動画ソフト・アプリ

PowerDirector19/365の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト パワーディレクター入門

掲載・更新日

PowerDirector19/365の使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト パワーディレクター入門
管理人ウチムラワタル

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。


今回は、Windows用動画編集ソフトPowerDirector19/365iconについて解説します。




PowerDirector19の使い方記事一覧

(1)ソフトウェア・機能の紹介
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
動画編集ソフトランキング

PowerDirector19レビュー
PowerDirector18レビュー
PowerDirector17レビュー
PowerDirector16レビュー
PowerDirector15レビュー
PowerDirector14レビュー
PowerDirector12レビュー

PowerDirectorアンドロイドレビュー



data-full-width-responsive="true">

PowerDirector19とは?

PowerDirector19/365iconは、映像関連の大手ソフトウェアメーカーCyberLink社が開発した国内シェアNo1(5年連続)の動画編集ソフトです。バージョン19は2020年9月に発売されました。


PowerDirectorは、デジタル家電やソフトウェアなどの年間販売台数を決めるBCN AWARDで5年連続1位になったサイバーリンクの動画編集ソフトです。カット編集、テキストテロップ、BGM音楽の挿入、その他特殊効果、書き出しなどが行えます。動作も他のソフトと比べても軽く、使いやすいのが特徴です。

PowerDirector編集画面


運動会などのイベントや、結婚式用のスライドショー動画はもちろん、ビジネス用の会社PR動画など幅広く作ることができます。

トランジション一覧 PowerDirectorの使い方


また、付属ソフトのScreen Recoderでパソコン画面を自由に録画できる機能もあり、ゲーム実況動画の作成などにも使えます。
ScreenRecorder2 PowerDirectorの使い方

その他、自動編集モード、360度動画編集、ビデオコラージュデザイナー、Blu-ray、DVD、CDへの書き込み、アクションカメラ、縦動画対応など、他の家庭用ソフトにない充実した機能をもっています。


パソコンの必要スペックは低~中級で、特に他のソフトへのこだわりがなければ、PowerDirectoriconがおすすめです。


買い切りとサブスクリプション版の違いとは?

(1)買い切りの場合は、12,980円~で、最新機能を継続して使うためには1年に一度有料アップデートが必要です。アップデートしなくても古い機能のままでよければずっと使い続けることもできます。


一方、(2)サブスクリプション版は、年6,980円でアップデート無料です。しかも通常有料の動画アドオン(結婚式や旅行用のデザインテンプレート)、BGM効果音もすべて無料で使えます。ウェディングパックは通常は4,380円なので、結婚式用に使う場合は買い切りのUltraよりも、サブスクリプション版の方がお得です。

またサブスク通常版と上位版の違いですが、動画編集機能はまったく同じです。上位版にはさらに写真加工ソフト、音楽編集ソフト、動画の色調変更ソフトなどが付いてきます。

サブスク通常・上位版の違いとは?icon
アドオン PowerDirectorの使い方






data-full-width-responsive="true">

支払方法と料金

バージョン19は、(1)買い切り型と、(2)月/年額払いのサブスクリプション版の2種の支払い方法があります。どちらも同じソフトですが、値段と使える機能が違います。


またそれぞれグレードも違いますが、基本的には買い切りもサブスク版もベーシックモデルで問題ありません。高度な編集機能を使いたい場合は機能比較表iconを確認して購入を検討してみてください。
モデル
名称
PowerDirector 19
動画編集ソフトPowerDirector19パッケージ
icon
PowerDirector 365
動画編集ソフトPowerDirector19 365パッケージ
icon
購入方式 買い切り版iconサブスクリプション版icon
値段 12,980円~8,480円~
特徴 一度買えばずっと使えるモデル。ただし年の1回のアップグレードは有料。アップグレードなしで使う続けることも可能。 アップグレード無料の月/年払いモデル。常に最新の状態で使える。Shutterstockの著作フリーの動画、写真、音楽素材が無料で使えるのが大きなメリット。
グレード Ultra(ベーシック版)★おすすめicon 365(ベーシック版)★おすすめicon
ベーシックモデル。これだけで基本的な動画編集がすべてできる。

いくつかの機能が制限されているが通常の動画編集であればなくても問題ない。

初心者や初めての動画編集であれば、このモデルがおすすめ。
機能制限なしのサブスクモデル。アップグレード無料。Shutterstockの動画、BGM、効果音、写真などすべて無料。YouTube収益化OK。

定価×2年でUltimateモデルとほぼ同額。Shutterstock素材の価格を考えるとかなり割安。

動画編集を1年以上使うのであれば、サブスクの通常版365が特におすすめ。
Ultimate(制限解除版)icon
機能制限がすべて解除されているモデル。デザインテンプレートなどがUltraより豊富。

ウェディングパックがあるので、結婚式用動画を作る場合はこのモデルがおすすめ。
Ultimate Suite(最上位版)icon Suite 365(最上位版)icon
機能制限がすべて解除され、音声編集ソフトとカラー編集ソフトが付いてくるモデル。 365上位版。音声編集ソフトとカラー編集ソフトがついてくる。
購入 買い切り版icon サブスク版icon


(1)買い切りの場合は、12,980円~で、最新機能を継続して使うためには1年に一度有料アップデートが必要です。アップデートしなくても古い機能のままでよければずっと使い続けることもできます。


一方、(2)サブスクリプション版は、年6,980円でアップデート無料です。しかも通常有料の動画アドオン(結婚式や旅行用のデザインテンプレート)、BGM効果音もすべて無料で使えます。ウェディングパックは4,380円なので、結婚式用に使う場合は買い切りのUltraよりも、サブスクリプション版の方がお得です。

アドオン PowerDirectorの使い方



機能の紹介

バージョン19には様々な機能があります。

モード選択画面 PowerDirectorの使い方

スマホの縦動画対応の縦横比設定

縦横比選択画面 PowerDirectorの使い方

5種類の編集モード

タイムラインモード:通常の高機能編集モード

PowerDirector編集画面


ストーリーボードモード:簡易的な編集モード

ストーリーボードモード PowerDirectorの使い方


スライドショークリエーター:写真を簡単にスライドショー動画にするモード

スライドショークリエーターモード PowerDirectorの使い方


自動モード:動画を簡単に自動で編集するモード

自動モード  PowerDirectorの使い方


360°エディター:360度カメラ対応のモード

360度カメラモード  PowerDirectorの使い方


エフェクトやデザインテンプレートについて

PowerDirector17にはオリジナルのエフェクトやテキストテロップのデザインテンプレートなどが豊富にそろっています。


・エフェクト

エフェクト一覧  PowerDirectorの使い方


・ビデオオーバーレイ

ビデオオーバーレイ一覧  PowerDirectorの使い方


・パーティクル

パーティクル一覧  PowerDirectorの使い方


・タイトル

タイトル一覧  PowerDirectorの使い方


・トランジション

トランジション一覧  PowerDirectorの使い方


・音声ミキシング

オーディオミキシング一覧  PowerDirectorの使い方


・アフレコ ナレーション機能

アフレコ ナレーション機能 PowerDirectorの使い方


・DVDチャプター機能

DVDチャプター機能 PowerDirectorの使い方



画面録画ソフトについて

PowerDirector19には、パソコン画面を録画できる『Screen Recoder2』が付属しています。Screen Recoder2を使えば簡単にパソコン画面を録画できるのでゲーム実況動画などを作ることができます。

ScreenRecorder2 PowerDirectorの使い方



2020年 動画編集ソフトランキング1位

またPowerDirector19は、2020年の動画編集ソフトランキングで1位に輝いています。


理由としては、他の同価格の有料ソフトに比べてみても、欠点がなく動作も重くない優秀なソフトウェアだからです。


より高機能だけど動作が重いソフトや、ほぼ同じ機能だけど操作性が悪いなど、細かい差はありますが、すべての動画編集ソフトを使ってみて総合的に判断し、このPowerDirectorを1位に選びました。間違いなくおすすめの動画編集ソフトです。



次の記事では、PowerDirector19の使い方、カット編集と書き出しの方法について解説していきます!また次の記事でお会いしましょう。


PowerDirector19の使い方記事一覧

(1)ソフトウェア・機能の紹介
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法
(5)トランジションの挿入方法
動画編集ソフトランキング

PowerDirector19レビュー
PowerDirector18レビュー
PowerDirector17レビュー
PowerDirector16レビュー
PowerDirector15レビュー
PowerDirector14レビュー
PowerDirector12レビュー

PowerDirectorアンドロイドレビュー

  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方講師。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月30万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-,

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.