぎるが、FinalCutProは、その中間。そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

家庭用を買うのであればいっそのことプロ版のAdobe Premiere Pro CC for Macがおすすめ。
Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
シンプルで使いやすい格安動画編集ソフト。高度な編集機能はないが、基本的なカット編集、BGM音楽、テキスト、書き出しなど必要最低限の機能はそろっている。家庭用としてはコスパが高い。画面録画やDVD/Blu-rayを焼きたい人は上位種のVideoSuiteがおすすめ。

VideoSuiteベストプライス中(click)

Microsoft® Windows® XP/Vista/7/8/10 (最新パッチ/サービスパックをインストール済)、Mac OS X® 10.7 以降
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリーの動画編集ソフト。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能がある。

プロ向けソフトに近く、操作難易度は高い。Lightworksよりは使いやすい。

Mac
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。中級者向け。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。テキストテロップの編集は自由度が低い。英語だがそれほど難しい内容はない。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトとほぼ同等の機能。使いづらく情報が少ない。無料版はHD出力のみ。

Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1 and Windows 10、 Linux、Mac OS X 10.9 – 10.12、英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。細かい部分で使えないところが多く、フリーとはいえおすすめできない。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。音量調整、テロップ、トランジション、吸着機能などに難あり。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Filmora9

Filmora動画編集ソフト

8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Mac用動画編集入門ソフトの詳細

以下、各ソフトの詳しい解説です。

第1位 iMovie’13(ver10)

iMovie’13(ver10)とは、Apple社が提供しているフリーの動画編集ソフトです。iMovieはかつては1,500円ほどでしたが、現在は無料で公開されています。※ver10になったのは2013年23日です。古いOSの場合は、最新版をインストールすることができない場合があります。

動画編集ソフトiMovie(ver10)画面

iMovie’13(ver10)は、シンプルで直感的に操作ができる初心者向きの動画編集ソフトです。動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、音声編集、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果、ピクチャーインピクチャー、画質調整、手振れ補正等、無料とは思えないほど充実した機能を持っています。


Macパソコンを持っているなら、まず一度使ってみることをおすすめします。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Macユーザーで動画作りを始めたい人には、まずApple公式動画編集ソフトiMovie for Macがおすすめ。無料なのに基本的な動画編集機能がすべてそろっている。初心者の入門用としては最適。ただしテキストの編集機能が弱い。※Macとの相性によってエラーが起きる場合があり。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://help.apple.com/imovie/mac/10.1/
対応写真
対応音声



第2位 Final Cut Pro X

Final Cut Pro XとはApple社が開発した有料のハイエンド動画編集ソフトです。値段は36,800円。一応プロ向け、ということになっていますが、どちらかというと家庭用動画編集ソフトiMovieの高機能バージョンと思った方がよいです。

動画編集ソフトFinal Cut Pro X

動画編集機能は、動画、写真の取り込み、基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ(タイトル)の挿入、トランジション効果など基本的なものはすべてそろっています。かつてはパソコンを使った動画編集ソフトとして革命的な存在でしたが、バージョンXになってからプロ用としては使いづらいものになりました。シェアの多くはAdobe Premiere Pro CCのMac版に移ったようです。


しかし、ライバルソフトのAdobe Premiere Pro CCは、完全にプロ向けで一般向けではありません。ソフトの性能と値段をPremiere Proと比較すると、MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberには、Final Cut Proの方がおすすめだと思います。


実際、人気YouTuberのHIKAKINさんは、FinalCutProXユーザーです。


家庭用 動画編集ソフト特徴
MacユーザーかつハイアマチュアやYouTuberにおすすめのハイエンド動画編集ソフト。iMovieでは自由度が低く、AdobePremiereProCCは高機能過ぎるが、FinalCutProは、その中間。そこそこ高機能で、初心者・入門者に優しいソフト。YouTuberのHIKAKIN氏も利用。
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://support.apple.com/ja-jp/final-cut-pro
対応写真
対応音声



第3位 Adobe Premiere Elements for Mac

Adobe Premiere Elementsは、Adobeのプロ用ソフトの一般家庭用版です。機能はプロ用とほぼそん色なく、直感的な操作が可能。

Adobe Premiere Elementsインターフェイス

ただし、動作が重いため中~高スペックパソコンのユーザー向け。ストレスなく動くか、一度体験版での確認が必須です。


動画編集を将来仕事で使ったり、プロを目指している場合だとAdobe Premiere Pro CCの練習としてなら、FinalCutよりもElementsがおすすめ。ただし、1万円を超えるソフトなので、思い切ってAdobe Premiere Pro CCを契約するのもあり。学生だと安いプラン有。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Adobe製プロ用ソフトの家庭用版。かなりの高機能で、色々なことができる。しかしパソコンによっては動作が重く、スペックの低いパソコンだと扱いづらい。また高機能すぎて一般向けというより、本格的に動画作りを始める人向けという印象。またVer2019からなぜかBlu-ray焼きができなくなった。縦動画もいまだ非対応。

家庭用を買うのであればいっそのことプロ版のAdobe Premiere Pro CC for Macがおすすめ。
Microsoft Windows 7(Service Pack 1)日本語版、Windows 8日本語版、Windows 10日本語版(64-bitのみ)、Mac OS X v10.11~v10.13日本語版(64-bit対応必須)
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画AVCHD(読み込みのみ)、DV-AVI(Windowsでは読み込み/書き出し、Mac OSでは読み込みのみ)、DVD、H.264、HDV、MPEG-1(読み込みのみ)、MPEG-2、MPEG-4、MP3、QuickTime、Windows Media(Windowsのみ)など。

一部のファイル形式の読み込み/書き出しには、インターネット経由でライセンス認証をおこなう必要があります。ライセンス認証の手続きは無料で、短時間で簡単に完了します。
対応写真
対応音声



第4位 Movavi Video Editor for Mac

Movavi Video Editor 14は、動画編集の入門者向けの安価な有料ソフトウェアです。基本的なカット編集、BGMの挿入、豊富なフィルタや、シンプルな構成で初心者向きにやさしい設計になっているのが特徴です。

動画編集ソフトMovavi Video Editor 14インターフェイス

シンプルなソフトなので、特にパソコン操作に自信のない方や、動画編集をしたことない方などにおすすめです。


3つの種類がありますが、まずはVideoEditor14の体験版を使ってみてください。動画編集ソフトはパソコンのパワーをたくさん使います。せっかく編集ソフトを買ったのに、パソコンと相性が悪く使いづらい、なんてことがあります。それを防止するために必ずまずは体験版を使ってみましょう。その上で購入検討してください。


他の家庭用動画編集ソフトは1万円以上するものが多いので、Movavi Video Editor 14の4,700円は買いやすい値段ではあります。


※体験版は、7日間限定で、保存した動画に透かしが入るなどの制限があります。

家庭用 動画編集ソフト特徴
シンプルで使いやすい格安動画編集ソフト。高度な編集機能はないが、基本的なカット編集、BGM音楽、テキスト、書き出しなど必要最低限の機能はそろっている。家庭用としてはコスパが高い。画面録画やDVD/Blu-rayを焼きたい人は上位種のVideoSuiteがおすすめ。

VideoSuiteベストプライス中(click)

Microsoft® Windows® XP/Vista/7/8/10 (最新パッチ/サービスパックをインストール済)、Mac OS X® 10.7 以降
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ヘルプ
対応写真
対応音声



第5位 Shotcut(ショットカット) for Mac

ShotcutはWindows用のフリーの動画編集ソフトです。開発はアメリカのMeltytech, LLC。


無料ですがプロ向けに近い画面構成と機能です。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能があります。

Shotcut画面


高度な機能たくさんがあるので、操作が難しく、初めての方にはあまりおすすめできません。テキストは直接日本語を打つことができません。メモ帳からコピー&ペーストすれば日本語も使えますが不便です。また音量調整機能も未熟で使いづらいです。Lightworksよりは優しい設計。

家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリーの動画編集ソフト。動画のカットトリミング、BGM音楽挿入、テキストテロップ、各種フィルタ、動画出力など最低限の機能がある。

プロ向けソフトに近く、操作難易度は高い。Lightworksよりは使いやすい。

初心者向けの無料動画編集ソフトを使いたい場合は、IcecreamVideoEditorか、フォトがおすすめ。

Mac
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



第6位 Olive

Oliveは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。フリーソフトですが本格的な動画編集機能があり、使いやすいです。初心者向けというより中級者向けのフリーソフトといっていいでしょう。

動画編集ソフトOlive

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。テキストテロップの編集に関しては自由度が低く、扱いづらいです。


英語のソフトですが、あまり難しい内容ではないので直感的に操作できます。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。中級者向け。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。テキストテロップの編集は自由度が低い。英語だがそれほど難しい内容はない。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



第7位 Lightworks for Mac

元はプロ用の有料ソフト。オープン化し、基本的な機能は無料で公開されています。

LighthWorksインターフェイス

プロ用だけあって、無料とは思えない機能がついています。ただし、使い勝手が悪く、あまり初心者向けとはいえません。使い方情報も少ないので、Macユーザーはあえて使う必要はないと思います。


家庭用 動画編集ソフト特徴
元プロ用の高機能な動画編集用ソフトのフリー版。有料ソフトとほぼ同等の機能。使いづらく情報が少ない。無料版はHD出力のみ。

Windows Vista, Windows 7, Windows 8/8.1 and Windows 10、 Linux、Mac OS X 10.9 – 10.12、英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画ProRes, Avid DNxHD, AVC-Intra, DVCPRO HD, RED R3D, DPX, AVCHD (with AC3 audio), H.264, XDCAM EX / HD 422
対応写真
対応音声



第8位 VideoPad for Mac

VideoPadは、元々無料でしたが、有料になった動画編集ソフト。機能は有料版には及びませんが、無料版にしては高機能だったため重宝されていました。しかし、有料化したことで、かなり中途半端なソフトに。MacユーザーにはiMovieがおすすめ。

VideoPadインターフェイス

試用期間は30日程度、プロジェクトの保存を数回以上すると無料使用不可になります。7,000円払うのであれば、他の有料ソフトを買うことをおすすめします。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
完全無料から、有料になり、一気に評価が下がったソフト。この値段であれば、他のソフトの購入がおすすめ。

Windows 10/XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.5以降、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画avi, mpeg, wmv, divX, Xvid, mpeg, mp4, mov, vob, ogm, H.264, RMなど
対応写真apng、bmp、gif、jpg、png、tifなど
対応音声wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、ogg、raw、dvf、voxなど



OpenShot Video Editor

OpenShot Video Editorは、Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフトです。正直使い勝手が悪く、また機能にも不具合が多いのでおすすめできないソフトです。

OpenShot Video Editor

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しなどができます。


しかし、細かい部分でできないことが多く、使い物になりません。例えば音量調整機能はほぼ機能していませんし、タイムラインを再生すると初めに変な音が入ります。テキストの編集も自由度が低く、素材の吸着機能も弱いのでキレイに並べることができません。


フリーとはいえ、あえてこのソフトを使う理由はないでしょう。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Windows/Mac/Linux用のフリー動画編集ソフト。細かい部分で使えないところが多く、フリーとはいえおすすめできない。

基本的なトリミングカット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、トランジション、書き出しができる。音量調整、テロップ、トランジション、吸着機能などに難あり。

Microsoft Windows、Mac、Linux
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Filmora for Mac

Filmoraは、基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレートなどを簡単に使うことができるWindows/Mac用の中国メーカーの動画編集ソフトです。

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)の画面

年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。


サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。


家庭用 動画編集ソフト特徴
Filmora9

Filmora動画編集ソフト

8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い中国メーカーの動画編集ソフト。年間プランで契約すると自動でクレジット支払いでの更新になり、解約はサポートへのメールのみ。一度払うとキャンセルもできないので注意。どうしても使いたい場合はライフタイムプラン奨励。

サポートが不安な方にはPowerDirectorがおすすめ。

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画.mpg, .mpeg, .m1v, .m2v)、MPEG-4 動画ファイル: (.mp4, .m4v, .3gp, .3g2, .3gp2)、QuickTime 動画ファイル: ( H.264でエンコードされた.mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ )、カムコーダーファイル:(.dv, .mod, .tod, .mts, .m2ts, .m2t)、Flash 動画: (.flv, .f4v)、Windows Media: (.wmv, .asf)、Audio Visual Interleave: (.avi)、Matroska 動画 ファイル: (H.264でエンコードされた.mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ)、HTML5 動画 ファイル: (.mp4, .webm,. ogv)、暗号化されていないDVDファイル: (.vob, .vro)
対応写真.jpg, .png, .bmp, .gif, .tif, .tiff
対応音声.mp3, .m4a, .wav, .wma, .ogg, .flac, .aac, .aif, .aiff



Mac用動画編集プロ向けソフトランキング

プロ用 動画編集ソフト特徴
1位 Adobe Premiere Pro CC for Mac
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
使い方動画
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
プロ用動画編集ソフトの無料版。AdobePremiereProCC並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows、Mac、Linux日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Adobe After Effects CC for Mac
Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Mac用動画編集プロ向けソフトの詳細

1位 Adobe Premiere Pro CC for Mac

プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

プロを目指している方はFinal Cut Pro Xよりおすすめ。家庭用動画編集ソフトからさらにステップアップしたい人にはFinal Cut Pro Xがおすすめ。月額での利用ができるので気軽に始めることができる。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
Adobe Premiere Pro CC for Windows
月3,180円~
Adobe Premiere Pro CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード 使い方記事 使い方動画
プロ向けの高機能動画編集ソフト。映像制作者の多くがこのソフトを使っているくらいメジャー(Adobe社調べ)。また、AfterEffectsやPhotoshopなどと連携しやすく、料金も月額で安く使うことができる。

Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版、日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

対応動画3gp 、3g2 、asf、avi 、dv 、flv 、4fv 、gif 、m1v 、m2t 、m2ts 、m4v 、mov 、mp4 、mpe、mpeg、mpg 、m2v 、mts 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mxf 、mov 、mxf 、ari 、cine 、dng 、mxf 、r3d 、swf 、vob 、wmv
対応写真ai、eps、bmp、dib、rle、dpx、eps、、gif、、ico 、jpeg、jpg、jpe、jfif、、pict、、png、、psd、、psq、、ptl、prtl、、tga、icb、vda、vst、、tif、tiff
対応音声aac、ac3、aif、aiff、asnd、avi、bwf、m4a、mp3 、wma、wav

Adobe Premiere Pro CCの使い方解説動画





2位 DaVinci Resolve

DaVinci Resolveは、オーストラリアの映像メーカーであるBlackmagic Design(ブラックマジックデザイン)社が開発している映像編集ソフトです。
DaVinci Resolve動画編集ソフト


基本的にはプロ向け業務用ソフトですが、一部の高度な機能を制限したバージョンのみ無料で公開しています。

日本語でも使えるので、映像のプロを目指しているけどコストがかけられない人や、試しに無料の高機能ソフトを使ってみたい方におすすめです。

プロ向け 動画編集ソフト特徴
プロ用動画編集ソフトの無料版。AdobePremiereProCC並みの高機能ソフト。家庭用としては高機能すぎるのでおすすめしない。

Windows、Mac、Linux日本語対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



Adobe After Effects CC for Mac

高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

動画編集ソフトVegas Pro(ベガスプロ)

Adobe Premiere Pro CCと連携して使うことが多く、PhotoShopなどのセットで購入するとお得。使い方はPremiere Proと共通点があるので、他ソフトで連携できるものがあるが、やはりAdobe製品に統一するのがおすすめ。


プロ向け 動画編集ソフト特徴
Adobe After Effects CC for Mac
Adobe After Effects CC動画編集ソフト

月3,180円~
ダウンロード
使い方記事
高度なCG制作ソフト。動画のロゴやオープニング、CMのアニメーション制作などで活躍している。

Microsoft® Windows® 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版、10.11(El Capitan)日本語版、10.12(Sierra)日本語版、Mac OS X 10.13(High Sierra)日本語版のいずれか
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/kb/cq02200611.html
対応写真
対応音声



FilmoraPro

FilmoraProは、映像プロフェッショナルのために開発された新しいFilmoraブランドの高機能動画編集ソフトです。

FilmoraProの編集画面 動画編集ソフト フィモーラプロ入門


Filmora(フィモーラ)といえば家庭用の使いやすいおしゃれな動画編集ソフトのブランドです。しかし家庭用なので、高度で細かい編集機能はあえて省かれていました。そこで新たに開発されたのが高機能動画編集ソフトFilmoraProです(たぶん)。


今まで以上により高度なエフェクト機能、タイトル、詳細コントロール、スコープ機能、レイアウト、オーディオミキサー、出力詳細設定などが使えます。AdobePremiereProに近いことをFilmoraでできるようになった、という印象です。


ここまでそろって値段が買い切りで21,980円とプロ向け編集ソフトの中ではリーズナブル。


ただし、テレビや映画、CM制作向けというよりは、より高度な動画を自社の宣伝用に作りたい場合や、ウェブムービー、こだわりのあるYouTuberなどセミプロ向けといった印象です。本格的な業務用としては、2019年発売なので普及率も低く、あえて選ぶ要素はありません。



家庭用 動画編集ソフト特徴
Filmoraのプロ版。AdobePremiereProに近い高度な編集ができる。2019年発売の若いソフトなので、本格的なプロ向けとしてはまだこれから。どちらかといえばセミプロ用として考えたほうが良い。Filmoraから次のステップアップや、ミドルクラス編集ソフトからの乗り換えとしてはあり。
Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



ブラウザ用動画編集ソフトの解説

ブラウザ動画編集は、WindowsやMacなどのOSにインストールするソフトではありません。パソコンにインストールしているブラウザ(IE、GoogleChrome、Safariなど)上で動画を編集することができるクラウドサービスです。


ブラウザ動画編集は、あまり種類が多くありません。YouTubeが無料で公開していましたが、現在は終了しています。今後増えていき、良いサービスが産まれるかもしれません。


ブラウザ動画編集サービス表

ブラウザ動画編集特徴
※2017年にサービスが終了。
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。

日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。

英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray

番外 YouTubeブラウザ編集

※2017年にサポートが終了。


Youtubeの無料アカウントがあれば使える動画編集エディタです。かなり簡易的な編集サービスですが、カット、テキストテロップ、BGM音楽、手振れ補正機能などが使えます。写真のみのスライドショーの作成などに使いやすい。

YouTube動画エディター


アカウントがあればすぐにでも使用できるので、動画編集入門には最適。


ブラウザ動画編集特徴
※2017年にサービスが終了。
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。簡易的な編集サービスだが、基本機能はそろっている。フリー音源も豊富。

日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray



番外 WE VIDEOブラウザ編集

ブラウザ上で本格的な動画編集ができる無料サービスです。

ブラウザで動画編集できる無料サービスWE VIDEOインターフェイス

ブラウザ上での編集サービスとは思えない機能とインターフェイス。ほぼ有料動画編集ソフトと変わらない内容になっています。


ただし、無料版にはロゴが強制挿入されるので注意が必要。有料ソフトの感覚を知りたい場合は、試しに使ってみることをおすすめします。


ブラウザ動画編集特徴
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。ほぼ有料ソフトと同じインターフェイス。ただし無料版にはロゴが強制挿入される。

英語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://www.wevideo.com/personal
対応写真
対応音声



番外 Kizoaブラウザ編集

ブラウザ上で、動画編集ができるシンプルで使いやすいサービス。特にスライドショーの作成が得意で、知識がなくても直感的に使えます。

動画編集サービスkizoa編集画面


利用は無料ですが、画質が低く、ダウンロードは1分以内の動画までと制限があります。使ってみて気に入れば、3,980円から高画質・1分以上ダウンロードができる有料会員もあるので検討してみると良いでしょう。


あまり高機能のソフトを求めていない人にはおすすめです。


ブラウザ動画編集特徴
ブラウザのみで動画編集できる無料サービス。直感的に動画を作ることができる。無料版だと書き出しなどの制限が多いので、気に入れば有料プランがおすすめ。

日本語
4K360度アクションカメラ縦動画画面録画自動編集DVDBlu-ray
対応動画公式ページ参照:https://www.kizoa.jp/
対応写真
対応音声

関連記事


  • この記事を書いた人

フクモトワタル

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2020 All Rights Reserved.