カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

ジンバル

MOZA Mini-MIレビュー スマートフォン用3軸ジンバル スタビライザーの使い方

2019/11/18

MOZA Mini-MIレビュー スマートフォン用3軸ジンバル スタビライザーの使い方

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。


今回は、 スマートフォン用3軸ジンバル『MOZA Mini-MI』の実際使ってみた解説をします。使ったスマホはiPhoneXS MAXです。


スポンサーリンク


スマートフォン用ジンバルとは?

スマホジンバルとは、スマホでの動画撮影の手振れを防ぐための撮影補助器具です。

スマホ用ジンバル


ジンバルの先にスマホを付けて、ジンバルを起動すると、上下左右の傾きやブレなどを自動制御で補正してくれます。スマホ自体の電子式手振れ補正機能以上に、強力な手振れ補正なので、手持ち撮影でもふわぁっとなめらかな動画を撮影することができます。

ジンバルイメージ



手持ちレビュー動画

MOZA Mini-MIにiPhoneXS MAXを付けて、階段上り下り、走り、急カーブを曲がるなどでテストしました。

【サンプル】MOZA Mini-MI 手持ち撮影テスト



スポンサーリンク1


MOZA Mini-MIスペック一覧

アクションカメラ特徴
3軸のスマートフォン用ジンバル。1万円台の格安なのに手振れ補正がかなり強力。8つのフォローモードがあるなど操作の自動度も高い。反面、ボタンが多く、細かい設定などは慣れないと扱うのが難しい。

スマホをジンバルに固定すると、ジンバル内のバッテリーから無線充電しながらの撮影も可能。

対応:iPhone X、8/8 Plus、7/7 Plus、6S / 6S Plus / 6/6 Plus、Huawei Mate 10、Samsung Galaxyなど
→アプリMOZA GenieiOS/アンドロイド
サンプル動画 手持ち+ジンバルなし比較テスト
軸数手振れ補正付加重量重さWi-Fi/BTアプリ
3軸300gまで543g〇/×

※『BT』はbluetoothの略。




スポンサーリンク2


MOZA Mini-MIを使ってみた感想

以下、実際、MOZA Mini-MIを使ってみた感想です。

総合評価

値段が1万円前半なのに、かなり強力な手振れ補正機能を持ったジンバルです。有名なジンバルOSMO MOBILEと比べても遜色ありません。むしろMOZA Mini-MIの方が優れているのでは、と感じる点も多いです。


一方、説明不足な点が多く、スマホの付け方や、8つのフォローモードなどは自分で調べないと分からないことが多いです。私も理解するまで時間がかりました。操作に不安がある初心者の場合は、OSMO MOBILEの方が入門用としてはおすすめです。



手振れ補正機能

階段の上り下り、走っての撮影などでテストをしましたが、かなり強力な手振れ補正です。上下運動だけでなく、左右への振りや、急カーブへの対応にもしっかりついてきます。OSMO MOBILEの場合は急なカーブで動きがおかしくなることがありましたが、MOZA Mini-MIはかなり正確に補正がかかりました。



使いやすさ

スマホの付け方や、モードの使い方を理解するのに時間がかかりました。ただし一度覚えてしまえば、あとは楽です。

気になるのはどのジンバルでも共通ですが、スマホを付けるとけっこう重いことです。本体約500グラムに200グラム程度のスマホを付けると、長時間の撮影はなかなか疲れます。片手操作が厳しい場合は両手持ちでも可能です。

MOZA Mini-MIのボタン ジンバル

関連記事


  • この記事を書いた人

フクモトワタル

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-ジンバル
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2020 All Rights Reserved.