カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

iMovie(2.2)の使い方 iPhoneアプリで動画編集する方法

投稿日:2013/10/24 更新日:

iMovie(2.2)の使い方 iPhoneアプリで動画編集する方法
こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。

今回は、バージョンアップしたiMovie(2.2)の基本的な操作方法を解説します。

※Mac版のiMovieの使い方はこちら

スポンサーリンク

この記事の目次

iMovieの使い方の記事一覧

■iPhone
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方

■iPad
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
iMovieの使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovieの使い方

■Mac
iMovie’13(ver10)の使い方
iMovie’11(ver9)の使い方

スポンサーリンク1


iMovieのインストール iMovieの使い方

iMovieを以下のリンクからダウンロード・インストールしてください。




スポンサーリンク2


プロジェクトの作成 iMovieの使い方

まずアプリを開き、画面上部の『プロジェクト』→『+』マークを指で押してください(タップ)してください。
プロジェクトの作成方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『ムービー』をタップ。
プロジェクトの作成方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


画面下にある『ムービーを作成』をタップ。
プロジェクトの作成方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


新規プロジェクトが完成しました。
プロジェクトの作成方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



スポンサーリンク3


動画ファイルの挿入 iMovieの使い方

次にプロジェクトに動画ファイルを入れてみましょう。

タイムライン左上のプラスマークをタップ。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方 アプリiMovie(2.2)の使い方


『ビデオ』をタップ。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『すべて』。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


iPhone内の動画が表示されます。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


使いたい動画を選択し、プラスマークをタップしてください。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


プロジェクトの下にあるタイムラインの中に選んだ動画ファイルが挿入されました。
動画ファイルを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



スポンサーリンク4


動画を縦横を回転させる方法 iMovieの使い方

iMovieは横長動画が基本です。もし、縦て撮影してしまい、横にしたい時は回転機能を使いましょう。

回転させたい動画をプレビュー画面に表示させてください。次に2本の指で、画面上で回転させてください。
動画を回転させる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


動画が回転させたい方向に90度周りました。
動画を回転させる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



スポンサーリンク5


動画ファイルの長さを調整する方法 iMovieの使い方

次に挿入した動画ファイルの長さを短くしてみましょう。

タイムライン内の動画ファイルをタップ。
動画ファイルの長さを調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


動画ファイルの周囲が黄色い線で囲まれました。
動画ファイルの長さを調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


右の太い黄色い線を指でつかんだまま、左に移動させてください。
動画ファイルの長さを調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


移動させた分だけ、動画が短くなりました。
動画ファイルの長さを調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

この方法で動画の開始・終了位置を調整しましょう。

ちなみにタイムライン上で短くしても、逆に引っ張れば長さは何度も元に戻ります。iPhone内の元ファイルもそのまま残りますので安心してください。



動画ファイルを途中で分割・削除する方法 iMovieの使い方

次に1つの動画ファイルを途中で2つに分割する方法を解説します。

分割したい位置に、タイムライン上の白い縦線がくるように表示を移動させてください。
動画ファイルを分割する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


分割したい動画ファイルをタップし、周囲を黄色くします。そして、白い縦線を指で上から下になぞってください。
動画ファイルを分割する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


動画ファイルが2つに分割されました。
動画ファイルを分割する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


後ろの動画がいらない場合は、動画を選択し、右下の『削除』をタップ。
動画ファイルを削除する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


いらない動画が削除されました。
動画ファイルを削除する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



動画ファイルの並び位置を変更する方法 iMovieの使い方

まずタイムラインに全部で3つ動画ファイルを入れてください。
動画ファイルの並び位置を変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


3つ目の動画を指で長押しすると、動画が宙に浮きます。
動画ファイルの並び位置を変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


そのまま1つ目と2つ目の間に持って行き離してください。3つ目の動画の位置が変わりました。
動画ファイルの並び位置を変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



タイムライン上の動画の上に動画を載せる方法 iMovieの使い方

iMovieでは、タイムライン上に設置した動画の上に別の動画を載せることができます。スタイルによってはバラエティ番組のような『ワイプ』窓を作ることもできます。
ピクチャインピクチャ
4種類のスタイルがありますが、上位の動画が優先的にプレビュー画面に表示されます。ただし音声は初期はミュート設定です。


まず+ボタンを押し、タイムラインの上に載せたい動画を選びましょう。
新規動画追加


動画ファイルを選択すると、右端の『・・・』を選択してください。
動画の上に動画を載せる方法 iMovieの使い方


『カットアウェイ』など5つのボタンが表示されます。
動画の上に動画を載せる方法 iMovieの使い方

カットアウェイ

まずは一番上の『カットアウェイ』ボタンを押してください。

タイムライン上の動画の上に、新しく動画が載りました。プレビューすると、上に載った動画が優先して表示されるのが分かります。
フルサイズ上乗せボタン iMovieの使い方


上に挿入した動画を一度タップし、通常の動画と同じように端をつかんで短くしたり、分割して編集することができます。
上乗せ編集 iMovieの使い方
上乗せ編集 iMovieの使い方


また長押しして、宙に浮かせてから場所を移動することもできます。
場所移動 上乗せ編集 iMovieの使い方
場所移動 上乗せ編集 iMovieの使い方


次に『カットアウェイ』以外のスタイルに変更してみましょう。

ピクチャ・イン・ピクチャ

上に載せた動画を選択し、画面下の『上乗せ』ボタンをタップ。
場所移動 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


3種類のスタイルが表示されます。『ピクチャ・イン・ピクチャ』選んでみましょう。
動画の上に動画を載せる方法 iMovieの使い方


プレビュー画面を見ると、上乗せ動画が小さな画面で表示されるようになりました。これを『ピクチャ・イン・ピクチャ』『ワイプ窓』といいます。
ピクチャインピクチャ 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


プレビュー画面右上の十字矢印を選択し、小窓動画を指でつかんだまま移動させてください。場所を自由に変更できます。
ピクチャインピクチャ移動 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


またプレビュー画面上を指で拡大縮小(ピンチインアウト)すると、小窓の大きさを変更することができます。
ピクチャインピクチャ拡大縮小 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方
ピクチャインピクチャ拡大縮小 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


その他のスタイルは以下の通りです。

スプリットスクリーン

『スプリットスクリーン』をタップ。
動画の上に動画を載せる方法 iMovieの使い方


右側半分に上乗せ表示。※最新版ではプレビュー画面右にある回転ボタンを押すと位置を変更できます。
分割 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


左側半分に上乗せ表示。
分割 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


上半分に上乗せ表示。
分割 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方


下半分に上乗せ表示。
分割 上乗せスタイル編集 iMovieの使い方



タイムラインの動画を再生する方法 iMovieの使い方

画面上部にあるプレビューウィンドウ下の三角の再生ボタンをタップしてください。白い縦線の位置から再生が始まります。
タイムラインをプレビュー再生する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

タイムラインの表示を拡大・縮小する方法 iMovieの使い方

動画ファイルをタイムラインにたくさん入れると、動画だらけになり見にくくなります。そこで、タイムラインを拡大・縮小させて編集しやすくしてみましょう。

タイムラインの動画ファイルの下あたりで、指2本を使って開いたり、閉じたりしてください。
タイムラインの表示を拡大・縮小する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


すると動画ファイルの表示が小さくなったり、大きくなったりします。
タイムラインの表示を拡大・縮小する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

タイムライン全体の流れを確認したい時は縮小し、細かい編集をしたい場合は拡大するなど目的に合わせて使ってみてください。



BGM音楽を入れる方法 iMovieの使い方

次にBGM音楽をタイムラインに挿入しましょう。

プラスマークをタップ。
BGM音楽を挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


画面左上の『ビデオ』をタップ。
BGM音楽を挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


画面左上の『戻る』をタップ。
BGM音楽を挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『オーディオ』をタップ。
BGM音楽を挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『サウンドトラック』をタップ。
音楽の挿入方法サウンドトラック iMovieの使い方


音楽名をタップして視聴し、気に入ったものは右のクラウドボタンを押して、ダウンロード。ダウンロードできたらプラスマークを押してください。
音楽の挿入方法サウンドトラック iMovieの使い方


タイムラインにBGM音楽の緑バーが挿入されました。
BGM音楽を挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



BGM音楽をフェードアウトさせる方法 iMovieの使い方

BGM音楽にだんだん音が小さくなっていく『フェードアウト』機能を使いましょう。この機能を使わないと、ブツっと音楽が切れて聞こえるので注意してください。

まずBGM音楽ファイルをタップし、画面下の『スピーカー』マークを選択してください。
BGM音楽をフェードアウト・インさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『フェード』をタップ。
BGM音楽をフェードアウト・インさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


タイムラインのBGMの左右に黄色い三角が表示されました。この後ろの三角を指でつかんだまま、左に移動させてください。
BGM音楽をフェードアウト・インさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


すると移動させた部分にフェードアウトが適用されます。
BGM音楽をフェードアウト・インさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



音量を調整する方法 iMovieの使い方

動画ファイル自体の音声や、BGMの音量を調整しましょう。

まず音量調整したいファイルを選択→『スピーカー』マークをタップしてください。
音量調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


音量調整バーを左右に移動させると、音量を上げたり下げたりすることができます。
音量調整する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

動画ファイル自体の音量をすべてゼロにして、BGMのみ100%にすると音がクリアになるのでおすすめす。動画の音声も活かしたい場合はもちろんそのままでもOKです。



テキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方

次に動画にテキストテロップを入れてみましょう。iMovieではひとつの動画につき、ひとつのテキストテロップを挿入できます。

タイムラインの動画ファイルを選択し、画面下の『T』ボタンをタップしてください。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


タイムライン下に色々なデザインのテキストが表示されました。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


今回は、左から2番目のテーマスタイルを選択してください。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


さらに下にあるテキストの表示位置を変更できる『オープニング』『ミドル』『エンディング』の『オープニング』をタップ。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


次にプレビュー画面上の『タイトルを入力』というテキストをタップしてください。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


キーボードが表示されるので、好きな文字を打ち、『完了』をタップ。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


2つ目は『ミドル』、3つ目には『エンディング』のテキストテロップを入れてください。
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方
テキストテロップを挿入する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



トランジションを入れる方法 iMovieの使い方

トランジションとは、AとBの動画間をつなぐ特殊効果のことです。iMovieでは初期設定で、すべての動画間にふわぁ~っと表示させるディゾルブが挿入されています。


タイムラインの動画と動画の間にあるリボンのようなマークをタップしてください。
トランジションを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


色々なトランジションが表示されました。
トランジションを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


おすすめなのはトランジションなしの設定です。トランジションを全カットに入れるといかにも素人っぽくなってしまいます。テレビや映画を思い出してみると、トランジションはほとんど使われていないと思います。大きく場所が変わる瞬間や、夜から朝に変わる時などで使うことがありますが、基本的には「なし」で良いでしょう。
トランジションを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



動画の最後にフェードアウトを入れる方法 iMovieの使い方

動画の最後を徐々に黒くさせるフェードアウト機能を使ってみましょう。この機能を使うことで、終わった感が分かりやすくなります。

画面右下の歯車マークをタップ。
動画をフェードアウトさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


『黒へフェードアウト』をチェック→画面右上の『完了』。
動画をフェードアウトさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


タイムラインの最後が徐々に黒くフェードアウトされるようになりました。
動画をフェードアウトさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方
動画をフェードアウトさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方
動画をフェードアウトさせる方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



動画の色や質感を変える方法 iMovieの使い方

プロジェクトフィルタを使えばインスタグラムと同じように色味など変更することができます。

画面右下の歯車マークをタップ。
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


プロジェクトフィルタの好きなテーマを選択し、完了をタップ。
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


タイムラインの動画にフィルタが適用されました。
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



デザインテーマを変更方法 iMovieの使い方

iMovieではテーマを変更することで、簡単にデザインを変えることができます。ただし、テキストのデザインを左から2番目の『テーマ』にあらかじめ選択しておく必要があるので注意してください。

画面右下の歯車マークをタップ。
動画の色や質感を変える方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


テーマの『旅行』を選択→『完了』。
デザインテーマを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


動画に『旅行』テーマが反映されました。テキストの『オープニング』『ミドル』『エンディング』でデザインが違います。

『オープニング』
デザインテーマを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

『ミドル』
デザインテーマを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

『エンディング』
デザインテーマを変更する方法 アプリiMovie(2.2)の使い方



タイムラインの動画を書き出す方法 iMovieの使い方

最後にタイムラインの動画を書き出して1本の動画にしましょう。

画面左上の『完了』。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


画面下、真ん中にある四角と矢印のボタンをタップ。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


ビデオを保存。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


書き出しサイズを『HD-1080p』。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


書き出しが始まります。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


しばらくすると完了。OKをタップ。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


iPhoneの写真アプリの中に、書き出した動画が保存されています。
動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方

動画を書き出す方法 アプリiMovie(2.2)の使い方


縦動画を編集する方法 iMovieの使い方

基本的にiMovieは横向き動画を編集するようにできています。縦動画をiMovieに読み込むと、空いた左右に黒い帯ができてしまうのです。

しかし、簡易的ではありますが拡張機能を使うことで、縦動画をiMovieで編集することができます。

出来ることは以下の通りです。
・縦動画1本のみの前後の長さをカットする ※複数の動画の結合は不可
・色味の変更
・タイトル(テキストテロップ)の追加
・BGM音楽の追加
・編集した縦動画の書き出し
・編集した縦動画をオリジナルに戻す

【参考】試しに作った縦動画 ※スマホで見ると左右の黒帯が消えます


iMovie編集拡張機能の設定方法

まずiPhone標準の『写真』アプリを開いてください。写真アプリ内の縦動画を1つを指で押してタップします。

縦動画の選択 iMovieの使い方


次に画面右上の『編集』をタップ選択してください。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


画面下中央にある『・・・』ボタンをタップ。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


『その他』ボタン。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


『アクティビティ』画面のiMovie横のボタンをチェック。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


『完了』。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


画面下に新たに表示された『iMovie』アイコンをタップ。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方

これでiMovieの拡張機能の準備は終わりです。


縦動画のカット方法

画面下の一番左の『ハサミ』マークをタップしてください。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方


動画の前後カット編集バーが表示されます。左右端にある黄色い線を指で押したまま左右に移動させてください。
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方
縦動画のカット編集をする方法 iMovieの使い方

この方法で、動画の前後の長さを調整することができます。


色味を変更する方法

画面下の左から2番目の色味変更ボタンをタップしてください。
縦動画の色味を変更する方法 iMovieの使い方


複数の色味が表示されるので好きなものを選びましょう。
縦動画の色味を変更する方法 iMovieの使い方
縦動画の色味を変更する方法 iMovieの使い方


タイトル(テキストテロップ)を追加する方法

画面下の左から3番目のタイトルボタンをタップしてください。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


複数のタイトルデザインが表示されます。好きなものを選択してください。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


プレビュー画面上の『タイトルを入力』をタップしてください。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


キーボードが表示されるので好きな文字を入力しましょう。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


次に、初期設定ではタイトル文字が中央に表示されています。もしタイトルの位置を下に変更したい場合は、プレビュー画面右上のアイコンをタップしてください。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


タイトルが左下に移動しました。これは選んだタイトルデザインによって違いがあるので色々試してみてください。
縦動画にタイトルテキストテロップを入れる方法 iMovieの使い方


BGM音楽を追加する方法

画面下、左から4番目の音符マークをタップしてください。
縦動画にBGM音楽を入れる方法 iMovieの使い方


『テーマ曲』『プレイリスト』『アルバム』『アーティスト』『曲』などが表示されます。今回は『テーマ曲』をタップしてください。
縦動画にBGM音楽を入れる方法 iMovieの使い方


7種の曲が表示されるので、好きなものをタップし視聴してください。
縦動画にBGM音楽を入れる方法 iMovieの使い方


好きなものが決まったら、その曲をタップし、右端に表示される『使用』を選択。
縦動画にBGM音楽を入れる方法 iMovieの使い方


編集した動画を再生確認する方法

次に編集した縦動画を一度再生して確認してみましょう。

画面左上の三角再生ボタンをタップしてください。
編集した縦動画を再生確認する方法 iMovieの使い方

編集した動画が再生されます。気になるところがあれば、再度編集をしましょう。


編集した動画を書き出しする方法

最後に編集した縦動画を1本の動画として書き出しをしましょう。

画面右上の『完了』をタップ。
編集した縦動画を書き出す方法 iMovieの使い方


書き出しが始まります。
編集した縦動画を書き出す方法 iMovieの使い方

書き出しが終わると、iPhoneの『写真アプリ』内で編集した動画を再生確認することができます。


編集した動画をオリジナルに戻す方法

編集した動画を『写真』アプリ内で開き、右上の『編集』をタップしてください。

すると画面右下に『元に戻す』と表示されるのでタップ。
編集した縦動画を元に戻す方法 iMovieの使い方


『オリジナルに戻す』を選択。
編集した縦動画を元に戻す方法 iMovieの使い方

これで編集した縦動画が編集前に戻ります。


これで、iMovie(2.2)の使い方解説は終わりです。
また次の記事でお会いしましょう!



※以下、旧バージョン(2.0)の記事

iMovie(2.0)の使い方の記事一覧

基本的な操作方法
スライドショーの作り方



1、iMovieを立ち上げてみよう

まず、新しくなった紫色のiMovieを起動させましょう。
096-001



すると、iMovieの新機能の解説画面になります。
096-002

「続ける」をタップして次に進みましょう。


プロジェクト画面が表示されます。
096-003


さっそく動画を作りたいので画面中央の「新規+をタップ」をタップしてください。
096-004


「新規プロジェクト作成画面」が表示されるので、上の「ムービー」をタップしましょう。
096-005


次の「ムービースタイル画面」で、自分の好きなスタイルを選択してください。
096-006


スタイルは後からでも変更が可能です。今回は、「シンプル」のまま進めます。

選択後に画面右上の「作成」をタップしてください。
096-007


すると、ようやく編集画面が表示されます。
096-008



2、動画ファイルをタイムラインに挿入してみよう

今回はシンプルで短い動画を作ってみましょう!

では、まず動画ファイルをタイムラインに挿入しましょう。画面中央左のフィルムと音符のマークをタップしてください。
096-009


すると、iPhone内に保存した動画ファイルが表示されます。
096-010


この中から好きな動画ファイルをタップしてください。
096-011


すると選択した動画が黄色い線で囲まれます。
096-012


矢印マークをタップして動画をタイムラインに挿入しましょう。
096-013


無事、選択した動画ファイルがタイムラインに挿入されました!
096-014


しかし、動画が長すぎて全体がよく見えません。

そこで画面をピンチインして、動画ファイルの表示の大きさを変更しましょう。タイムラインを指でつまむようにして縮めてみてください。
096-015


動画ファイルが短く表示されました。
096-016



3、動画を短くカットする方法

今回挿入した動画ですがファイルの長さが11,2秒もあります。

通常、見やすいファイルの長さは3~5秒程度なので11,2秒は長すぎます。長さを4秒に縮めてみましょう。

まず、動画ファイルをタップしてください。
096-017


すると、周りが黄色い線で囲まれます。
096-018


黄色い線の左右を指でタップしながら左右に縮めてみてください。
096-019


4秒に縮まりました!
096-020


また動画ファイルを途中でカット分割することもできます。これは長いファイルを扱う時に有効です。

ファイルをタップしてください。
096-021


黄色い枠線で囲まれます。
096-022


分割したい部分で真ん中の白い線にそって指で上から下になぞってみてください。
096-023


すると、動画が2本に分割されます。
096-024


いらない方のファイルをタップしてください。
096-025


右下にゴミ箱マークが表示されるのでタップしてください。
096-026


これで、ファイルが半分の2秒に短くなりました。
096-027


さて、次ですが、動画ファイルが1本だとさみしいのであと2本追加で挿入してみてください。

フィルム・音符をタップして、好きなファイルを挿入、ですね。
096-021

3本ともファイルの長さは4秒に調整したので合計12秒になりました。



4、タイトル(テロップ)を入れる方法

次はタイトルを入れましょう!

1本目の動画をタップしてください。
096-029


すると画面下にタイトルと表示されるのでタップしてください。
096-030


「なし」「オープニング」「中盤」「エンディング」と表示されます
096-031


今回は1本目の動画なので「オープニング」を選択しましょう。
096-032


画面上部に「タイトルを入力」と表示されました。
096-033


表示された「タイトル」をタップしてください。

すると、タイトルの文字を変更することができます。
096-034


好みの文字を入れてください。
096-035


完了をタップするとタイトルが動画に挿入されます。
096-036
096-037


残り2本の動画ファイルにもそれぞれ「中盤」と「エンディング」のタイトルを入れましょう。

タイトルが入った動画には「T」マークが表示されるようになります。
096-038



5、BGMの入れ方

次にBGMを入れてみましょう!

真ん中左の「フィルムと音符」マークをタップしてオリジナルのBGMを入れることもできますが、今回は標準のテーマ曲を使ってみましょう。

画面右下の「歯車」アイコンをタップしてください。
096-039


するとプロジェクト設定画面が表示されます。
096-040


今回はテーマ曲とその下にある「フェードイン・アウト」の2つもタップしてONにしてください。
096-041
096-042


設定が完了したら、右上の完了をタップしてください。
096-043


タイムラインに戻ると動画の下に緑のBGMバーが表示されるようになりました。
096-044


このあたりで一度、テスト再生してみましょう。

画面真ん中あたりのプレイマークをタップしてください。
096-045

いかがですか?思った通りのものが出来ていますか?

これで基本的なカット編集は終わりです。


6、スタイルを変更する方法

せっかくなので動画のスタイルをオシャレなものに変更してみましょう!

画面下の歯車マークをタップしてください。
096-046


プロジェクト設定画面が表示されます。
096-047


今回は、「旅行」を選択して、完了ボタンを押しましょう。
096-048


するとタイトルやBGMに「旅行」のスタイルが反映されます。
096-049
096-050
096-051



7、BGMの音量を変える方法

次にBGMの音を少し小さくしてみましょう。

旅行のBGMをタップしてください。096-052


すると音量調整バーが表示されるので自由に調整してみましょう。
096-053


音が大きかったので50%に小さくしてみました。
096-054

次のページでは動画を書き出す方法を解説します。



8、動画を書き出す方法

では、いよいよ編集した動画を1本の動画に書き出ししてみましょう。

画面左上の「<」マークをタップしてください。
096-055


すると「MY MOIVE 1」という画面が表示されます。
096-056


次に画面中央下の「↑」マークをタップしてください。
096-057


保存形式の選択画面が表示されます。
096-058


今回は「ビデオを保存」を選択して、iPhoneのカメラロールに保存しましょう。
096-059


書き出しサイズが表示されるので「HD-1080p」を選択してください。
096-060


ムービーの書き出しが始まります。
096-061


しばらく待つと「このムービーはカメラロールに書き出されました」と表示されます。
096-062


後はiPhoneのカメラロールに行って作った動画を再生してみてください。

きっと思った通りのステキな動画が出来ているはずです!




9、最後に

今回、解説した内容はあくまで基本的な使い方です。

この他にも新たな機能があったり、細かい編集テクニックなどがたくさんあります。

けれど、動画の基本は今回解説したカット編集がほとんどです。ぜひ色んな動画をたくさん作ってみてください!

それでは、また次の記事でお会いしましょう!お疲れ様でした。

iMovieの使い方の記事一覧

■iPhone
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方

■iPad
iMovie(2.2)の使い方
iMovie(2.0)の使い方
iMovieの使い方
【動画で解説】iMovie(2.0)の使い方
【動画で解説】iMovieの使い方

■Mac
iMovie’13(ver10)の使い方
iMovie’11(ver9)の使い方

-動画ソフト・アプリ
-, ,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2019 All Rights Reserved.