動画ソフト・アプリ

Adobe Premiere Pro CCの使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアプロクリエイティブクラウド入門

投稿日:2018/03/20 更新日:

Adobe Premiere Pro CCの使い方(1) 機能の紹介 動画編集ソフト アドビプレミアプロクリエイティブクラウド入門

こんにちは! hamochikuです。


今回はプロ用のハイエンド動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CCの新機能など紹介をします。


スポンサーリンク

【PickUp!】

Adobe Premiere Pro CCの使い方記事一覧

機能の紹介
編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
トランジションの挿入方法
スポンサーリンク1


Adobe Premiere Pro CCとは?

Adobe Premiere Pro CC(アドビ プレミアプロ クリエイティブクラウド)とは、上級者向けのハイエンド動画編集ソフトです。
動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC


Adobe(アドビ)社はプロ向けの動画編集ソフトなど、CG関連全般で世界的なシェアを持つ会社です。そのAdobe社がプロ向けに作った制作現場でもメジャーなソフトです。映画『シン・ゴジラ』もPremierePro CCです。


Adobe Premiere Pro CCを使ったみた感想

私が仕事で普段から使っている高機能動画編集ソフトです。とても使いやすく、他社製品に乗り換えたいと思ったことは一度もないくらい良いソフトです。


Adobe社の調査によると映像制作者の約9割がPremierePro CCを使っているそうです。理由として、ソフトの品質もあると思いますが、Adobeの他の製品、PhotoshopやAfterEffectsとの連携や、セット販売の影響も大きいのではないかと思います。


他社の製品が約5万円程度のところを、PremierePro CCは月2,180円(税別)、年26,160円(税別)と導入しやすい値段なのも特徴です。他社のソフトは2年あればバージョンアップするので、アップデート版を買う必要があります。PremierePro CCはバージョンアップは無料なので、必要な時だけ契約して使うなど柔軟に利用することができるのも魅力です。


入門者向けのソフトとしては難しく、ハイスペックパソコンが必須なのであまりおすすめはしません。将来プロを目指している方や、家庭用動画編集ソフトからステップアップしたい方などにはおすすめです。



料金と種類について

種類 Adobe Premiere Pro CC単体プラン コンプリートプラン 学生・教職員コンプリートプラン
画像 Adobe Premiere Pro CC Adobe CC Adobe CC
月々プラン ¥3,180 ¥7,980 なし
年間(月々払い) ¥2,180 ¥4,980 ¥1,980
年間(一括払い) ¥26,160(¥2,180×12ヵ月) ¥59,760(¥4,980×12ヵ月) ¥23,760(¥1,980×12ヵ月)
概要 ■PremierePro CC単体のみ

とりあえずは動画編集ソフトのみで良い方、まず試してみたい方は単体プランがおすすめ。購入前に体験版の利用は必須。
■Adobe製品3つ以上からお得なプラン

写真加工ソフトPhotoShop、イラスト制作ソフトIllustrator、高機能CGソフトAfterEffectsなど複数のソフトが必要な場合はこちらがおすすめ。
■学生・教職員向けのAdobe製品3つ以上からお得なプラン

とにかく安いので学生におすすめ。
収録ソフトウェア PremierePro CC Premiere Pro CC
After Effects CC
Photoshop CC
Illustrator CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Lightroom CC
Lightroom Classic CC
InDesign CC
Acrobat DC
Adobe Muse CC
Dreamweaver CC
Audition CC
InCopy CC
Character Animator
Adobe XD CC
Dimension CC
Premiere Pro CC
After Effects CC
Photoshop CC
Illustrator CC
Animate CC(旧 Flash Pro)
Lightroom CC
Lightroom Classic CC
InDesign CC
Acrobat DC
Adobe Muse CC
Dreamweaver CC
Audition CC
InCopy CC
Character Animator
Adobe XD CC
Dimension CC
詳細


スポンサーリンク2


Adobe Premiere Pro CCの使い方記事一覧

機能の紹介
編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
トランジションの挿入方法



スポンサーリンク3


その他詳細

必要システム構成
Windows 64 ビット対応マルチコアプロセッサー
Microsoft Windows 7 Service Pack 1(64 ビット)日本語版、Windows 8.1(64 ビット)日本語版または Windows 10(64 ビット)日本語版
Windows 10 Creators Update および Dial をサポート
8 GB の RAM(16 GB 以上を推奨)
8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
1280 x 800 のディスプレイ(1920 x 1080 以上を推奨)
ASIO または Microsoft WDM 対応のサウンドカード
オプション:GPU 高速処理を利用するには、アドビ推奨の GPU カードが必要
必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。
Mac OS 64 ビット対応 Intel マルチコアプロセッサー
macOS X v10.11、v10.12 または v10.13 日本語版
8 GB の RAM(16 GB 以上を推奨)
8 GB 以上の空き容量のあるハードディスク。ただし、インストール時には追加の空き容量が必要(大文字と小文字が区別されるファイルシステムが使用されているボリュームまたは取り外し可能なフラッシュメモリを利用したストレージデバイス上にはインストール不可)
1280 x 800 のディスプレイ(1920 x 1080 以上を推奨)
Apple Core Audio と互換性のあるサウンドカード
オプション:GPU 高速処理を利用するには、アドビ推奨の GPU カードが必要
必要なソフトウェアのライセンス認証、サブスクリプションの検証、およびオンラインサービスの利用には、インターネット接続および登録が必要です。
詳細

-動画ソフト・アプリ
-

執筆者:


コメント ※メーカー問い合わせでも不明な内容は回答できない場合があります。またスパムコメント並びに憶測に基づく誹謗中傷などのコメントには法的措置を取りますのでご注意ください。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




スポンサーリンク

管理人:hamochiku(はもちく)

メール:info■douga-tec.com
(■を@に変えてください)

都内某大手インターネットメディアで動画ニュースなどの制作→東証一部上場企業でウェブマーケティング→地方に移住し、動画などを使った情報発信を行政とコラボ、その他、動画の作り方教室を主催しています!
iMovieの本を出しました。

記事の執筆依頼・月極広告の問い合わせはこちらをご覧ください。

★ライター募集のお知らせ


hamochiku(はもちく)

お気軽に、フォロー、いいね、お願いします!
by

運営:株式会社ドウガテック