カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

Lightworks14の使い方(2) 基本的なカット編集と書き出し方法 無料動画編集ソフト ライトワークス入門

更新日:

Lightworks14の使い方 基本的なカット編集と書き出し方法 無料動画編集ソフト ライトワークス入門(2)

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのhamochikuです。


今回は、無料の動画編集ソフトLightworks(ライトワークス)の使い方、基本的なカット編集と、動画ファイルの書き出しまでを紹介します。


スポンサーリンク

Lightworksの使い方記事一覧

(1)ソフトウェア機能の紹介・インストールの方法
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法

スポンサーリンク1


基本的なカット編集の方法

プロジェクトの準備と、基本的なカット編集の方法を解説します。


編集プロジェクトの準備

まず、LightWorksを立ち上げてください。プロジェクト一覧画面が表示されます。


画面左上の『Create a new project』をクリックしてください。

動画編集ソフトLightworks14 プロジェクト一覧


『New project details』が表示されるので、『Name』にプロジェクト名、『Frame rate』の『Choose』をクリックし、『30fps』(撮影したデータによって選んでください。分からない場合は、30fps)をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 プロジェクト設定画面
動画編集ソフトLightworks14 プロジェクト設定画面


『Create』をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 プロジェクト設定画面


『編集LOG』画面が表示されました。

動画編集ソフトLightworks14 編集ログ画面


画面上部、中央の『EDIT』タブをクリックしてください。

動画編集ソフトLightworks14 編集タブ
動画編集ソフトLightworks14 編集タブ


編集画面が表示されました

動画編集ソフトLightworks14 プロジェクトEDIT編集画面

これで、プロジェクトの設定は完了です。



プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法

動画を入れたフォルダを開き、複数の動画ファイルを左クリック選択したまま画面左の『Project Contents』に挿入してください。

動画編集ソフトLightworks14 動画ファイルをプロジェクトに読み込む


ファイルの『Import』(読み込み)が始まります。

動画編集ソフトLightworks14 動画ファイルをプロジェクトに読み込む


動画ファイルがプロジェクトに読み込まれました。

動画編集ソフトLightworks14 動画ファイルをプロジェクトに読み込む


動画ファイルをタイムラインに挿入する方法

動画ファイルを左クリックで選択したまま、画面下の『タイムライン』に挿入してください。

動画編集ソフトLightworks14 動画ファイルをタイムラインに挿入する方法


タイムラインを拡大・縮小表示する方法

タイムラインに動画を入れました。しかし、動画が短い場合、タイムライン上で短く表示され、編集がしづらい大きさの場合があります。その場合は、『拡大・縮小』ボタンを使って見た目の表示を変えてみましょう。


タイムライン左上の虫眼鏡『拡大・縮小』ボタンの+を押してみてください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの拡大・縮小ボタン


するとタイムライン上では小さく表示されていたファイルが大きくなります。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの拡大・縮小ボタン
動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの拡大・縮小ボタン

タイムライン上で動画ファイルが大きく見えることで、細かい編集ができる様になりました。逆に全体を見渡したい時は、-ボタンを押して縮小しましょう。この機能をうまく使うことで編集がしやすくなります。ぜひ使ってみてください。



動画の長さを調整する方法

タイムラインに挿入した動画の長さを編集してみましょう。


タイムライン上の動画ファイルの右端をつかんだまま、左に移動させてください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画の長さを編集する方法


マウスを左に移動させた分だけ、動画が短くなりました。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画の長さを編集する方法

左端をつかんで右に移動させても初めの位置を変更できます。また、動画ファイルがパソコン上にある限り、タイムライン上で何度編集しても何度でも元に戻すことも可能です。



動画の2つに分割する方法

動画ファイルを指定の場所で2つに分割してみましょう。


タイムライン上の動画の分割したい位置をマウスでクリックしてください。赤い縦線が表示されます。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画の長さを分割する方法

そこで、キーボードの『C』をクリックしてください。



動画が2つに分割されました。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画の長さを分割する方法

この方法は1つの動画ファイルが長い場合に便利です。



タイムライン上の動画を削除する方法

タイムライン上のいらない動画ファイルを右クリック→『Delete』。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を削除する方法


動画ファイルが削除されました。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を削除する方法


タイムラインの動画を再生する方法

タイムラインに3つくらい動画を挿入してください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法

並べた後、一度タイムラインの動画を再生確認してみましょう。



画面右上のプレビューウィンドウ下の再生ボタンを押してください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を再生する方法



タイムラインの動画を書き出す方法

いよいよ、タイムラインで編集した動画を一度書き出してみましょう!タイムライン上の書き出す範囲を指定します。


タイムラインの一番左をマウスでクリックし、赤い縦線を表示させてください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法


プレビュー画面下にある青いボタン『Add an ‘in’ mark at the current position』をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの開始点を指定する方法


タイムラインの開始位置に青い開始点が追加されました。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの開始点を指定する方法


今度はタイムライン一番後ろを選択し、赤い縦線を表示させてください。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの終了点を指定する方法


プレビュー画面下にある青いボタン『Add an ‘out’ mark at the current position』をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの終了点を指定する方法


タイムラインの開始位置と、終了位置に青いひし形マークが表示されました。この開始と終了の範囲が、動画として書き出される範囲になります。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの開始終了点を指定する方法


開始・終了位置を指定したら、タイムラインの何もない場所で右クリック→『Export』→『YouTube』をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法


『Export』ウィンドウが立ち上がるので、『Format』を『Destination』を選択・入力します。


■Format『Frame rate:29.97fps』『Size:720p』
■Destination『Folder:保存先』『Name:ファイル名』


最後に『Start』をクリック。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法


書き出しが始まります。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法


完了すると『Tasks Log』が表示されます。

動画編集ソフトLightworks14 タイムラインの動画を書き出す方法

保存先にタイムラインの動画が保存されました。確認してください。



これで基本的なカット編集と書き出しの方法は終わりです。次は音楽BGMの入れ方について解説します。


スポンサーリンク2


Lightworksの使い方記事一覧

(1)ソフトウェア機能の紹介・インストールの方法
(2)基本的なカット編集と書き出しの方法
(3)BGMの挿入方法と音量調整、フェードイン・アウト設定
(4)テキストテロップの挿入方法

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.