ウェブサービス 編集

YouTubeで動画編集する方法 エディタの使い方 YouTube入門(3)

掲載・更新日

112
管理人ウチムラワタル

こんにちは!  動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。


終了していたYouTube上での動画編集機能が復活しました!今回はその方法を解説します。



YouTube入門 記事一覧

Googleアカウントの作り方
動画をアップロードする方法
スライドショーの作り方
動画を加工する方法
動画編集する方法
動画編集ソフトランキング



data-full-width-responsive="true">

YouTubeエディタとは?

YouTubeエディタはYouTubeにアップロード済みの動画を編集できる公式の機能です。以前、一度終了しましたが、いつの間にか復活しました。

YouTubeエディタ画面


機能としては以下の3つです。
(1)動画のカット・分割編集
(2)BGMの追加・入れ替え
(3)ぼかしの追加


編集機能といっても、あまりできることは多くありません。もし細かい編集をしたいようであれば、PowerDirectorShotcutなどの動画編集ソフトの導入を検討してみてください。




data-full-width-responsive="true">

YouTubeエディタでの注意点

アップロード済みの動画が25秒以下の場合はYouTubeエディタで編集できないので注意してください。

25秒以下の動画は編集不可 YouTubeエディタの使い方


YouTubeエディタ画面への行き方

まずはYouTubeにログインし、YouTubeStudioに行ってください。


次に、画面左側の項目、『動画』ボタンをクリック。

チャンネル画面 YouTubeエディタの使い方


編集したいアップロード済みの動画をクリック。

チャンネル画面 YouTubeエディタの使い方


動画の詳細画面左側にある『エディタ』へ。

チャンネル画面 YouTubeエディタの使い方


『動画エディタ』画面が表示されました。

YouTubeエディタ画面



カット編集の方法 YouTubeエディタで動画編集

画面下のタイムラインの『カット』をクリックしてください。

カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


タイムライン内の動画が青い線で囲まれます。

カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


動画の開始位置、左端の青い線をクリックしたまま右に移動させてみましょう。

カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


移動させた分だけ開始位置が後ろになります。

カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


逆に右端の終了位置も同じように変更することができます。

カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方



分割編集の方法 YouTubeエディタで動画編集

カット編集では、前後のカットしかできませんでした。途中の一部だけカットしたい場合は『分割』編集をしましょう。


タイムライン内の動画を分割したい位置をクリック、白い縦線が表示されます。そこで画面下の『分割』をクリック。

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


青い縦線になり、動画が2つに分割されました。

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


青い縦線をマウスでつかんだまま、左に移動させてみましょう。

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


移動させた分だけ動画が短くなります。青い線で囲まれていない箇所は再生されないエリアです。

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


以下のように複数分割をし、それぞれ短くすることでさらに細かい編集ができます。

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


カットがうまくできているかは画面下の『プレビュー』ボタンをクリック、

分割カット編集の方法 YouTubeエディタの使い方


プレビュー画面の再生ボタンを押して確認しましょう。

プレビューの方法 YouTubeエディタの使い方


元に戻したい場合は、画面左上にある『元に戻す』でひとつ前に戻すことができます。『やり直す』でひとつ先に戻ります。

編集を元に戻す方法 YouTubeエディタの使い方


また編集をすべて戻す場合は『すべてクリア』をクリックしましょう。

編集をすべてクリアにする方法 YouTubeエディタの使い方



タイムラインを拡大縮小する方法 YouTubeエディタで動画編集

タイムライン内の動画を編集する際、タイムライン右上にある拡大縮小ボタンを使うと便利です。


+ボタンをクリックすると、タイムラインが拡大され、細かい編集がしやすくなります。

タイムラインを拡大縮小する方法 YouTubeエディタの使い方
タイムラインを拡大縮小する方法 YouTubeエディタの使い方



音楽の追加・入れ替え方法 YouTubeエディタで動画編集

YouTubeエディタでは、音楽を新たに追加することができます。音楽はYouTubeが提供している音源が使えます。しかし音楽は基本的には元の音に上書きされるので注意が必要です。


タイムライン左端の音符マーク横の展開をクリック。

音楽を追加する方法 YouTubeエディタの使い方


『音声』をクリック。

音楽を追加する方法 YouTubeエディタの使い方


音楽画面が表示されます。

音楽を追加する方法 YouTubeエディタの使い方


音楽一覧が表示されるので、再生ボタンを押し視聴しましょう。気に入ったものがあれば『動画に追加』をクリック。

音楽を追加する方法 YouTubeエディタの使い方


プレビュー画面に選択した音楽が表示されました。

音楽を編集する方法 YouTubeエディタの使い方

音楽を追加すると元の音声は上書きされます。



次に追加した音楽波形データの左端をクリックしたまま右に移動させてください。

音楽を編集する方法 YouTubeエディタの使い方


追加した音楽が短くなりました。

音楽を編集する方法 YouTubeエディタの使い方


右端の終了位置も同じように変更できます。

音楽を編集する方法 YouTubeエディタの使い方

音楽バーが表示されていない位置は、動画の元の音声が流れます。



編集が終わったら、画面右下の『変更を保存』をクリック。

変更を保存する方法 YouTubeエディタの使い方


『保存』。

変更を保存する方法 YouTubeエディタの使い方


チャンネルの動画一覧に戻るので、編集した動画を再度クリック。

チャンネル動画一覧 YouTubeエディタの使い方


『エディタ』に戻りましょう。

チャンネル動画一覧 YouTubeエディタの使い方


動画の長さに寄りますが、動画処理が終わるまで待ちましょう。しばらくしても変化がない場合はブラウザを再度読み込みしてください。

動画の処理中 YouTubeエディタの使い方



顔のぼかし処理を使う方法 YouTubeエディタで動画編集

YouTubeエディタでは、人の顔を自動で認識して自動追従できるぼかしを入れる便利な機能があります。また『カスタムぼかし』を使えば、好きな位置のものにぼかしを入れることもできます。


タイムライン下にある『ぼかしを追加』をクリックしてください。

ぼかしを追加する方法 YouTubeエディタの使い方


ぼかし編集画面が表示されます。

ぼかし編集画面 YouTubeエディタの使い方


『顔のぼかし処理』の編集をクリックしてください。

顔のぼかし編集する方法 YouTubeエディタの使い方


まず自動で動画内の人の顔サーチが始まります。100%になるまで待ちましょう。

顔のぼかし編集する方法 YouTubeエディタの使い方


サーチが終わると、動画内の人物の顔一覧が表示されます。

顔のぼかし対象一覧 YouTubeエディタの使い方


ぼかしをかけたい人をクリックしてください。

顔のぼかし対象一覧 YouTubeエディタの使い方


次にプレビュー再生をして、ぼかしが効いているか確認しましょう。

プレビュー再生 YouTubeエディタの使い方


指定した人物にぼかしが追従してかかっています。

ぼかし処理の結果 YouTubeエディタの使い方


固定でずっとでている人物にも指定すればぼかしがかかります。

ぼかし処理の結果 YouTubeエディタの使い方



カスタムぼかしを使う方法 YouTubeエディタで動画編集

次に指定位置をぼかす方法ですが、ブラウザのFirefoxだと不可でした。もし動かない場合はGoogleクロームで編集してみてください。


『カスタムぼかし』の編集をクリック。

カスタムぼかし処理の方法 YouTubeエディタの使い方


プレビュー再生して、ぼかしを入れたい人、物などの位置で再生を停止、対象をクリックしてください。

カスタムぼかし処理の方法 YouTubeエディタの使い方


クリックした場所に白い四角が表示されます。ここにぼかしが入ります。

カスタムぼかし処理の方法 YouTubeエディタの使い方


四角はマウスで位置を移動したり、四隅をクリックしたまま拡大縮小することもできます。

カスタムぼかし処理の方法 YouTubeエディタの使い方


ぼかしたい箇所をしっかり白四角で囲みましょう。

カスタムぼかし処理の方法 YouTubeエディタの使い方


次にカスタムぼかしの表示時間ですが、タイムライン内のカスタムぼかしの右端を右に伸ばしたり、位置を替えることで調整できます。

カスタムぼかしの表示時間を編集する方法 YouTubeエディタの使い方
カスタムぼかしの表示時間を編集する方法 YouTubeエディタの使い方


最後に『完了』ボタンをクリック。

カスタムぼかしを完了する方法 YouTubeエディタの使い方


『新しい動画として保存』するか、今の動画のまま保存するか選択してください。

カスタムぼかし編集の保存する方法 YouTubeエディタの使い方


これでYouTubeエディタを使った動画編集方法の解説は終わりです。エディタといってもご覧の通り、できることは限られています。より細かく編集したい方は専用の動画編集ソフトを使ってみてください。動画編集ソフトについての解説記事を参考にしてみてください。




※以下、過去のYouTube動画編集機能の解説です。


(旧)動画編集画面に行ってみよう

まずはYouTubeのトップページ右上の「アップロード」をクリックしてください。

108-001



次に画面右にある「動画エディタ」の「編集」をクリックしましょう。

112-001



すると、動画編集画面が表示されます。

112-002



(旧)動画をタイムラインに挿入してみよう

今回は、すでにアップロードしている動画の編集を行います。


まず、右側にある動画をクリックしたまま、左下のタイムラインにひっぱってください。

112-003



タイムラインに挿入した、動画の加工画面が表示されますが、右上の×マークをクリックしましょう。

112-004



さらにもう1本、動画を同じようにしてタイムラインに挿入し、右上の×を押してください。

112-005



これで、タイムラインに2本の動画が挿入されました。

112-007



(旧)動画の長さを調節してみよう

次にタイムラインに挿入した動画を短く編集してみましょう。


まず、長さを調整したい動画をクリックしてください。

112-007b



すると、動画の両端が青くなるので、左右をクリックしたまま縮めてみましょう。

112-008



15秒あった動画が6秒に短くなりました。

112-009



(旧)動画を途中でカットしてみよう

次に長い動画を途中で切ってみましょう。


まず、途中でカットしたい動画をクリックしてください。

112-009



すると、真ん中に「ハサミ」が表示されるので、それをクリックしてください。

112-010



動画の上に縦のカット線が表示されるので、カットしたい部分にマウスを持っていき、クリックしてください。

112-011



1本の動画が2本に分割されました。

112-012



(旧)動画の順番を入れ替えてみよう

順番を入れ替えたい動画をクリックしたまま、移動させたい位置へ持って行きましょう。

112-013



これで、動画の順番が変わりました。

112-015



(旧)YouTube編集の応用

今回は、すでに編集してアップロードしてある動画をYouTube上で編集しました。


しかし、編集したい素材をYouTubeに複数アップすれば、編集機能を使ってソフトなしで編集することができます。


カンタンな編集でよいのであれば、YouTubeを使った編集をおススメします。




それでは、お疲れ様でした。また次の記事でお会いしましょう!


YouTube入門 記事一覧

Googleアカウントの作り方
0,動画をアップロードする方法
1,スライドショーの作り方
2,動画を加工する方法
3,動画編集する方法
動画編集ソフトランキング

  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-ウェブサービス, 編集
-,

Copyright © 株式会社ドウガテック All Rights Reserved.