カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

DaVinci Resolveの使い方(3) 基本的なカット編集と書き出し 動画編集フリーソフトダヴィンチリゾルブ入門 Windows Mac Linux

投稿日:

DaVinci Resolveの使い方(3) 基本的なカット編集と書き出し 動画編集フリーソフトダヴィンチリゾルブ入門 Windows Mac Linux

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。


今回は、Windows/Mac/Linux用のプロ向け動画編集ソフト『DaVinci Resolve(ダヴィンチリゾルブ)』の基本的なカット編集の方法と、書き出し方を解説します。


スポンサーリンク

PowerPointで動画を作る方法の使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介とインストールの手順
(2)日本語化する方法
(3)カット編集の基本と書き出し
(4)BGM音楽の挿入
(5)テキストテロップ字幕の挿入
(6)トランジション効果の追加
動画編集ソフトランキング



スポンサーリンク1


プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法

まず『メディアプール』内の『マスター』で右クリック→『メディアの読み込み』をクリックしてください。
メディアの読み込み方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


編集に使いたい動画ファイルを3本ほど選んで『開く』。※複数ファイル選択は『Shift』キーを押しながらクリック。
メディアの読み込み方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


「クリップのフレームレートと現在プロジェクトの設定のフレームレートが一致していません」と表示されるので『変更』をクリック。
フレームレートの変更 DaVinci Resolve動画編集ソフト


動画がプロジェクトに読み込まれました。
フレームレートの変更 DaVinci Resolve動画編集ソフト



スポンサーリンク2


動画ファイルをタイムラインに挿入する方法

読み込んだ動画ファイルを左クリックでつかんだまま、画面下のタイムライン内に挿入してください。
動画をタイムラインに読み込む方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



スポンサーリンク3


タイムライン内の動画の長さを編集する方法

タイムラインに入れた動画の右端をマウスで左クリックしたまま、左に移動させてください。移動させた分だけ動画が短くなります。
動画をカット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


同じように動画の左端をマウスでつかんだまま、右に移動させてください。開始位置が変わります。
動画をカット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



スポンサーリンク4


タイムライン内の動画を2つに分割する方法

タイムライン内の動画を指定位置で2つに分割してみましょう。

タイムライン上にあるツール内の『ブレード編集モード』をクリック。
動画を分割カット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


分割したい位置にブレードモードを合わせ左クリック。
動画を分割カット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


動画が2つに分割されました。
動画を分割カット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


必要のない動画はDeleteキーで削除しておきましょう。
動画を分割カット編集する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


また今はブレードモードのままなので、通常の選択ツールに戻しておきましょう。
選択ツール DaVinci Resolve動画編集ソフト



スポンサーリンク5


タイムライン内の空白を削除する方法

タイムライン内の動画と動画の間にできた空白を全体のズレなく削除するために『リップル削除』を使いましょう。リップル削除を使えば、タイムライン全体を一度に編集できるので便利です。

空白部分を右クリック。
動画をリップル削除する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


『リップル削除』。
動画をリップル削除する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


動画の空白が消え、カンタンに間をつめることができました。この際、他にビデオ・オーディオトラックがある場合、すべての間が同時に詰まります。
動画をリップル削除する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



タイムライン内の動画の位置を変更する方法

タイムライン内の3番目の動画を左クリックでつかんだまま、1本目と2本目の間に移動させてください。
動画を移動させる方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


動画の位置が変わりました。
動画を移動させる方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



タイムライン内の動画を再生する方法

編集がある程度進んだら、タイムラインに並べた動画をプレビュー再生し確認してみましょう。

プレビュー画面の右向きの三角マークをクリック。四角で停止です。
動画をプレビュー再生する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



プロジェクトを保存する方法

ここで作ったプロジェクトを保存しておきましょう。動画編集ソフトはまれにフリーズし、編集内容が消えてしまう場合があります。必ずこまめに保存するようにしましょう。

画面上のメニュー『ファイル』→『プロジェクトを別名で保存』をクリック。
プロジェクトを保存する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト


名前を付けて『保存』。
プロジェクトを保存する方法 DaVinci Resolve動画編集ソフト



タイムラインを書き出しする方法

最後にいよいよ編集したタイムラインを1本の動画として出力してみましょう。

画面下にある『デリバー』ボタンをクリックしてください。
デリバーボタン DaVinci Resolve動画編集ソフト


すると画面の構成が変わり、左上に『レンダー設定』画面が表示されました。
レンダー設定画面 DaVinci Resolve動画編集ソフト


レンダー設定画面では、ファイルの名称、保存先、
レンダー設定画面 DaVinci Resolve動画編集ソフト


フォーマットやコーデック、解像度、フレームレートを変更できます。よく分からない場合は、初期設定のままでOKです。
レンダー設定画面 DaVinci Resolve動画編集ソフト


設定が完了したら、『レンダーキューに追加』ボタンをクリック。
レンダーキューに追加 DaVinci Resolve動画編集ソフト


画面右上の『レンダーキュー』にプロジェクトが読み込まれました。
レンダーキューに追加 DaVinci Resolve動画編集ソフト


最後にレンダーキュー下の『レンダー開始』ボタンをクリック。
レンダー開始 DaVinci Resolve動画編集ソフト


書き出し作業であるレンダリングが始まります。
レンダー開始 DaVinci Resolve動画編集ソフト


しばらく待つとレンダーが終了します。
レンダー終了 DaVinci Resolve動画編集ソフト


レンダーが終わると、指定位置にタイムラインの動画は1本になって出力されています。再生して確認しましょう。

これで、DaVinci Resolveの使い方、基本的なカット編集と書き出しの解説は終わりです。次はBGM音楽の挿入方法を解説します。

PowerPointで動画を作る方法の使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介とインストールの手順
(2)日本語化する方法
(3)カット編集の基本と書き出し
(4)BGM音楽の挿入
(5)テキストテロップ字幕の挿入
(6)トランジション効果の追加
動画編集ソフトランキング

-動画ソフト・アプリ
-,

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2019 All Rights Reserved.