カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)9の使い方(1) 機能と値段の紹介レビュー

投稿日:2019/05/23 更新日:

動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)
こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのフクモトワタル(hamochiku)です。

今回は、Windows/Mac用の動画編集ソフトFilmora(フィモーラ)9の機能と価格、使ったみた感想などを解説します。

スポンサーリンク

動画編集ソフトFilmora9の使い方記事一覧

(1)動画編集ソフトFilmora9とは?
(2)基本的なカット編集
(3)BGM音楽を挿入する方法、音量調整など
(4)テキストテロップを挿入する方法
(5)トランジションの付け方
動画編集ソフトランキング

動画編集ソフトFilmora9の使い方
動画編集ソフトFilmora8の使い方
動画編集ソフトFilmoraの使い方

購入はコチラ



スポンサーリンク1


Filmora9機能一覧

家庭用 動画編集ソフト 特徴
2位 Filmora
Filmora動画編集ソフト
8,900円
おしゃれなデザインテンプレートが多い入門者向け動画編集ソフト。初心者でも直感的に使うことができる。アップデートが無料のライフタイムプランがあるのでコスパがかなり良い。ただし前バージョンと比べて、自動編集機能が廃止された。細かい編集や高度な機能を使いたい人にはPowerDirectorがおすすめ。

期間限定クーポンキャンペーン中(click)

※期間限定クーポンコード『MJPA8DNU』8/17(土)~8/31(土) ライフタイムプラン、クレカ払いのみ

Windows 7/Windows 8(Windows 8.1を含む)/Windows 10、Mac OS X 10.9 ~ 10.13 対応
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray

対応動画 .mpg, .mpeg, .m1v, .m2v)、MPEG-4 動画ファイル: (.mp4, .m4v, .3gp, .3g2, .3gp2)、QuickTime 動画ファイル: ( H.264でエンコードされた.mov、MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ )、カムコーダーファイル:(.dv, .mod, .tod, .mts, .m2ts, .m2t)、Flash 動画: (.flv, .f4v)、Windows Media: (.wmv, .asf)、Audio Visual Interleave: (.avi)、Matroska 動画 ファイル: (H.264でエンコードされた.mkv、 MPEG 4またはMJPEGコーデックのみ)、HTML5 動画 ファイル: (.mp4, .webm,. ogv)、暗号化されていないDVDファイル: (.vob, .vro)
対応写真 .jpg, .png, .bmp, .gif, .tif, .tiff
対応音声 .mp3, .m4a, .wav, .wma, .ogg, .flac, .aac, .aif, .aiff



スポンサーリンク2


動画編集ソフトFilmora9とは?

Filmoraは、基本的なカット編集、BGM挿入、テキストテロップ、豊富なCGテンプレートなどを簡単に使うことができるWindows/Mac用の動画編集ソフトです。特に注目なのがおしゃれなデザインテンプレートやCGエフェクトが多い点です。
動画編集ソフト Filmora(フィモーラ)の画面


・音楽ライブラリ
BGM音楽 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


・テキスト/クレジット
テキストテロップ 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


・トランジション
トランジション 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


・エフェクト
エフェクト 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


・エレメント
エレメント 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


動画の縦横比をスマホやインスタグラムサイズに変更することができます。
画面サイズ 動画編集ソフト Filmora9(フィモーラ)


ただし、テキストに関してはオシャレなデザインとアニメーションがついているテンプレートしかなく、標準で使える使いやすいテキストがありません。そのため自由にテキストをデザインしたい場合には、自分でテキストテンプレートを作るという手間がかかってしまいます。詳しい作り方はこれ以降の使い方記事で紹介しています。



スポンサーリンク3


Filmora8との違い

バージョンが8から9への変更で、Filmoraには大きな変化がありました。8では初心者向けに特化した機能が多く、入門ソフトとしてはおすすめしていました。しかし9になってからはわかりやすく使いやすい機能が省かれました。その反面、自由に編集できるようにはなりましたが、1万円台の高度な動画編集ソフトと比べると物足りなさがあります。

しかしそれでも約8,000円の値段で、動画編集に必要な機能が使えるのはかなりコスパが良いのには変わりありません。まず体験版で試してみて、機能が物足りない場合はPowerDirectorを、満足した場合はFilmoraの購入をおすすめします。



スポンサーリンク4


プランと料金

値段は7,980円(ライフタイムプラン・永久ライセンス版)と、他の有料動画編集ソフトの半額程度で購入ができます。一度購入すると、以降のアップデートはなんと無料です! その他の有料編集ソフトが毎年お金を払ってバージョンアップしなければいけないのに、これはちょっとすごい。その分、プロソフト並みの細かい調整はできませんが、逆に言えばシンプルで使いやすい非常に優秀なソフトといってもいいと思います。
プラン 価格
年間プラン 6,980円
ライフタイムプラン 7,980円
Filmora+Filmstocks年間プラン 13,800円
複数PC用ライフタイムプラン 37,900円
商用向け永久ライセンス/1PC 14,900円
商用向け永久ライセンス/5PC 44,700円
学生・教職員向け永久ライセンス/1PC 6,980円
購入ページ

※商用向けライセンスでは、Filmoraと一部のエフェクト(ミュージックトラックを除く)を商用で使用することができます。

「動画編集をしてみたいけど、あまり難しいソフトはちょっと…」という方にはおすすめです。直感的に使える、という点ではMacのiMovieに近いようにも思います。

詳しくは、Filmoraは公式ページをご覧ください。すべての機能が試せる無料体験版を一度使用することをおすすめします※無料版ではウォーターマークが付きます。

次の記事では、基本的なカット編集と書き出し方法を解説します。

スポンサーリンク5


動画編集ソフトFilmora9の使い方記事一覧

(1)動画編集ソフトFilmora9とは?
(2)基本的なカット編集
(3)BGM音楽を挿入する方法、音量調整など
(4)テキストテロップを挿入する方法
(5)トランジションの付け方
動画編集ソフトランキング

動画編集ソフトFilmora9の使い方
動画編集ソフトFilmora8の使い方
動画編集ソフトFilmoraの使い方

購入はコチラ

-動画ソフト・アプリ

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2019 All Rights Reserved.