動画ソフト・アプリ

Avid Media Composerの使い方(1)機能の紹介 動画編集フリーソフト

掲載・更新日

Avid Media Composerの使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アビッドメディアコンポーザー

無料で使えるWindows/Mac用 高機能動画編集ソフトAvid Media Composer Firstの解説や、使ってみた感想などを紹介をします。


→カンタン動画入門のYouTubeチャンネルを登録する(Click)


Avid Media Composer Firstの使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)ダウンロード、インストール、無料会員登録から起動まで
(3)編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
(4)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(5)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(6)トランジションの挿入方法


動画編集ソフトランキング

Avid Media Composer Firstとは?

Avid Media Composer(アビッドメディアコンポーザー)は、映画、テレビなどで使われている動画編集ソフトです。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われています。


その制作現場で使われているソフトの無料版がAvid Media Composer Firstです。

動画編集ソフトAvid Media Composerのインターフェイス

有料版と比べて制限はありますが、個人で使う分には問題なく動画編集に使えます。ただし、初心者向きの解説が少なく、かなり高度なプロ向けなので使いこなすのは大変です。




Avid Media Composer Firstを使ってみた感想

「ほんとに無料でいいの!?」と思うくらい機能が充実した動画編集ソフトです。


ただし、操作が慣れないうちは難しいです。他の編集ソフトに慣れている方でも、Avidを初めて触ると分からないことだらけだと思います。家庭用・プロ用の動画編集ソフトのほとんどを使ってレビューしている私でも、「書くの辞めようかな…」と悩むくらいでした(笑)。しかし、公式のマニュアルPDF(日本語)や、ウェブ上の断片的な操作法を覚えればどうにかなりました。


しかし、そんな労力を使って覚えるなら、普通にミドルクラスの家庭用ソフトを買って使う方が良いように感じました。特に家庭用のちょっとしたイベント動画を作りたい人にはまったくおすすめできません。このソフトは、これから映画や動画制作を仕事にしたい人向けです。また動画を仕事にしたい人にもAvidより、汎用性のあるAdobe Premiere Pro CCをおすすめします。


「映画や動画を仕事にしたいが、お金がない!」という方はぜひ挑戦してみてください!当サイトの基本的な使い方記事を読めば、どうにかなると思います。




料金と種類について

Avid Media Composerには無料の『簡易版(First)』と、有料『標準版』の2種類があります。

種類 簡易版(First) 標準版
画像 Avid Media Composer First Avid Media Composer
用途 ビデオのプロ志望者および初心者 プロのエディター、映画製作者、ジャーナリスト
比較 公式ページ比較表
料金 無料 ¥4,700 1年契約/月額クロスグレード
¥5,900 1年契約/月額
¥8,900 毎月/月額
¥106,000 2年間
¥149,000 3年間
¥154,000 永久ライセンス+年間アップグレードプラン
詳細



システム要件

Windows/Mac、それぞれのパソコンに必要なシステム要件表です。

Windows Media Composer | First Media Composer
システム Avid動作検証済みのWindowsベースのコンピューター
OS 64ビットOS:Windows 10(ProfessionalおよびEnterprise)、Windows 8.1(ProfessionalおよびEnterprise)、またはWindows 7 Professional(Service Pack 1)
RAM 最小6 GB、8 GB以上を推奨。UHDまたは高フレームレート・メディアを使用する場合は16 GB以上 最小8 GB、16 GB以上を推奨。UHD、大規模プロジェクト、またはInterplay環境では24 GB以上を推奨
その他 インストール時にインターネット接続が必要。
詳細については、機能のパフォーマンスのページを参照
互換性 Windows OS互換性グリッドを参照

Mac Media Composer | First Media Composer
システム Avid動作検証済みのAppleコンピューター
OS OS X 10.11、10.12 OS X 10.10、10.11、10.12
RAM 最小6 GB、8 GB以上を推奨。UHDまたは高フレームレート・メディアを使用する場合は16 GB以上 最小8 GB、16 GB以上を推奨。UHD、大規模プロジェクト、またはInterplay環境では24 GB以上を推奨
その他 インストール時にインターネット接続が必要。
詳細については、機能のパフォーマンスのページを参照
互換性 Mac OS互換性グリッドを参照

Avid Media Composer Firstの使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)ダウンロード、インストール、無料会員登録から起動まで
(3)編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
(4)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(5)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(6)トランジションの挿入方法


動画編集ソフトランキング

関連記事

Adobe Premiere Elements2021の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアエレメンツ入門

Adobe Premiere Elements使い方BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの方法 動画編集ソフト

動画編集ソフトAdobe Premiere ElementsのBGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウトの使い方などを解説をします。

動画編集アプリLumaFusionの使い方iPhone/iPad iOS対応

動画編集アプリLumaFusion使い方iPhone/iPad iOS対応

iPhone/iPad iOS対応の動画編集アプリLuma Fusion(ルマフュージョン)の機能紹介、値段、使ってみた感想、使い方などを解説します。

球面の効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

球面の効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画の指定した位置を中心に球面上にゆがませる動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクト『球面』の効果と使い方を解説します。

iMovie’13(ver10)の使い方 Macで動画編集する方法(1) 機能の紹介 マック・アイムービー入門

iMovieの使い方Macで動画編集する方法(2) 編集の準備・基本的なカット編集

無料で公開されているApple社公式のMac用動画編集ソフトiMovieの編集の準備と、基本的なカット編集を解説します。

トランスフォームの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

トランスフォームの効果・使い方 Adobe Premiere Pro動画エフェクト

動画の位置、スケール(大きさ)、歪曲、回転、不透明度などを調整できる動画編集ソフトAdobe Premiere Proの動画エフェクト『トランスフォーム』の効果と使い方を解説します。

  • この記事を書いた人

株式会社ドウガテック内村航

株式会社ドウガテック代表取締役。映像制作15年の動画の作り方講師。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月35万人以上が訪問するまでに成長。『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。日本文理大学情報メディア学科動画講座非常勤講師、立命館アジア太平洋大学動画制作ワークショップ講師。 著書・暮らしvlogのはじめ方(朝日新聞出版) ・iMovieのマニュアル本(工学社 I・O BOOKS) ・月刊BANコラムより詳しいプロフィールはこちら

おすすめ記事一覧

動画編集ソフトおすすめランキング無料有料比較Windows/Mac 1

動画編集ソフトおすすめ比較・選び方Windows/Macこの動画を YouTube で視聴 動画編集ができるWindowsとMac用の無料・有料の動画編集ソフトのおすすめを紹介します。初心者から、Yo ...

【2022】動画編集アプリおすすめ人気ランキング 2

iPhoneやアンドロイドスマートフォン・タブレットで動画編集ができる無料・有料の動画編集アプリおすすめランキングを紹介します。すべて実際に使ってレビューしました。各アプリの詳しい使い方も別記事で解説 ...

動画の作り方入門 3

動画を初めて作る方に向けて、動画の作り方を分かりやすく解説していきます! 記事に使っている写真はすべて私が自分で買ってレビューした機材です。

おすすめの動画編集スクール比較 4

最近「動画編集をしたい!」という方が増えています。YouTuberや趣味として動画を作るのであれば独学でも問題ありません。しかし社会人の仕事や副業、就職、転職用であれば、プロ仕様の動画編集ソフトの使い ...

-動画ソフト・アプリ
-