動画ソフト・アプリ

Avid Media Composerの使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アビッドメディアコンポーザー

投稿日:2018/03/31 更新日:

Avid Media Composerの使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アビッドメディアコンポーザー

こんにちは! hamochikuです。


今回は無料で使えるWindows/Mac用 高機能動画編集ソフトAvid Media Composer Firstの解説や、使ってみた感想などを紹介をします。


スポンサーリンク

【PickUp!】

Avid Media Composer Firstの使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)ダウンロード、インストール、無料会員登録から起動まで
(3)編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
(4)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(5)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(6)トランジションの挿入方法

スポンサーリンク1


Avid Media Composer Firstとは?

Avid Media Composer(アビッドメディアコンポーザー)は、映画、テレビなどで使われている動画編集ソフトです。映画だと『ダークナイト』や『ラ・ラ・ランド』『スターウォーズ』などで使われています。


その制作現場で使われているソフトの無料版がAvid Media Composer Firstです。

動画編集ソフトAvid Media Composerのインターフェイス

有料版と比べて制限はありますが、個人で使う分には問題なく動画編集に使えます。ただし、初心者向きの解説が少なく、かなり高度なプロ向けなので使いこなすのは大変です。




スポンサーリンク2


Avid Media Composer Firstを使ってみた感想

「ほんとに無料でいいの!?」と思うくらい機能が充実した動画編集ソフトです。


ただし、操作が慣れないうちは難しいです。他の編集ソフトに慣れている方でも、Avidを初めて触ると分からないことだらけだと思います。家庭用・プロ用の動画編集ソフトのほとんどを使ってレビューしている私でも、「書くの辞めようかな…」と悩むくらいでした(笑)。しかし、公式のマニュアルPDF(日本語)や、ウェブ上の断片的な操作法を覚えればどうにかなりました。


しかし、そんな労力を使って覚えるなら、普通にミドルクラスの家庭用ソフトを買って使う方が良いように感じました。特に家庭用のちょっとしたイベント動画を作りたい人にはまったくおすすめできません。このソフトは、これから映画や動画制作を仕事にしたい人向けです。また動画を仕事にしたい人にもAvidより、汎用性のあるAdobe Premiere Pro CCをおすすめします。


「映画や動画を仕事にしたいが、お金がない!」という方はぜひ挑戦してみてください!当サイトの基本的な使い方記事を読めば、どうにかなると思います。




スポンサーリンク3


料金と種類について

Avid Media Composerには無料の『簡易版(First)』と、有料『標準版』の2種類があります。

種類 簡易版(First) 標準版
画像 Avid Media Composer First Avid Media Composer
用途 ビデオのプロ志望者および初心者 プロのエディター、映画製作者、ジャーナリスト
比較 公式ページ比較表
料金 無料 ¥4,700 1年契約/月額クロスグレード
¥5,900 1年契約/月額
¥8,900 毎月/月額
¥106,000 2年間
¥149,000 3年間
¥154,000 永久ライセンス+年間アップグレードプラン
詳細



スポンサーリンク4


システム要件

Windows/Mac、それぞれのパソコンに必要なシステム要件表です。

Windows Media Composer | First Media Composer
システム Avid動作検証済みのWindowsベースのコンピューター
OS 64ビットOS:Windows 10(ProfessionalおよびEnterprise)、Windows 8.1(ProfessionalおよびEnterprise)、またはWindows 7 Professional(Service Pack 1)
RAM 最小6 GB、8 GB以上を推奨。UHDまたは高フレームレート・メディアを使用する場合は16 GB以上 最小8 GB、16 GB以上を推奨。UHD、大規模プロジェクト、またはInterplay環境では24 GB以上を推奨
その他 インストール時にインターネット接続が必要。
詳細については、機能のパフォーマンスのページを参照
互換性 Windows OS互換性グリッドを参照

Mac Media Composer | First Media Composer
システム Avid動作検証済みのAppleコンピューター
OS OS X 10.11、10.12 OS X 10.10、10.11、10.12
RAM 最小6 GB、8 GB以上を推奨。UHDまたは高フレームレート・メディアを使用する場合は16 GB以上 最小8 GB、16 GB以上を推奨。UHD、大規模プロジェクト、またはInterplay環境では24 GB以上を推奨
その他 インストール時にインターネット接続が必要。
詳細については、機能のパフォーマンスのページを参照
互換性 Mac OS互換性グリッドを参照

スポンサーリンク5


Avid Media Composer Firstの使い方記事一覧

(1)機能の紹介
(2)ダウンロード、インストール、無料会員登録から起動まで
(3)編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
(4)BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
(5)テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
(6)トランジションの挿入方法

-動画ソフト・アプリ
-

執筆者:


コメント ※メーカー問い合わせでも不明な内容は回答できない場合があります。またスパムコメント並びに憶測に基づく誹謗中傷などのコメントには法的措置を取りますのでご注意ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




スポンサーリンク

管理人:hamochiku(はもちく)

メール:info■douga-tec.com
(■を@に変えてください)

都内某大手インターネットメディアで動画ニュースなどの制作→東証一部上場企業でウェブマーケティング→地方に移住し、動画などを使った情報発信を行政とコラボ、その他、動画の作り方教室を主催しています!
iMovieの本を出しました。

記事の執筆依頼・月極広告の問い合わせはこちらをご覧ください。

★ライター募集のお知らせ


hamochiku(はもちく)

お気軽に、フォロー、いいね、お願いします!
by

運営:株式会社ドウガテック