カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで

動画ソフト・アプリ

動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方(1) 機能の紹介 フォト入門 windows用フリー無料

更新日:

動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方(1) 機能の紹介 フォト入門 windows用フリー無料

こんにちは! 動画の作り方ティーチングスペシャリストのhamochikuです。


今回は、Windows10に標準でインストールされている動画編集ソフトMicroSoftフォトの使い方を解説します。初回は、まずMicroSoftフォトとはどんなソフトなのかを紹介します。詳しい使い方については、この後の記事で解説します。


スポンサーリンク


MicroSoftフォトの使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)基本的なカット編集と書き出し
(3)BGM音楽の挿入と音量調整
(4)テキストの挿入方法
(5)フィルターの入れ方
(6)テーマでデザインを一括変更
(7)動画の書き出し方法
(8)動画の自動編集方法
(9)写真を使ったスライドショーの作り方

スポンサーリンク1


MicroSoftフォトとは?

MicroSoftフォトは、Windows10に初めから入っているMicroSoft製の簡易的な動画編集ソフトです。

動画編集ソフトMicroSoftフォト

人気の無料動画編集ソフトムービーメーカーが開発終了になり、公式ダウンロードも停止してしまいました。ミラーサイトでムービーメーカーをダウンロードすることもできますがウイルスが仕込まれている可能性などがあるため注意が必要です。


その代わりにMicroSoftは、この『フォト』を使うように薦めています。フォトは簡易的なカット編集、BGM音楽、テキストテロップ、フィルタ、書き出しなどを行うことができます。ムービーメーカーほど自由ではありませんが、家庭でカンタンな動画を作るのには向いています。



スポンサーリンク2


MicroSoftフォトを使ってみた感想

ちょっとした家庭用の動画や写真を使った動画やスライドショー作りであれば、無料のフォトで十分に感じました。難しい操作や謎の機能やボタンなどもないので初心者におすすめです。またフリーソフトには珍しく縦動画・写真に対応しています。


ただし、機能はかなり限られているので、自由なオリジナル動画を作りたい人にはおすすめできません。テキストテロップは決まったデザインテンプレートでしか変更できません。動画や写真に動きをつけるモーション機能は自由にサイズや速度を決めることができず、かなり不自由です。そして4K動画は読み込みOKですが書き出しはフルHDまで。あくまで簡易的な編集ソフトだと考えるのが良いでしょう。


困った点として、動画や写真ファイルの読み込み方がかなり独特だということです。何回か使ってみましたが、使うたびに、「あれ?どうだったかな?」と困惑します。詳しい使い方は次の解説記事で紹介しますが、ちょっと変わっているので分かりづらかったらすみません!



スポンサーリンク3


MicroSoftフォトの料金とダウンロード、各種機能について

家庭用 動画編集ソフト 特徴
MicroSoftフォト
動画編集ソフトMicroSoftフォト

無料
MicroSoft製のWindows10標準の動画編集フリーソフト。『フォト』という名前の通り写真を使ったスライドショー動画を作るアプリだが、動画も編集できる。細かいカスタマイズはほとんどできず、元からあるいくつかのテンプレートを使ってデザインを決める。4Kの読み込みは可能だが、出力はフルHDまで。Windowsムービーメーカーの開発が中止した今は、セキュリティ面からもこのフォトアプリを使うのがおすすめ。
4K 360度 アクションカメラ 縦動画 画面録画 自動編集 DVD Blu-ray
対応動画 公式ページ参照:https://www.microsoft.com/ja-jp/p/microsoft-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88/9wzdncrfjbh4
対応写真
対応音声

スポンサーリンク4


MicroSoftフォトの使い方記事一覧

(1)ソフトの機能紹介
(2)基本的なカット編集と書き出し
(3)BGM音楽の挿入と音量調整
(4)テキストの挿入方法
(5)フィルターの入れ方
(6)テーマでデザインを一括変更
(7)動画の書き出し方法
(8)動画の自動編集方法
(9)写真を使ったスライドショーの作り方

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 撮影・編集・webにアップする方法まで , 2018 All Rights Reserved.