カンタン動画入門 動画の作り方総合サイト

動画ソフト・アプリ

Adobe Premiere Pro CCの使い方(2) 編集の準備と、基本的なカット編集、書き出し方法 動画編集ソフト アドビプレミアプロクリエイティブクラウド入門

掲載・更新日 2018/03/21

Adobe Premiere Pro CCの使い方(2) 基本的なカット編集と書き出し方法 動画編集ソフト アドビプレミアプロクリエイティブクラウド入門
管理人ウチムラワタル

こんにちは! 動画の作り方講師のウチムラワタル(hamochiku旧姓フクモト)です。


今回はプロ用のハイエンド動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CCの編集の準備と、基本的なカット編集、動画ファイルの書き出しまでを解説します。


スポンサーリンク

Adobe Premiere Pro CCの使い方記事一覧

機能の紹介
編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
トランジションの挿入方法

動画編集ソフトランキング

data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク1


基本的なカット編集の方法

プロジェクトの準備と、基本的なカット編集の方法を解説します。

編集プロジェクトの準備

ソフトを立ち上げてください。

スタート画面が開きます。『新規プロジェクト』をクリック。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC スタート画面


プロジェクトの名前、保存場所などを決め、『OK』をクリックしてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC スタート画面


編集画面が開きました。※各ウィンドウの配置は初めて開く方とは違うかもしれません。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC プロジェクト画面


Adobe Premiere Pro CCは各ウィンドウの位置を変更して、使いやすいようにカスタマイズできます。すでにいくつかセットが用意されているので使ってみましょう。


『ウィンドウ』→『ワークスペース』→『編集』などをクリック。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC ワークスペースプリセット


もしくは移動させたいウィンドウの上の方をマウス左クリックでつかんだまま、別の場所に移動や、統合することもできます。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC ワークスペースのカスタム


私がよく使う形は画像の通りです。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC ワークスペースのカスタム

使っていくうちに自分に最適な配置ができると思います。解説記事を読むうちに、該当するウィンドウが表示されていない場合は、メニューの『ウィンドウ』を開き、表示させてください。



プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法

『プロジェクト』ウィンドウの空白の部分を右クリック→『読み込み』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法


編集に使いたい動画ファイルを複数選び、『開く』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法


プロジェクトの中に、動画ファイルが読み込まれました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC プロジェクトに動画ファイルを読み込む方法


タイムラインに動画ファイルを読み込む方法

プロジェクトウィンドウ内の動画ファイルを左クリックしたまま、画面下のタイムラインの空白部分に持っていってください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインに動画ファイルを読み込む方法


すると、タイムラインに動画の青いバーが表示されました。また、プロジェクト窓の中に新しいファイル『シーケンス』が表示されました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインに動画ファイルを読み込む方法


シーケンスについて

この新しいファイルは、『シーケンス』といいます。タイムラインに並べた動画ファイルなどをまとめた設計図のようなデータのことです。これを削除すると、タイムラインが消えてしまうので注意してください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンス

シーケンスを動画サイズに合わせて自動で作る方法

シーケンスには「どのサイズの動画を作るか」という設定があります。空白のタイムラインに動画を挿入すると、その動画のサイズに合わせたシーケンスが自動でできます。例えば、『1920×1080』の動画を空白のタイムラインに挿入してシーケンスを作ると、そのシーケンスは『1920×1080』になります。


もし、シーケンスのサイズと、後から挿入した動画サイズが違う場合は、「このクリップはシーケンス設定と一致していません。クリップに合わせてシーケンスを変更しますか?」と表示されます。『シーケンス設定を変更』を選ぶと、シーケンスサイズが変わるので、バラバラのサイズの動画を編集する時は注意してください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンス設定の変更


シーケンスを新規で作る方法

また、シーケンスを新規作成し、自分で設定することも可能です。


プロジェクトウィンドウ内で右クリック→『新規項目』→『シーケンス』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンスの新規作成


好きな設定を選び、『OK』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンスの新規作成


シーケンス設定の変更方法

すでに作ったシーケンス設定を後から変更することもできます。


プロジェクトウィンドウ内のシーケンスを右クリック→『シーケンス設定』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンスの設定変更


シーケンス設定画面が開くので変更して、OK。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC シーケンスの設定変更


タイムラインの動画ファイルの表示を大きくする方法

タイムラインに挿入した動画は青いバーとして表示されます。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの拡大表示設定

しかしこれだと、どんな動画だったか分からなくなってしまいます。そこで、動画の青いバーの表示設定を変更し、編集しやすいようにしてみましょう。



タイムライン左上にあるスパナマークの『タイムライン表示設定』→『すべてのトラックを拡大表示』をクリック。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの拡大表示設定


動画の青いバーが大きくなり、先頭に動画内容が見えるサムネイル写真が表示され見やすくなりました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの拡大表示設定


タイムラインの表示を拡大・縮小する方法

タイムラインに動画ファイルを挿入すると、動画の長さによって表示が小さかったり、大きすぎて編集しづらい場合があります。タイムライン左下にある『拡大・縮小』ボタンを使って、編集しやすい大きさにタイムラインの表示を変えてみましょう。


タイムライン左下の丸い右側のボタンをクリックしたまま、左に移動させてみましょう。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの拡大・縮小ボタン


タイムラインの表示が拡大し、動画ファイルの見た目が大きくなりました。これで細かい編集がしやすくなります。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの拡大・縮小ボタン

この拡大・縮小ツールをこまめに使うことで、かなり編集がしやすくなります。ぜひ使ってみてください。



タイムラインの動画の長さを変更する方法

タイムライン内の動画ファイルの右端をマウス左クリックでつかんだまま、左に移動させてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画の長さを編集する方法


マウスを移動させた分だけ動画が短くなりました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画の長さを編集する方法

パソコン内の動画ファイルを削除しない限り、ソフト内で編集しても何度でも元に戻すことは可能です。安心して思い切り編集してみてください。



タイムラインの動画を途中で分割する方法

タイムライン左にあるツールバー内の『レーザーツール』をクリックしてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインに動画ファイルを分割する方法 レーザーツール


次にタイムライン内の動画の分割したい部分で左クリック。すると、その位置で動画が2つに分割されます。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインに動画ファイルを分割する方法 レーザーツール


タイムラインの動画を削除する方法

削除したいタイムライン内の動画選択し、右クリック→『消去』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画を削除する方法


タイムライン内の動画の順番を変更する方法

タイムラインにいくつか動画ファイルを並べてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画ファイルの位置を変更する方法


3番目の動画ファイルを左クリックしたまま、1番目と2番目の動画ファイルの間に移動させてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画ファイルの位置を変更する方法


すると3番目の動画の場所は移動できましたが、2番目の動画が上書きされ消えてしまいました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画ファイルの位置を変更する方法


2番目の動画ファイルが消えないようにするためには、キーボードのWindowsは『Ctrl』、Macは『command』キーを押しながら、3番目の動画を移動させてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画ファイルの位置を変更する方法


3番目の動画が指定した位置に移動し、2番目の動画ファイルが後ろにずれました。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムライン内の動画ファイルの位置を変更する方法


タイムラインを再生する方法

ここで一度、タイムラインに並べた動画を再生して確認してみましょう。

シーケンスの名前が付いたプレビュー画面の再生ボタンをクリック。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインの動画を再生する方法


プロジェクトを保存する方法

プロジェクトを保存してみましょう。動画ファイルは容量が大きく、パソコンのパワーを使うため、まれにソフトが停止したり、強制終了する場合があります。その時、プロジェクトを保存していないと作業内容がすべて消えてしまいます。必ずこまめにプロジェクトを保存するようにしましょう。

『ファイル』→『保存』。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC プロジェクトを保存する方法



data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク2


タイムラインを書き出しする方法

いよいよ、編集したタイムラインを1本の動画として書き出してみましょう。

『ファイル』→『書き出し』→『メディア』をクリック。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインを書き出しする方法


『書き出し設定』が開きます。

ここで『形式』や、『ビデオ』『オーディオ』の細かい設定、画面左下の書き出すタイムラインの範囲『シーケンス全体』などを選択し、『書き出し』をクリック。※よくわからない場合は、形式を『H.264』のフルHD(1920×1080)辺りを選んでみてください。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインを書き出しする方法


エンコード(書き出し)が始まります。

動画編集ソフトAdobe Premiere Pro CC タイムラインを書き出しする方法 エンコード


これで、Adobe Premiere Pro CCの基本的なカット編集と書き出しの解説は終わりです。次はBGM音楽の挿入、フェードアウト・イン設定、音量調整について解説します。


data-full-width-responsive="true">
スポンサーリンク3


Adobe Premiere Pro CCの使い方記事一覧

機能の紹介
編集の準備と、基本的なカット編集、書き出しの方法
BGM音楽の挿入と音量調整 フェードイン・アウト
テキストテロップ(タイトル)の挿入方法
トランジションの挿入方法

動画編集ソフトランキング

関連記事


  • この記事を書いた人

ウチムラワタル(旧姓フクモト)

株式会社ドウガテック代表取締役。動画の作り方ティーチングスペシャリスト。映像制作会社や医療系ウェブメディアでの動画担当、東証一部上場企業でウェブマーケティング、ディレクターを担当。国内最大級の動画の作り方入門サイト『カンタン動画入門』を2012年から運営。毎月25万人以上が訪問するまでに成長。動画の制作や教育だけでなく、ウェブを使ったプロモーションにおいてもプロフェッショナル。2016年に東京から九州に移住し、『カンタン動画入門教室』を主催。地方自治体や企業、大学、高校、一般向けに動画の作り方教室を行い、生徒数は100名以上。大学非常勤講師など。

-動画ソフト・アプリ
-

Copyright© カンタン動画入門 , 2020 All Rights Reserved.