動画ソフト・アプリ

iPhoneの動画・写真を、iPadに転送する方法_PhotoSync の使い方

掲載・更新日

111

こんにちは!  動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。

今回は、iPhone内の動画や写真を
iPadなどに転送する方法を解説します。



以前、このブログで
外部デバイスを接続して
動画を取り込む方法を紹介しました。

しかし、iOSのアップデートなどの影響のせいか、
その取り込み方法が出来なくなってしまいました。

何か良い方法がないかと探してみると、
とても良いアプリを発見することができました。

PhotoSyncというデータ転送アプリです。

111-001
download



このアプリは現在、300円です。

しかし、転送用の外部デバイスが
1,000円くらいすることを考えると
かなり安くなるのでおススメです。



iPhoneから、iPadに動画を転送してみよう

このアプリを使ってデータを転送するには、
以下の条件があります。

1、両方のデバイスで、PhotoSyncが起動している。
2、同じWifi環境下にいる、もしくは双方Bluetoothがオン。

では、さっそくiPhone、iPad両方で
PhotoSyncを起動してください。

ファイルの場所を選び、

111-002

目的のファイルをタップします。

111-003



次に右上のくるくるアイコンを
タップしてください。

111-004



「Send」の真ん中の「Selected」をタップしてください。

111-005



どこにデータを転送するか聞かれるので、
「iPhone-iPod-iPad」を選択します。

111-006



転送先のiPadの名前が表示されるので、
タップしてください。

111-010



この時、受信側である
iPadでもPhoneSyncを起動させておかないと
転送することができないので注意してください。

111-007a



転送が始まります。

111-007



受信側のiPadにも、
受信中の様子が表示されます。

111-008



転送が完了すると
iPadのカメラロール内に
iPhoneから転送した動画ファイルが保存されます。

111-009



これで、iPhoneから、iPadへの
ファイルの転送はおしまいです。

動画は容量が重く時間がかかったり、
途中で落ちてしまうことがありますが、
何度か試せば転送できます。

写真も送ることができるので、
ぜひこのアプリを使ってみてください。

111-001
download

では、お疲れ様でした!
また次の記事でお会いしましょう!

  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方講師。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月30万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-, ,

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.